FC2ブログ
2011. 03. 13  
Yahoo! 災害情報

地震の被害の全容が明らかになるにつれ
・・・言葉がありません。

TVの中の悲惨な状況が、
同じ日本国内で起こっていることとは信じられない
平和な光景が目の前にあります。

金曜日の地震発生後、最近よく一緒にお仕事をさせて頂いている
東京の翻訳会B社さんにメールをしました。
「多少の被害はありましたが大丈夫です」
との返信を頂き、ホッと致しましたが、
恐らく、皆さん帰宅に難儀されたことと思います。

そのB社さんからの月曜朝納品のお仕事がありましたので、
とりあえず、仕事に戻りましたが、
やはり気になって時々TVを見てしまいますし、
そうやって仕事ができることの有難さとか、
さまざまなことを考えてしまって、
なかなか集中できません。

専門技能を持たない自分のような人間が、
今現地に行っても何もできないことはよく分かっているのですが
被災した方々を直接助けるすべのない、自分の無力さを感じます。
何かしたいのに、何もできない自分がもどかしい。

B社さんのお仕事は暫く続きます。
とりあえず自分にできることは、
きっちり仕事をし、きちんと生活していくことかなと
自らに言い聞かせつつ仕事に励んでいます。

明日は、郵便局で少しばかりの募金をするつもりです。
自己満足、かもしれませんが。
被災者の方々が切に必要とされている支援が行き渡りますように。

結局、月並みな言葉ですが、
「祈る」という言葉しか浮かんできません。
さまざまなことを祈ることしかできません。
一人でもたくさんの方々の救助を、一日も早い復興を。


今回の地震ではツイッターがずい分威力を発揮したとか。
けれど、世の中には携帯さえ使えない高齢者の方も、
まだまだたくさんおられるはずです
(実家の両親がそうでしたし、義父もそうです)。
もし今後同じような場に遭遇することがありましたなら、
そして、もしも少しの余裕がありましたなら、
そうして、その情報が
「安全を左右する正しい情報」であると確信できましたなら、
あなたの周りの、不安でいるに違いない高齢者の方を、
どうぞ少しだけ助けてあげてください。
NEXT Entry
もどかしい、けど。
NEW Topics
「改めて考えよう、翻訳に必要な力」
JTFセミナー「文学作品を味わう」
One of 最上級 + 複数形と最悪について
オンライン勉強会・その後
「文芸翻訳のツボ&出版翻訳の現在」(越前敏弥)
「パンクチュエーションを読む・訳す」(深井裕美子)
「ニュース翻訳、基本のき」(松丸さとみ)
「ノンフィクション出版翻訳の素晴らしき世界」(児島修)
Comment
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Sayo

Author:Sayo
医療機器の和訳も9年目。
老眼腰痛、最近は膝痛とも闘いつつ
翻訳人生をまっとうしようと奮闘中。
この頃になってやっと翻訳の奥深さ・
難しさ・楽しさが分かってきたような。
記事は「翻訳一般」多め、ときどき読書感想文、本業(医療機器)やや少な目。
(2019年4月現在)

Counter
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR