屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。

「ミズトラの会」主催、「治験翻訳講座といえば」のA先生のセミナーに参加して参りました。会のHPにセミナー報告書を挙げるという大役を仰せつかってしまったので(!)、詳細はそちらで報告するとして、ブログの方は、私の感じたこと、考えたことを記しておきたいと思います。

実は、私は、A先生の講座は、過去3期受講しておりまして、

(過去記事はコチラから)
治験の講座
治験の講座・2期目完走
治験の講座・3期目完走

1年半に渡って、先生の「なんで(その訳語を選んだのか説明しなさい)」攻撃に曝された身としましては、多少物足りない感も残らないでもなかったですが、主に「英訳基礎」講座の内容と、3期を通して先生が繰り返しお話になった内容がぎゅっと凝縮された4時間のセミナーで、疲れ切って寝てしまったのは最後の10分だけでした(寝たのかよ<自分)。

以前にも書いていますが、先生は、言語学を修められた方で、その方面からのアプローチはとても新鮮です。

先生の仰られたことを総括すると、翻訳とは「原文に書かれた情報を正しく理解し、その情報を別の言語で過不足なく再生する」ということになるかと思います。考えてみれば、それは、今年セミナーを受講した特許翻訳のN先生から学んだこととも、医薬翻訳のM先生から学んだこととも一致します。
もちろん、N先生もM先生も、そのように仰った訳ではありませんが、追求されているものは皆同じであるように感じました。

「原文の情報とその意味するところを正しく理解し、Output言語の対象読者がもっとも理解しやすい形で(できるだけシンプルにとも言えるかもしれません)、過不足なく置き換える」
というのが、今年1年掛けて私が辿り着いた結論です。

「翻訳は足さない、引かない」「原文が透けて見えない訳文が理想」のような言葉をよく耳にしますが、それらの言葉の根底にあるものも、「書かれた情報を足さない、引かない」「対象言語の読者が苦労せずに理解できる訳文」と置き換えることもできる訳で、結局は似たようなことを言っているのかもしれません。

そのためには、どうすればよいかというアプローチの方法は、人によって少しずつ違う訳ですが、大事なことは、自分の中に「翻訳とはこういうものではないか」という核を持つことではないかと改めて感じました。

そういう翻訳を目指すために、「こうすればよい」とA先生が提示して下さったやり方は、1つ1つは決して難しいものではありませんでした。問題は、1年なり2年なり、継続できるかということではないかと思います。
自分自身を振り返ってみれば、英会話でも運動でも、「これがいい」と聞いて始めた方法で長続きしたものは殆どありません。でも、それは、方法の部分だけを移植してしまったからだと思うのです。キモの部分もともに移植して初めて、継続も真の効果も得られるのではないかと。何を今さら、あたりまえじゃん、な結論で恥ずかしいですが。

セミナーの内容は、先生から事前に「Sayoさんには目新しいものはないよ」とお聞きしたとおり、かつて講座を通して教えて頂いたことばかりでした。ただ、そのために、自分の中で目指す翻訳を再確認することができ、初心に返ることができたように思います。

1年のよい締め括りとなりました。


でもって、お伝えできる限りの実践的な情報は、「ミズトラ」のHPの方でお伝えしたいと思います(年が明けてからね<全日本で修羅場ってますので??)、と巧妙に「ミズトラの会」のHPへの誘導を試みるSayoなのだった(右リンク欄にリンクあります)。
2014.12.25 13:09 | 翻訳 | トラックバック(-) | コメント(7) |

たまにまじめに語るとこれだ(^_^;)

2014.12.26 22:19 URL | ちょりーた #- [ 編集 ]

Yasukoさん、まいどです~。

> 確かに。ちょりーたさんが直球ですね(<そこ?)。

たいてい、本とかうさとかフィギュアスケートとかで、一発ヒット飛ばして下さる方なので、まずそこです(ご存じない方のために申し上げておきますと、ちょりーたさんは、腕の良いベテラン翻訳者さんです<念のため)

「目指すべき翻訳とは」という問いに対する答えは1つではないかもしれませんが、根っこの部分で共有される部分は同じなのかもしれませんね。理想のみでは喰っていけないし、翻訳「業」ですから、現実的な面も追求しなければなりませんが、「自分は何を目指すのか」という部分はブレないようにしたいです。

「似たもの」まとめと冠詞は、英訳基礎講座で結構詳しくやりました。といっても3時間×5回なので、たかが知れてますけど。それでも、「ナルホド」と思いました。その後地道な精進はあまりできてませんが。あったかくなったら(?)、お互い頑張りましょ。

