屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。

いい仕事につながる。

昨晩(というかもう夜中ですけど)、何となくNHKの「プロフェッショナル‐仕事の流儀」の再放送を見ていました。「清掃のプロ」の回です。

詳しくはコチラ↓
http://www.nhk.or.jp/professional/2015/0202/index.html

高層ビルの窓拭き30年のプロの方の言葉です(正確にはこの通りではなかったかもしれません)。
同じ方の「仕事を怖がる初心者は、決して失敗をしない」「初心者こそ、仕事は遅くても仕上がりがいい」という言葉は、翻訳者としては、一部「...」と思う部分もありましたが、「初心を忘れない」ことは大切だし、常に「怖い」という気持ちをもって仕事に対するという姿勢は、忘れてはいけないなあと思ったのでした。
切れ目なく仕事が頂けるようになり、どこかに慢心があったかもしれません。
毎朝(というか私の場合はヒルナンデスけど)1本勝負の気持ちで、仕事に向かおうと心を入れ替えたはずの今、チョコレートを食しながらブログを書いているSayoであります。

どんな職業であれ、「極めた」方の言葉には重みがあります。

「プロフェッショナル」はいつも見ている訳ではないのですが(そして、見ている時は、必ず夜中の再放送という・・・)、だからこそ、ぐさぐさっと突き刺さる言葉が多いのかもしれません。


続々・腰痛
皆様にご心配頂いている腰痛ですが、普段の曲げ伸ばしはそれなりにラクになりましたが、まだ明け方に寝返り痛で目が覚め、やっとの思いでベッドから起き出す日々が続いています(起きてしまうとそれなりに動けるんですが)。ストレッチや腰痛体操やって、多少マシになってきたような気がしないでもありません。『これで痛みが消えます』と言われ、大枚叩いて壺とか水晶球とか買う人の気持ちがちょっとだけ分かる今日この頃です。アブナイ、アブナイ。
2015.02.06 13:28 | 分類不能 | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示