屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。

もう少し前のことになってしまいますが、MEI(大阪大学 臨床医工学融合研究教育センター)の土曜スキルアップ講座を受講してきました。
薬事法が改正され名称も「医薬品医療機器等法」(略称)に変更されたこともあり、規制関連を勉強するならここ1~2年かなと思っています(←基本的に私の興味がってことですが、恐らく各所で新法対応系のセミナー等が開かれるのではと)。というわけで、今年は、My規制強化年間なのだ。

なかなか記事にできなかったのは、申込み時に、個人情報保護及び著作権保護に関する誓約書なるものも提出しなければならず、どこまで内容を書いてよいのか迷う部分があったためです。

MEIのHPはコチラ
最初はGoogle経由のシンポジウム案内ページから辿り着き(医工学連携に関連するシンポジウムは私にとってはなかなか興味深いものです)、その後、こちらのスキルアップ講座を見つけました。大学院生が対象ですが、広く一般にも(特に、「クリニカルリサーチプロフェッショナルコース」)開かれた講座です。

土曜スキルアップ講座のシラバスのトップページは
http://mei.osaka-u.ac.jp/cou01_01

私が受講したのは
「臨床医学総論1(循環器学、呼吸器学、神経学)」
「医療機器開発のエッセンス」
来年1~2月に
「医薬品の審査と規制」
も受講予定です。

「臨床試験の研究倫理」も興味があったのですが予定が合いませんでした。

統計関連の講座にも興味を惹かれましたが、最後にグループワークがあるものもあり、私よりは統計に親しんでおられるに違いない他の出席者の方々の足を引張る恐れがありますので、こちらは「翻訳者Akoronの一期一会」でも紹介されていた「ICR臨床研究入門」で自習することにしました(<と決心したというだけで、まだそこまで辿り着けてないんですが)

総論は阪大医学部の講義室での受講ですが、その他は、関西の翻訳者の方にはJTFセミナーなどでお馴染みの中之島センターでの受講になります。東阪の2会場での開講で、「医療機器開発のエッセンス」では初日が大阪会場は音声(とスライド)のみ、2日目が講師来阪による講義(東京会場音声のみ)という形でした。

・・・90分の講義を4コマ受けるというただそれだけのことが、こんなにしんどかったとは。

事前に「DLして持参せよ」と言われる講義資料や参考資料の量がハンパなく、我が家の古いプリンタは何度も死に掛け、お腹すいた(インクリボン切れ)と泣きました。
医療機器センターのe-learning(http://www.jaame.or.jp/koushuu/yakuji/yakuji260121.php)の資料と似た内容のものも多かったですが、総じて「価値あり」と思える内容でした。

「臨床医工学融合」とあるように、医学に精通した理工学研究者、理工学に精通した医学研究者の育成を図りたいというのが、MEIの一番の目的であろうと思います。
「クリニカルリサーチプロフェッショナルコース」の方は、(以下パンフレットからの情報)「臨床開発から市販後調査までの医薬品の研究開発に関する知識と技術を体系的・網羅的に学べる教育プログラム」と銘打たれており、私の大好きな「摘み食い方式」の受講が可能です。概論コースより、もう少し社会人よりのプログラムかなと思います(治験コーディネータ、看護師、薬剤師、薬事担当者などを主な受講者として想定しているようです)。いちおー、3~5年の実務経験があった方が望ましいとされていますが、特に制限が設けられている訳ではありません。開講1週間前まで申込みが可能ですので、興味のある方は、検討されてみてもよいかなと思います。

さて。
「臨床医学総論1(循環器学、呼吸器学、神経学)」
特に前知識は不要とのことでしたが、やはり解剖、できれば生理学の基礎的な前知識はあった方がBetterかなと思いました。
基本的に、「これらの領域・疾患の治療に工学技術がどのように役立っているのか、今後どのような新技術が期待されるのか」といった内容で、たとえば解剖生理について詳しく述べられるという訳ではないので、正直、製薬分野の翻訳のみを扱われる翻訳者の方向きではないかなという気はします。個人的には、実務で扱った医療機器も多く登場しましたし、それらを用いた手技の動画を見せて頂けたりもしたので、興味深く拝聴することができました。

長くなりましたので、「医療機器開発のエッセンス」については次の記事で。
2014.07.30 20:18 | 翻訳 | トラックバック(-) | コメント(2) |

リスノさん、まいどです~。

あまり詳しく書けなくてごめんなさい。

「クリニカルリサーチプロフェッショナルコース」は、あくまでも、パンフ情報に基づくワタクシの印象ですが、「製薬より」だと思います。「医療機器」の講座は、私は最初に取りましたが、コースとしては2年次履修になっていますし、講座名に「エッセンス」とついているくらいなので。
ただ、阪大医学部で行われる「総論」の方は、MEIが(外部との提携なく)独自にやっているものなので、どちらかと言えば「理工より」な内容になるかもしれません。
参考になれば嬉しいです。
毎年開講されるようなので、来年以降ということも可能かなと思います。

2014.07.31 14:30 URL | Sayo@屋根裏 #- [ 編集 ]

こんにちは(^_^)/
この講座に興味があるので、この記事はとても興味深く拝読しました。ありがとうございます!

「医薬品の審査と規制」もよさそうですね。「クリニカルリサーチプロフェッショナルコース」の修了証を目指すことも考えているのですが、理工学の話題が中心ならやめるかもしれません。もう少し悩みま~す。

2014.07.31 13:24 URL | リスノ #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示