2014.12.26 22:03 URL | Sayo@屋根裏 #- [ 編集 ]

二度目のまいどです~。
確かに。ちょりーたさんが直球ですね(<そこ?)。

「翻訳とは」という問いに対する答えは一つなのかもしれないですね。皆さん、結局同じてっぺん目指して登っているクライマー、ということでしょうか。でも登山路や装備などは人によって違う(みたいな?)。
先生によって与えてくださるTipsはさまざまですが、自分が納得のいくものを選んで少しずつやっていくしかないのかなあ。どれだけやれるのだろうか。
で、とりあえず「似た者同士(動詞)の引き出し」(←お、うまい)作ってみました~(たんに仕事がなかったともいう)。冠詞は苦手なので、来春からか。

2014.12.26 19:01 URL | Yasuko #- [ 編集 ]

ちょりーたさん、まいどです~。
そうなのです。私も、方向や表現の仕方に違いはあるものの、目指す方向は同じなのではないかという気がします。
実践的な授業も、「なぜ、そのような実践的な授業を自分は受けるのか」という点を明確にして受けると、より得るものが多いのかもしれません。自戒もこめまして。
A先生の実際の授業も、「この文脈はこういう意図で書かれたものゆえ、定冠詞(不定冠詞)を用いる方が適切と思われる」のような形で説明がなされるので、個人的には、一番納得しやすかったですし、後々応用しやすかったような気がします。まあ、そこは、教え方との相性もあるかもしれませんけど。
先生の仰ったTipsて、簡単そうに見えて実はめちゃめちゃハードル高いですよね。「季節を2旬したら」て、それ2年やん。効率化はまたちょっと違うかなと思うので置いておきますが、、翻訳力、専門知識の蓄積には、結局「地道に続ける」という王道しかないのだろうな、と思います(と書きつつ、「青が散る」の「王道」と「覇道」を何の脈絡もなく思い出すSayoなのだった)。
いかんわ~、ちょりーたさんが、珍しく直球で来はったから(?)、つい真面目にレスしてもうた。

2014.12.26 14:39 URL | Sayo@屋根裏 #- [ 編集 ]

なんか私が感じたことを余すことなく書いてくださった!私はA先生の講義は初めてだったのですが、「翻訳とはどうあるべきか」という根本的な部分については(言い方は悪いかもしれませんが)特に目新しい物は感じませんでした。過去に私が影響を受けた恩師たちも、結局は同じことをおっしゃっていたように思います。皆最終的にたどり着くところは同じということでしょうか・・・真理はひとつ。

今回のセミナーで大きな収穫だったのは、やはり言語学という観点からみた具体的なアプローチ法でした。しかも誰でもすぐに実践できる!問題はSayoさんもおっしゃってるようにそれを継続できるかどうか・・・ラジオの語学講座みたいなもんですな(4月と10月のテキストだけたまっていくのだよ・・・)。

2014.12.26 13:43 URL | ちょりーた #- [ 編集 ]

Yasukoさん、まいどです~。
遠方からの日帰りお疲れさまでした! そうそう、今年は2度もお会いできましたね。
この感想は、ちょっと抽象的過ぎるような気がして。自分にとっては大事なことでしたが、出席なさってない方には、もう少し具体的なセミナーの内容を知って頂きたいなと。「年末クリスマスを直撃」「医薬の中でも治験を専門にされる先生」ということで、Kyokoさんは「もっと広いテーマの話です」と告知して下さいましたけど、二の足を踏まれた他分野の方も多かったと思うのです(私がN先生のセミナー受講を迷った時のように)。でも、もっとたくさんの方に聞いて頂きたかったと思える内容でした。なので、あちらでは、もっと実際的なレポができればと(とかいって、しょぼい内容だったりするかもしれないので、Yasukoさんも頑張ってくださいませ)。ではでは、来年もまたお会いしましょうね(今度はゆっくりいらしてね)。

2014.12.25 20:32 URL | Sayo@屋根裏 #- [ 編集 ]

まいどです~。
そして先日はお疲れ様でした。今年2度目の再会を果たせて本当に有意義なセミナーでした(ん?)。

もう十分に立派な感想文と思えるのに、HPバージョンも書かれるのですねー。楽しみにしてます!(それを待って勉強をしよう。)

セミナーに出かけてゆくと、いろいろなtipsがあちらこちらに散らばっていて、帰宅してからなんとかそのうちのいくつかは自分の仕事にいかせるようにしたいなーとつらつら考えるクリスマスなのでした。

2014.12.25 18:01 URL | Yasuko #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示