FC2ブログ
2014. 12. 29  
今年は、最後に恒例の「振り返り」をやって締めようと思っていましたが、
やはりこの件には言及しておかなければ。


ご本人の挨拶全文はこちら↓
http://www.kansai-u.ac.jp/sports/message/machida/2014/12/post_26.html

過去数年間でもっとも疲弊したフィギュアスケート全日本選手権でした。
ワタクシ的には納期タイトな大型案件を抱えて、男子SP・FPの一部以外は動画様のお世話になりまして、未見の選手も多いので、選手権全体に対する感想は控えます。

さて、表題。
SayoのAll Time Favoritesは、ブラウニング、ヤグディン、佐藤有香、G&Gなど、もう引退して久しい選手たちなのですが、最近の現役選手の中では、高橋、鈴木、町田の3選手が(勝手に)ご贔屓でした。鈴木選手の引退は予定通り、高橋選手の引退もほぼ予想されたものでしたが、町田選手の場合は、電撃的引退宣言。ここ1~2年で引退だろうとは考えていましたし、FP後のインタビューを聞いて、今季で引退だろうと確信しましたが、まさか世界選手権も辞退とは。

しかも、高橋、鈴木両選手の滑りは、ショー(のTV放映)で見ることができますが、町田選手は学業優先で博士課程への進学も視野に入れているということなので、その滑り見ることは難しくなると思います。引退後は、振付けをしながら、アイスショーで、その独特の作品を見ることになるのかなと思っていただけに、「らしい」セカンドキャリアの選択とは思いましたが、昨夜は放心状態で、過去の動画を見まくってしまいました(<仕事ダイジョブか<自分)。

FP滑走後の解説で、本田コーチが、「(コンビネーションを失敗したがリカバリーしなかったため)コンビネーションが1つしか入ってないので、点が抑えられてくるでしょう」的なことを仰っていましたが、後半には(素人目ですが)コンビネーションジャンプにできそうなものもありました。その1つのジャンプで小塚選手との順位は入れ替わったと思います。それをしなかったのは、ミルズ師と作り上げた理想の第九のまま最後まで滑ろうと決めていたからなのかなと、今にして思いました。

誰にも、連盟にも告げずの発表だったようでしたが、引退「会見」後は連盟ともきちんと話をしたようで、以下で、強化部長の談話を読むことができます。
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/sports/figureskate/all/1415/columndtl/
201412290001-spnavi

ユニークな語録で知られ、「我が道を行く」的なところもあり、引退会見も「好きなようにやったな~」という印象がないでもないですが、不思議と爽快感を感じます。それは、「我が道を行く」ことによるリスクとベネフィット、そうすることで負うべき責任、生じるかもしれない非難の言葉にきちんと立ち向かう用意ができていることが、その言動から感じられる選手だったからかもしれません。それにしても、小塚選手の「最後の最後に爆弾投下、樹らしい」というコメントには思わず笑ってしまいました。

今年のFPは小塚選手、町田選手と2選手の滑りが続き、あくまで個人的な感想ですが、Effortlessに滑る小塚選手の足捌き(?)に対し、町田選手の滑りそのものは、努力の伝わる滑りで、正直あまり綺麗だったとは言えません。それでも、「伝えたい」という気持ちが伝わってくる演技でした。

大学院ではスポーツマネジメントを専攻されるとか。
そういえば、ソチ五輪の後も、昨季の世界選手権の後も、大会運営に関する意見を口にしていて、そんな日本選手は初めてでしたから、驚いた記憶があります。選手でありながら、中からも外からもフィギュアスケートを見ようとしていた、その意味でもユニークな選手でした。どの方向から、スポーツマネジメントを攻めるのかにも興味が湧きます。

寂しくなりますが、新たな道に幸多かれと祈ります。


というわけで、「屋根裏通信」は年内あと1回更新の予定(ですが、新年にずれ込む可能性大)。
NEXT Entry
2014まとめ、2015目標
NEW Topics
JTFセミナー「文学作品を味わう」
One of 最上級 + 複数形と最悪について
オンライン勉強会・その後
「文芸翻訳のツボ&出版翻訳の現在」(越前敏弥)
「パンクチュエーションを読む・訳す」(深井裕美子)
「ニュース翻訳、基本のき」(松丸さとみ)
「ノンフィクション出版翻訳の素晴らしき世界」(児島修)
「辞書のつかいこなし2020」(高橋聡)
Comment
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Sayo

Author:Sayo
医療機器の和訳も9年目。
老眼腰痛、最近は膝痛とも闘いつつ
翻訳人生をまっとうしようと奮闘中。
この頃になってやっと翻訳の奥深さ・
難しさ・楽しさが分かってきたような。
記事は「翻訳一般」多め、ときどき読書感想文、本業(医療機器)やや少な目。
(2019年4月現在)

Counter
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR