屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。

少し生活が変わりました。

日中、旦那がいて呼ばれたり、TVの音に集中できなかったり。
仕事も以前より細切れになりました。
これまでは、朝出たら夜中まで帰って来ませんでしたから、
何でも自分のペースで進めることができました。
改めて、これまで、翻訳者としては本当に恵まれた毎日を送っていたのだなあと。

それでも、日中、手続きやらゴルフやらパチンコやら散歩やら、
出掛けてくれることも多いので助かっています(元気で留守がいい)。

家ご飯の日は、外出帰りに買い物をして帰り、
晩御飯を作ってくれるようになりました。
以前は、自分で料理を作る時は、値段とは殆ど相談されていないようでしたが、
今は「収入がない」という現実を直視しているようで、
「1日○○円までで」とお願いすると、その範囲で献立を考えているようです。
そして、iPadで味付けを確認して調理するという、
ワタクシよりよっぽど主夫らしい毎日を送っています。
(そして「どや」と褒めてもらいたがる)
まあ、いつ飽きるか分かりませんけど。
ただ、後片付けの詰めが甘いので、風呂掃除も食事の後片付けも、
最後の始末はしなければなりません。

これを機に朝型生活に・・・と思っていましたが、
一度できあがった生活習慣を劇的に変えるのはなかなか難しい。
何だかんだで相変わらず1時前後の就寝ですが、
「帰って来ないから寝られない」のではなく、
「仕事のきりがいいところまでもう少し」では、
同じ就寝時間でも気持ちの持ちようが全然違います。

何より
「頭が重い」「頭が痛い」「不整脈しんどい」
等々の訴えを毎日聞かずに済むようになったのは本当に有難い。
口の悪い同僚には
「緊張がなくなったらぱたっと行くぞ」
と脅かされたようですが、まあ、できれば、大病もなく
あと20年くらいはそこそこ楽しく生活させてあげたいものです。


まだ半月ちょっとですから。
これが半年、1年になると、お互いにしんどくなるのかもしれません。
まあ、本人は、年初には何らかの仕事に就きたいようですが。

とりあえず、今は、ゾウアザラシからアシカくらいには華麗な変身を遂げるべく(?)
鋭意努力中の旦那であります。
そしてワタクシは、落ちてしまった生産性を回復すべく鋭意努力中。

それぞれに、なかなか前途多難な2人なのでありました。
2014.10.17 22:06 | 分類不能 | トラックバック(-) | コメント(6) |

Yasukoさん、まいどです~。
ああ、そうですね。お子さんが小さい間も大変ですけれど、それなりの年齢になられると、今度は出入りが多くて(?)、手は掛からないけど予定が立てにくく、集中できないということもあるかもしれないですね。
ウチの旦那は、食事は作ってくれるんですけど、「あれどこ、これどこ」が結構面倒臭いんですよね~。出したものは自分で出したところにしまってくれると問題はないんですけどね~(ありがちな家庭の風景)。
お互い、集中力を求めて、どこまでも頑張りましょう! てか、こういう記事を書いている時点で、すでに集中力とサヨナラしているという説もありますが・・・

2014.10.18 20:23 URL | Sayo@屋根裏 #- [ 編集 ]

Sayoさん、まいどです~。

新しい2人の生活、慣れないながらも、少し楽し気な感じが伝わってきます(^^)

我が家は夫はまだ会社勤めをしていますが、大学生の娘二人が入れ代わり立ち代わり、出たり入ったりしていて、それはそれは目障り、イエ、落ち着きません。
大学生というのはこんなに暇、イエ、自由だったでしょうか。
でも子供たちが出て行くころには、今度はオットが家にいる、という状態になるわけで。やはり、どんな環境でもそこそこ集中できるようにおのれを鍛えなければならないのでしょうね。呆れるほどに集中力ありません(泣)

おじゃましました~m(__)m

2014.10.18 18:06 URL | yasuko #- [ 編集 ]

Komakoさん、まいどです~。
おおっ、Komakoさんはプチ先輩でいらっしゃいまいたか。もしかして、それも見据えた転居でいらっしゃいましたか? ウチと違ってまだまだお若い分、「こうしたい」と前向きな部分と「でも生活が・・・」と現実的な部分と両方があって、また大変な部分も多いでしょうね。Komakoさんにとっては、小さいお子さんも2人いらっしゃるし、心強いことも多い反面、イライラすることも多いかと拝察します。
ウチは、食事も風呂掃除も最後までできていないし、洗濯機は回せ、掃除機はかけられるものの、拭き掃除と洗濯物畳みとアイロンがけは完全放棄です。でも、昼夜のご飯が出てくるだけでも、ありがたいと思わなければ・・・という初心を忘れず、鋭意プチ教育に励みたいと思います(もう無理かな~)。
ウチも心に思うところはあるかもしれませんが、今のところ、とりあえず楽しげに生活しておりまする。お互い、ツマは試行錯誤しつつ頑張りましょう(ワタクシの場合は、集中力を高めればそれでよいという説もありますが・・・<それには危険な季節到来)。

2014.10.18 13:53 URL | Sayo@屋根裏 #- [ 編集 ]

Akoronさん、まいどです~。いえいえい、非アカデミックな話題、大歓迎でございます。

ペースが乱れるのは、予想していたことなので、慣れるまでしょうがないですね~。
食事作りは今のところ物珍しさもあってか、楽しげに取り組んでいますが(そして詰めが甘い)、すでに「献立考えるの大変~」とか言い始めていますので、どうなりますかね~。
「出世」と言えるほどではありませんでしたが、年齢も年齢なのでそこそこのポジションではあったので、確かに、何も思うことがない、ということはないと思うのですが、とりあえず、今のところは満足そうに生活しとるようです。実家の両親と妹のこともそれなりに心配になってきたので、よいタイミングではあったかもしれません。本当のところは本人にしか分からないかなと。ワタクシは、ただ黙って後ろをついていく(振りをして操る)だけです。
季節もよいし、両親が元気なうちに、自分たちも旅行でも(とりあえず「うさぎ島」とか・・・)とは思っているんですが、ワタクシの中には「ワタクシがそこそこ稼がなければっ」という思いもありまして(決してこれからずっと悠々自適というわけではないので・・・)、10月一杯ちょっと身動きが取れない状態です。貧乏症のSayoさんですが、11月はちょっとお仕事控えめにしようと(今は)思っています。
あ、スケートの件は、チャンネルは渡しませんのでダイジョブです(?)
お風邪、どうぞお大事になさってくださいませ。

2014.10.18 13:51 URL | Sayo@屋根裏 #- [ 編集 ]

我が家はオットが今年の夏に退職して独立しました。独立ですので仕事はしているのですが、ワタクシと同じ「個人事業主」になりましたので、今までのように朝出かけて夜帰宅し、土日に家にいる生活ではなくなりました。(あ、同業者ではないですよ)
今日は家にいるのか、出かけるなら何時から何時までいないのか、毎朝確認の日々です…。

オットが昼に家にいない生活に慣れきっていたので、子どもが登校したっていうのに、オットが家の中をチョロチョロしてると、正直、イラッとしてしまう鬼のような嫁でございます。でも、オットが在宅の日は、子どもの帰宅時間を気にせず出かけられたり、昼ご飯が出てきたり、とまぁ、いいこともあったりして…。

あぁ、後片付けの詰めが甘いのは我が家も同じですね…。

我が家も、といいますか、ワタクシもこの新しいスタイルになじむべく試行錯誤しております。オットだけは楽しげですが…(^-^*)

2014.10.18 12:30 URL | komako #- [ 編集 ]

おはようございます!
生活が変わると、色々ペースも違ってきて慣れるまで戸惑うこともあるかもしれませんね!

でも、同い年のご夫婦なんて、友達みたいでいいな!と思います♡ おまけに食事作りも上手そうで(後片付けが別として)うらやましい。

とはいえ、きっと男性は意外と弱く繊細なので、お仕事をやめてストレスはなくなっても心中複雑な思いはあるかもしれません。本当にSayoさんが奥さんで良かった、とおっさんの私は思っています!

秋晴れの日、お金は使いたくないかもしれませんが、近場でもご夫婦で出かけられたらいかかですか(^_^)。

またお仕事を始められたら、二人でいられる時間は少なくなります。二人きりの時間も楽しんでくださいねー♡ あ、でもスケート観戦とかチャンネル争いはしないでねー。

と、またアカデミックなコメでなくてすみません(..;)。また、出直します(^0^;)。

2014.10.18 11:18 URL | akoron #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示