屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。

ついついAmazonさん物色の旅に出てしまったのでした。

年初に「今年は日本語強化年間♪」などと呟いていたかと思うのですが、
その流れで、気分転換も兼ねて「日本語文法」関連書籍など探しておりました。
きちんと日本語文法を復習することも大事かなと思ったりして。

余談ですが、「Amazon気分転換」の恐ろしさは、いつか「何のためにここに来たのか」を忘れてしまうことです。つい、最後はフィギュアスケート関連の新刊本などチェックしていたりするんですよね(あ、それは意志薄弱なSayoさんだけですかね)。

で、今回、「これは」と思った書籍を2、3冊「ほしいものリスト」に入れたのですが、そこでふと、昨年末「よくわかる文章表現の技術」と共に購入した新書に手を付けていないことを思い出したのでした。こちらは「分かり易い文章を書くには」的な本で、文法とはまた違うのですが。

そんな風に、ちょっと油断すると積読本がどんどん溜まっていくという悪循環。

とりあえず、12月初旬の「来年の聞き流し用CD』購入時期までは、仕事で必要な参考書籍以外の購入は我慢することにしました。
というわけで、今からクリスマスを待つ子供気分のSayoであります。


そんな私が、「仕事の必要に迫られて」&「ソチ五輪の必要に迫られて(?)」以外で、今年購入した書籍をちくっとご紹介。

「シンプル病理学」(改訂第6版、2010年、南江堂)
Book-Offの片隅で泣いていたので、ついついほだされて救出してしまいました。
これが、時々扱う「医療機器メーカー社員向け教育資料」の翻訳に結構役立ったのだった!
1つの疾病について深く知りたい時には多少物足りないかもしれないのですが、専門用語もきちんと用いられていますし、上記のような教育資料の翻訳にはかなり威力を発揮(<あくまで私の場合ですが)。
このシリーズに「シンプル衛生公衆衛生学2012」というのがありまして、書店で中身を確認してから購入しようと密かに狙っています。

「異常値の出るメカニズム」(第6版、2013年、医学書院)
尿検査、血液検査、生化学検査、腫瘍マーカーなどについて「なぜその検査が必要で数値をどう見るのか」ということが、項目別に書かれています。仕事に役立つかなと。個人的には、医療機器の血液適合性試験の報告書やプロトコールを扱う時に、時々参照します。

個人的には、結構満足度高かった2冊です。
2014.09.30 15:25 | 辞書・参考書 | トラックバック(-) | コメント(2) |

ちょりーたさん、まいどです~。

ちょりーたさんてば、何でも持ってる! スゴい! ウチの近所のBook Offには、「授業で使っていましたが、もう不要です」的なテキストがかなり出ています。6版は、そんな新しいのを見掛けたのは初めてだったので、つい手を出してしまいました。なので、その気になれば、叩き売ることは可能かと。

2014.10.01 11:23 URL | Sayo@屋根裏 #- [ 編集 ]

シンプル病理学持ってま~す。第3版なのでブックオフに買い取ってもらうことすらできないでしょうが。

2014.10.01 08:53 URL | ちょりーた #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示