屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。

9月末日で旦那が退職しました。

定年退職とか早期退職とかじゃないですよ。ウチのとどは私と同い年です。
リストラでもなく(数年前に希望退職の募集がありましたがその時は応募しませんでした)、自己都合退社です。次の就職先があるわけではなく、取りあえず体を休めつつ実家のこととか考えるようです。

さて、どこから書きましょう。

ここ1年半は、体力的にも精神的にも本当に大変でした。簡単に風邪を引いたり、体がだるくて起きられなかったり、変な夢を見たり。不整脈(とりあえず経過観察でよさそう)や睡眠時無呼吸症候群(治療開始)など、様々な症状もでました。「亭主元気で留守がいい」とばかりも言っていられない状況でした。一部の方はご存知ですが、いつ何があってもよいように(いや、よくはないんですけど)、毎日出退勤時間をメモる日々でした。

まあ、仕事のことばかりではなく、家のことだったり、自分のこれからの人生だったり、色々考えて決めたようです。年齢的にそれなりの立場の管理職でしたが、本人は、もっと現場に近いところにいたかったんじゃないかと思います。

この先、仕事のアテがあるわけではありません。本人は、暫く休んだら仕事を探すと言っていますが。
旦那は高卒です。しかも、高校時代はバイト先でコーヒーを淹れ、ナポリタンだの焼き飯だの作ることに情熱を燃やし、勉強は疎かにしていたらしいです(というわけで料理は結構上手い。お好み焼きは絶品。ただし材料費も掛けたがるので、毎日作らせたくはない)。なので、この先、ホワイトカラー的な仕事にはつけなさそうですし、本人にも、あまりその気はないようです。

そんな旦那ですが、不測の事態発生時のサバイバル力にはかなりのものがあります(本人は「野生の勘」と言っている)。そして、変なプライドはなく学歴に対するコンプレックスもないようです。なので、そのうち、何かしら仕事を見つけてくるでしょう。本人は「ゴルフ場の受付ええなあ」とか言っておりますが、まあ、なかなかそんな美味しい仕事はないでしょうけどね。

旦那は、ここ10年ほど、「会社辞める辞める詐欺」をやってきましたので、金の亡者Sayoはさらに金の亡者と化し、せっせとお金を貯めてきました(まあ、旦那は仕事で忙しく、私は介護で動けずお金を使う時間がなかったというのはあります)。そんなわけで、「2人ともそれなりに健康」という前提条件ではありますが、私が仕事を続け旦那もそれなりに働けば、慎ましく暮らせば、年金を頂ける頃まで何とか暮らしていけそうな塩梅です(その前に、そもそも年金は出るのかという問題はありますが)。

そんなわけで。
「義父母の介護が始まったら仕事は辞めます」宣言をしていたSayoですが、そうも言っていられなくなり、まだ暫くは老体に鞭打って頑張ることになりました。介護その他のことは、2人で相談しながらやっていくことになるでしょう。
「辞める辞める詐欺」が「辞める」に移行した時には、反対はしない積りでした。反対でできないくらい、仕事大変だったので。でも、正直「頑張れるなら何とか頑張って定年まで」という気持ちはありました。

これからの生活、不安もありますが、いつもの「しゃーない」と「なるようになる」で乗り切っていきたいと思います。
33年の会社員生活でした。旦那様、ご苦労様でした。
2014.10.01 16:39 | 分類不能 | トラックバック(-) | コメント(12) |

Tomokoさん、まいどです~。
コメントありがとうございます。
確かに時代は変わりましたよね。旦那の年代はまだ基本的に「定年まで」という人が殆どのようですが、これからは、1つの会社でずっとサラリーマン・・・という働き方は少なくなっていくのかもしれません。とはいえ、毎月の定収がなくなるというのは、多少の蓄えがあっても、潤沢という訳ではないので、やはり不安です。健康(心の健康含む)のことがなければ、「もう少し何とか」と言ったかも。
私の収入なんてたかが知れていますし、実家のことを含め、今後のことを色々考えると、当面、我が家は、「私が仕事を増やしてがっつり稼ぐわよ~」というより「使わない生活」の方向に行くかなと思います。私があまり強靭ではないので、これまで以上に「体を壊す」ことがないよう注意しないといけないし。保険だの年金だの、払わないかんお金も増えるし。ううむ、ホントに大丈夫か、我が家。とりあえずは、今まで日中ほぼお一人さま状態であまり意識することなく来たのですが、「時間的効率」ということを、もっと意識して考えねば、と思っています(今更感、漂ってますが<汗)。

2014.10.04 12:02 URL | Sayo@朝型生活シフト中 #- [ 編集 ]

Sayoさん、そしてダンナ様、お疲れ様でした。
ビックリして思わずのコメントですが、かなり遅れてしまってゴメンナサイ。

サラリーマンって辛いですよね。うちもいつやめさせられるかわからない、なんて言っていますし、結局長時間労働は変わらないですし。日本のサラリーマンのいいところはなくなって悪いところだけが残っているような感じがします。

でも、Sayoさんの備えがちゃんとあったから、ダンナ様も思い切れたのでしょうね。Sayoさんと結婚してよかったときっと思われていることでしょう。

そして、妻も仕事を持っているということはいろんな意味で支えになりますよね。
これからもいろいろと見習わせていただきます。

本当にお疲れ様でした。

2014.10.04 11:05 URL | tomoko #- [ 編集 ]

リスノさん、まいどです~。
情報ありがとうございます。頂いた情報は参考にしますね。

2014.10.03 11:21 URL | Sayo@屋根裏 #- [ 編集 ]

娘が大学卒業するくらいまでは会社員を続けてほしいなと思っていますがどうなりますやら(^^ゞ

ところでそれほど残業が多かったのでしたらすぐに失業保険がもらえますよね。私はそれに当てはまり、独身の頃にすぐに失業保険をもらいながら職業訓練校でエクセルやアクセスを勉強しました。9時から4時まであったので、生活のリズムもつくし(お昼は外食できるしw)、もし好みの訓練があればやってみるのもよいかと思います。昔はご近所にありましたよ。失業保険ライフを楽しんで下さいませ(^^)

2014.10.03 09:05 URL | リスノ #- [ 編集 ]

リスノさん、まいどです~。

ありがとうございます。この先どうなるか分かりませんが、ま、もう辞めてしまったので・・・なるようにしかならんかなと。

リスノさんのご主人も、お仕事大変そうですよね・・・健康とかやりたいこととか収入とかを全部考慮すると、先に進んでいいものかどうか躊躇しますよね。リスノさんのところはお嬢ちゃんもいらっしゃるし。ウチは、子供がいない分決心し易かったかもしれないですが、ウチの方の介護がもう終わっているというのも、私の中では結構大きかったです。自分に心の余裕がない状態だと、「なぜ今?」と思ってしまったかも。家族にとっての「時期」というのもあるのかもしれません。リスノさんのところの状況も、長い目で見てよい方向に進んでいきますように。

2014.10.02 20:41 URL | Sayo@屋根裏 #- [ 編集 ]

いつも夜遅くまで働いていらっしゃるとは思っていたのですが、そんなにハードだとは知りませんでした。でも体のほうが大事ですものね。ご主人さま、長い間お疲れさまでした!Sayoさんもサポートお疲れさまでした!

わたしもyasukoさんと同じくしばらくSayoさんががんばるとおっしゃっていたところがうれしかったです!どうぞこれからも私たちのお手本でいて下さい☆

うちの夫も定年になる前にやめたいと言っています。一応他にやりたいことがあるからですが、安定した会社員生活をやめるのは本人も家族も不安です。最近は内定をふたつ以上もらって断わる就活生もいるそうで景気は上向いてきているのかもしれませんね。ご主人さまにも休んだあとはいいお仕事がきっと巡ってくると思います(^^)

2014.10.02 17:10 URL | リスノ #- [ 編集 ]

Yasukoさん、まいどです~。
ありがとうございます。33年は私には気の遠くなる年月ですわ~。
そんな訳で、ワタクシも「悠々自適に翻訳など少量」とか言ってられなくなったんですよー(というか辞めない大義名分ができたというか・・・)
生活大きく変わるので、お互い慣れるまで大変かなと思いますが、ゆるゆる頑張ります~。Yasukoさんも色々大変でしょうが、頑張りましょうね~。

