屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。

今日も今日とて翻訳とは関係のない記事が通ります(?)んで。
お好みによりスルーでお願い致します。


五輪後初となるフィギュアスケート2014-2015シーズン。
もっともご贔屓だった選手たちが引退し、
個人的には今イチモチベーションが上がらないシーズンでした。

いつもの如く、基本リアルタイムで更新される結果をネットでチェックしつつ、
YouTube様で後追い観戦。本当にいい世の中になったものです。
(リアルTV観戦はBBAの心臓には悪いのだよ)

羽生選手がSP、FP 2本無事に滑り終えたことに、とりあえず安堵。
Galaでは笑顔ではしゃいでいて、おばさんは泣けた。
しっかり体をケアして来季に備えてほしいです。
来季とは言わんが、もう一度「オペラ座」見たいね。

無良選手と小塚選手は、あくまで個人的な感想ですが、
身体と心が少しちぐはぐなような気がしました。
小塚選手の滑りはやはりとても美しく、
本人は来季については明言を避けましたが、
個人的にはEligible枠でもう少し見ていたいです。
無良選手は様々なプレッシャーに負けてしまった部分があるのでしょうか。
割と強面の顔ですが、凄く心優しい青年なのかなあと思います。
でも、平昌までと決めたのであれば、
そこは乗り越えていかなければならない部分かと思います。

来季出場枠は2枠に減りましたが、
その昔本田コーチが孤軍奮闘していた頃のことを考えれば、
2枠に減ったことが衝撃のように語られるという現実は、
それはそれで凄いというか、思えば遠くまで来たもんだというか。

で、女子。
ラジオノワ選手の調子が悪かったという説もありますが、
ロシア娘の間に割って入った宮原選手はやはり凄い。
昨シーズンは伏し目がちだった目線も
ジャッジ&観客アピール目線になっていて、
技術的な部分以外での大きな進歩を感じます。
まだ17歳、今後、「そつのない優等生の滑り」を脱して
(それをいつもほぼノーミスで滑るのも、それはそれで凄いことですが)
宮原カラーを出していってほしいなあと思います。
どんなカラーになるのか楽しみ。
逆に、あくまで今年の印象ですが、
本郷選手は(勝手に)「ドラマチック系」に分類してみました。
今が急成長の時なのかもしれませんが、
滑るたびにPB更新は天晴れと思います。
村上選手は、FPでは失敗もありましたが、
SPでは最後まで笑顔が見られてよかったよ~。
天真爛漫な末っ子的立ち位置から長女の位置へ。
色々な意味で戸惑った1年ではなかったでしょうか。
今後のことは未定のよう。まずはお疲れ様でした。

その他、村上(大介)選手、宇野選手ら、挙げていきたい選手は多いですが、
キリがないので、とりあえず「今後が楽しみ」枠で括っときます。

個人的には、ロシアのカワグチ&スミルノフペアの復活が嬉しかったです。
カワグチさんは確か荒川さんと同い年くらいだったと思うので、
正直、平昌まで続けられるかなあ、と思う気持ちはありますが、
モチベーションと体力が続く限り頑張ってほしいです。

とはいえ、やはり、高橋大輔、町田樹両選手がいないという喪失感を大きく感じた1年でした。
特に町田さんは、世界選手権レベルで戦える力を持った選手がそれなりの成績を残している中で、外から(プロなりコーチなりの道を)呈示されたという形ではなく、スケート以外の道を選択し掴み取った初めての選手ではないかと思います(少なくとも私の思い出せる限りでということですが<あとは神崎範之さんくらい)。後輩たちに、「こういう道もある」という1つの選択肢を示すこともできたのではないかと。

ということで、激動の2014-2015シーズンも終わり。
(・・・あ、まだ国別対抗があったな・・・)
あと1~2回はこっそり更新することがあるかもしれませんが、
本カテゴリでは、また2015-2016年シーズンにお会い致しましょう。

神崎範之さんのプロフィールはこちら↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%9E%E5%B4%8E%E7%AF%84%E4%B9%8B

2015.03.30 20:28 | フィギュアスケート(14-15 season~)  | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示