屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。

取りあえず仕事は納品した後でしたが、
もてなす側の法事&実家の片付けに悩殺され、
男子シングル以外は、今年もNHKさんの動画をお借りする
慌ただしい観戦となりました。
エキシビションはお楽しみにとってあります。

充実のNHK動画サイトさんはコチラ↓
http://www.nhk.or.jp/figure/movies/index.html
エレメンツ内容も確認でき、Under-rotated Jumpには、ぐさっと「<」マークが、Downgraded Jumpにはぐさぐさっと「<<」マークが刺さっているという優れもの(?)です。今年から「(樋口)豊の部屋」から「(織田)信成の部屋」へと世代交代が進んだらしい選手インタビューも楽しいです。時間のある方もない方も是非。

Hanyu選手については、今回の出場、そしてもう一度ファイナルで滑ることが、(身体への負担という意味で)本人の今後のスケート人生、引いては人生にどのように影響するのか分かりません(が、正直20の頃の自分は「その後の人生」のことなんか全然考えてなかったし、「まず今を」という気持ちもよく分かります)。慢性的な負傷の状態に至らないことを祈ります。ただ、身体や調子の本当のところは、本人や周囲の人間にしか分からないと思いますので、出場の決断については、責任を取れない遠い外野の人間(の一部)が「正しい」「正しくない」という言い方で是非を口にするのには少し疑問を感じました。今回の結果を、本人は「練習不足のせいではない」と言っていたようですが、曲を掛けての練習の時間が不足していたのは事実であろうと思います(ジャンプって本当に繊細なものなのですね。6分間練習では跳べていたのに)。ファイナルまで2週間。身体に負荷を掛け過ぎることなく(・・・というのはなかなか難しいのでしょうねえ)、調子を上げてほしいです。

Mura選手は、やはりプレッシャーありましたか。優勝が掛かった状態での最終滑走は初めてだったそうですね。今年は「表現しよう」という気持ちが強く感じられて、今大会ジャンプミスはあったものの、やはり去年までとは違うように感じます。ファイナルでは、きっと、よい演技を2本揃えてくれると。

そしてMurakami選手。暫く前にアメリカから日本に競技の場(という表現でいいんでしょうか)を移したこと、Jr.時代に世界Jr.で小塚選手の通訳を務めたこと、1昨年のNHK杯を途中棄権したことは知っていましたが、正直、ここまでの演技をする選手とは思っていませんでした。そして、暫く前から、Mura、Machida、Murakamiの3選手がトップ選手を追う「3M」と呼ばれていたことも知りませんでした。ごめんなちゃい。素晴らしい演技でしたね。ただ、今年はGPシリーズは1戦のみの出場で、ファイナル進出は関係ない、その意味ではノープレッシャーな状態で演技ができたと思いますが、今後はじわじわと周囲の期待を感じるようになるでしょう。真価が問われるのはこれからと思います。頑張ってほしいです。と、おばさんは、表彰式でもらい泣き。

そんなMurakami選手のTeam USA時代(2006年世界Jr.)の画像です。スクロールして頂くと、小塚選手通訳ショットやP・チャン選手とのショットもあります。また、ページを繰って頂くと(Next pageへ)、Jr時代のまだ初々しいデイビス&ホワイト組やバーチュー&モイヤ組のショットもあったりします。お暇な方はどうぞ↓
http://www.usfigureskating.org/event_related_details.asp?ri=content%2Fevents%2F200506%2Fworldjunior%2Fpics%2Fpics7.htm

Sayoを放置すると、このまま延々語り続けると思いますので、自主規制し、TVでLIVE観戦した男子フリー(の日本人選手)に絞ってのコメントとしました。
若い選手たちの頑張りからエネルギーを貰い、また明日から、風呂場修理代を稼ぐべく頑張るSayoなのだった(寒い冬に懐も寒いぜ~)。
2014.11.30 23:01 | フィギュアスケート(14-15 season~)  | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示