2014.10.02 11:07 URL | Sayo@屋根裏 #- [ 編集 ]

ちょりーたさん、まいどです~。
どうもワタクシたちは互いに逃れられない間柄のようですな~。めでたいのかそうでないのか分からないですが(子供がいない分資金的な心配は少ないですが、それでも、全然金銭的な不安がない訳ではなく、サラリーマン収入はやっぱり安定していて魅力なのは事実)、起きてこないと「過労で死んでるんじゃないか」と胸の上下動を確認する生活からは当面解放されたので、まあ、よかったのかも。
ゴルフ場の仕事は一見よさそうに聞こえますが、土地柄、たいていのゴルフ場は山の中なので、11月頃には道が凍結するんですわ~。世の中なかなかうまくいかんのや~。

2014.10.02 11:03 URL | Sayo@屋根裏 #- [ 編集 ]

Akoronさん、まいどです~。

まあ、旦那は「思うところ」というより「もうこれ以上頑張れない」(+ちょっと実家のことを心配)で辞めた感が強いんですけどね。
会社勤めは色々大変のようです。仕事の内容そのものは「嫌で嫌で」ではなかったと思うのですが、会社の方針が変わり思うようにできなかったことも辛かったようです。でも、会社にも先輩にもよくして貰ったし、後輩や部下には申し訳なかったと、本人の意思で送別会もなく辞めていきました。そうしたら、辞めた後で皆さんが誘って下さって、本当にありがたいことです(夕食の準備もいらず、本当にありがたいことです<そこか<自分)。

今はまだダイジョブですけど、そのうち邪魔でしょうがなくなるかも。今回は、厳しく主夫教育(?)します。そして私は仕事を頑張るのだ~。Akoronさんも勉強会の細かい仕事で色々大変かと思います。お互い倒れないように参りましょうね~。

私たちも、満身創痍に近いような健康状態なんですけど、だましだまし頑張りますわ~。
そして、人生の終わりには「あの時あの選択をしてよかった」と言えるようでありたいです。

2014.10.02 10:56 URL | Sayo@屋根裏 #- [ 編集 ]

Sayoさんのご主人様、長年のお勤めお疲れ様でした。

なにはともあれ健康第一です。
ゆっくり静養なされてまた新しい生活を2人でスタートさせてくださいね。

そして個人的にはSayoさんの「当分仕事辞めない宣言」を小さなガッツポーズとともに読みました(笑)
背中を追いかけておりますので、ぜひいついつまでも先を歩いてくださいませ。

2014.10.02 10:13 URL | yasuko #- [ 編集 ]

あ・・・またSayoさんとの共通点(というか旦那様とうちの夫との共通点)をみつけてしまいました。とりあえずはおめでとうと言ってもよいのかな。Sayoさん、さぞかし安心されたこととお察しします。旦那様、しばらく骨休みしたらゴルフ場受付の仕事探しですね(案外あるかも~)。

2014.10.02 08:54 URL | ちょりーた #- [ 編集 ]

Sayoさん、旦那さま、どちらも大変お疲れさまでした<m(__)m>。勉強会の記事にコメしなければ、と思ってサイトに来たのですが、「!!!」で思わずこちらに書き込んでいます。
会社勤めは、本当に大変ですね。思うところがあって退職された旦那さまを暖かく見守って応援するSayoさんは素晴らしいと思います!そんな時に大反対したり、仲違いするご夫婦はたくさんいらっしゃるはず。

でも、私でも、きっと同じスタンスをとっただろうなと思います。(←独り身の妄想中)

当面しっかり静養された後、また新しい人生をスタートされますように♪でも、Sayoさんの方がダウンしないよう、無理をしないでくださいね~♡

きっと、いい相棒なんだろうな~と羨ましくなりました。健康が一番の財産です!と、その財産さえも持ち合わせていない私が生きているのですから、きっとお二人には良質の人生が待っているはず(*'-')ノ。

旦那さまとSayoさんの決断と実行力に乾杯v-81
(勉強会コメはまた~・・・スマン)

2014.10.02 06:59 URL | akoron #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示