屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。

Yahoo! 災害情報

今回の震災に際し、すでに義援金詐欺にあたると思われる行為も行われているとか。
そのニュースを知った旦那がのたまいました。
「ロクな死に方しよらへんで」
ホンマやで。
Sayoさん家で鋭意呪っておきましたです。

万一、切羽詰った事情があってしたのだとしたら
(それでも十分5寸釘ものの行為だと思いますけれど)
3年後でも5年後でも10年後でもいい、
生きてゆく余裕ができた時に、
その全額+利息分+気持ちを寄付してほしい。
被災地はまだまだ復興途上にあるはず。


昨晩、旦那と久し振りの「すぽると!」を見ておりました。
旦那の帰宅が遅い我が家では、
「ZERO」を見ながら食事→「すぽると!」に移行
という流れが定番です。

その中で、サッカーの長友選手の映像が流れました。
CLのバイエルンと長友選手の所属するミラノの一戦です。
後半最後に出場した長友選手のパスが点につながります。
長友クン、嬉しくて、ハグする相手を求めて走る、走る。
(いや、実際はそうじゃなかったかもしれないですが)
・・・でも、そのへんにミラノの選手は誰もいない。
・・・ハグする相手が誰もいない。
それでも、長友クンは走る、走る。
ちょっと恥ずかしそうに、でも、一生懸命。
その一生懸命な姿がとても可愛くいとおしくて、
「誰もおらんし~」
と笑いつつ泣いてしまったSayoなのでした。

そんな風に笑ったのは、震災の一報以来初めてかもしれない。
どんな時にも笑うことは必要なんだなあと
何だかしみじみ思ったりしたのでした。

その日の「すぽると!」では
スポーツ界の選手からのエール、
試合の前に行われる黙とうの様子、
「わたしたちは日本とともにいる」というメッセージなどが
次々と映し出されていて、
被災地の方々が今一番必要としているものは、
生きるための物資だと分かってはいるのですが、
それでも、その方々にこの映像が伝わってほしいと
心から思いました。


少し前「Pay it forward」という映画を観たことがあります。
アメリカで観たので、
内容もしかしたら間違って理解している部分もあるかもしれないのですが、
ひとりの少年が始めた「親切を先送りする」という行為が、
どんどん広がっていくというような話です。
「シックスセンス」に出ていた少年が、中学生くらいに成長して主演していてびっくり。
「受けた親切のお礼はいらないから、誰かにその分親切にしてあげてね。
そして、その人にも、誰かに親切を分けてあげるように頼んでね」
ということなのですが。
何だか妙にこの映画のことが思い出され、
残り少なくなったこの人生(人生折り返し点はとうに過ぎましたからね)
そんな風に生きたいと、真面目に考えてみたりしたのでした。

月曜日に雀の涙募金もさせて頂きました。
自分の稼ぎだけでは本当に雀の涙になってしまうので、
旦那の稼ぎもきっちりむしっておきました。

そうしてSayoは、淡々と仕事を(仕事以外のことも)こなす日々です。
こんなおばさんでも、
いつ何でどんな風に必要とされることがあるかもしれない。
ので。
自分の仕事はこなしつつ、きちんと頭のまわる健康な状態でいたいです。
2011.03.17 15:51 | 震災 | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示