屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。

「逆境に学ぶ」(伊東四朗、朝日新聞1月8日付朝刊)

伊東「人生で途方にくれた時、逆境と思わず、試練と考えました。それを乗り越える絶対の答えはない世界だから、どんな仕事も誠意を尽くし、悔いを残さないように、と考えてきました」

伊東さんは、ご自分の仕事について「絶対の答えはない」と仰っているようですが、100人いれば100通りの生き方のある人生に、そもそも「絶対の答え」などないのではと思います。「こう生きたい」という答えは、本来、自分にしか出せないものではないかと。

伊東「・・・コントを演じる新人を、大監督がちゃんと見てくれている。後輩には『だれが見ているかわからない。絶対に手を抜くなよ』と言ってきました」

「手を抜かない」毎日は息が詰まってしんどいです。時にはぐーたらも必要かな。でも、人生トータルで考える時、「手を抜かない生き方」というのはあるような気がします。

伊東「『お天道様は見ている』というでしょう。確かにそうだと思います。考えてみると、怖い言葉だと思うんです。『人は死ぬまで仕事でも生き方でも手を抜けないよ』ということなんでしょうから」


「私が愛したスケーターたち」(ローリー・ニコル、文:田村明子、Number 868号)
* 高橋大輔、浅田真央らの振り付けも行った著明な振付師さんです。

(母を失った年、浅田真央に楽しい曲を振り付けた経験を語った後)
「彼女のようないい子がなぜこのようなハードな人生を送らなくてはならないのか、と疑問に思うこともありました。でも考えてみると、ジャネット・リン、カート・ブラウニング、ミシェル・クワンなど、もっとも人々から愛されたスケーターは、五輪チャンピオンにはならなかった。その一方で、五輪チャンピオンになっても幸せになれない人もいる。結局、人生というのは最後までいかないとパズルの最後の一片は見つからないもの。それが生きていくことなのでしょう」

そのブラウニングやクワンでさえ、人生80年とするなら、まだ道半ば。これからの人生、何が起きるか分かりません。そう考えると、人生をその時々で「よい」「悪い」、「幸」「不幸」と単純に分類しようとするのは、無意味なことのような気がします。「では、どう生きるのか」と問われれば、やはり最終的には「周りにも自分にも誠実にいまを生きる」かなあ。それが伊東四朗さんの仰る「手を抜かない生き方」にも通じるのかなと思ったりしています。

と、今年も抽象的に始まる「屋根裏」なのだった。
2015.01.08 22:42 | 分類不能 | トラックバック(-) | コメント(2) |

ちょりーたさん、まいどです~。
そうでした! 同じ新聞でしたね~。ウチ、今年から緊縮財政で一時的に日経新聞諦めました。旦那に、ケーブルTVと日経の二択を迫ったら「日経」と即答されましたので。日経紙面も裏の方(?)も好きだったのにな~。
私も、芸人、俳優、アスリートといった方のインタビューに惹かれることが多いですが、「保証がない」という点が同じなのかもいれないですね。まあ、サラリーマンでも人生の保証はない今日この頃ですが。消えないためには、やっぱり、こうべは低く垂れ、周りには感謝、日々精進、でも自分の土台は忘れるなってところでしょうかねえ。言うはめっちゃ易しですなー。

2015.01.09 12:11 URL | Sayo@屋根裏 #- [ 編集 ]

私も伊東さんの記事読みました。(芸能界では)ベテランでも「もう大丈夫」ということはない。原因もわからずにふっとこの世界から消えてしまうことは、誰にでも起こりうる・・・というくだりが印象的でした。これって翻訳の世界もそうだよな~と思いつつ。原因はあるんでしょうけど本人にはそれがわからないという・・・恐っ!で、ちょっと気を引き締めてみたのでした。

2015.01.09 10:16 URL | ちょりーた #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示