FC2ブログ
2015. 04. 13  
医薬品医療機器総合機構(PMDA)のHPが4月1日よりリニューアルされ、
普段お世話になっていたページが行方不明になってしまいました(泣)。
(念のため、HPトップはコチラ↓)
http://www.pmda.go.jp/index.html

色々研究するうちに(←大袈裟)、こちらの方が使いやすいかなと思うようにもなりましたが、
年寄りは何事にも慣れるのに時間が掛かるのだよ。

* 以下の情報はすべて医療機器関連のものです *

添付文書情報

機器の概要を掴んだり、表現を確認したりするために、製造元のHP以外に添付文書も確認します。Google検索で個別の添付文書に遭遇することも多いのですが、PMDAの添付文書一覧画面では、製造元で検索をかけて、同種の別の機器、付属する機器(で個別の添付文書のあるもの)の有無を確認することができるので、それなりに愛用(<という形容語句は変だよな<自分)していました。

その添付文書情報画面が行方不明に!!

トップ画面中程の「安全対策業務」を選択し、
http://www.pmda.go.jp/safety/index.html
「情報提供業務」を選択すると、
http://www.pmda.go.jp/safety/info-services/0001.html
左列の「医療機器」から「添付文書」を選択することができます。
http://www.pmda.go.jp/PmdaSearch/kikiSearch/
はあ、やっと辿り着いたぜ。

インターフェイスが大きく変わっていて一瞬固まってしまうのですが、
まあ、そこは慣れの問題なのかな~と。
とりあえず、「その他の条件から調べる」で製造元(或いは製造販売業者)名を入力してやると、機器一覧が見られることは確認しました。

もう一つ、使用語句に迷った時や機器の定義を確認したい時などに参照していた
「医療機器関連情報」画面も今回のリニューアルで行方不明に。
探すのに苦労したから、トップをお気に入りに入れておいたのに!!

こちらは、やはりトップ画面中程の選択肢「レギュラトリーサイエンス・基準作成調査・日本薬局方」を選択し、
http://www.pmda.go.jp/rs-std-jp/rs/index.html
最下行の「医療機器基準」を選択して辿り着くことができました。
http://www.std.pmda.go.jp/stdDB/index.html
画面は、現在のところ以前のままのようです。

左列の「一般名称」を選択すると、名称入力画面が出てくるので、例えば「画像診断」などと入力してやると、一般名称に「画像診断」を含む医療機器の一覧が表示されます。個々の医療機器名をクリックして表示される「定義」情報を訳出の参考にすることもあります。

とりあえず、Sayo的捜し物が見つかって一段落。

あくまで、医療機器方面からのPMDA攻撃(?)てことで。
どなたかの何かの参考になれば(ならんか)。
NEXT Entry
医薬セミナー
NEW Topics
『患者の話は医師にどう聞こえるのか』後編:どんな本なのか――私的あとがき・のようなもの
『患者の話は医師にどう聞こえるのか』前編:本になるまで
『蜜蜂と遠雷』と翻訳と
「改めて考えよう、翻訳に必要な力」
JTFセミナー「文学作品を味わう」
One of 最上級 + 複数形と最悪について
オンライン勉強会・その後
「文芸翻訳のツボ&出版翻訳の現在」(越前敏弥)
Comment
Re: タイトルなし
ちょりーたさん、まいどです~。

多少でも参考になりましたか-。よかったですー。
リニューアルされたPMDAのトップを見た時には血の気が引きました(年寄りには堪えます)。
たまにしか扱わない案件だと、「あの時、あのページ見たよな~」という参考資料を探し出すのに時間掛かりますよね。私も、お薬関係の情報はいまいちなんでよく分かります。
参考になるなる。Sayoさんと同じく何事にも慣れるのに時間がかかるし、医療機器はたまに扱う程度なので探すのも大変やし。ありがとうございました。
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Sayo

Author:Sayo
医療機器の和訳も9年目。
老眼腰痛、最近は膝痛とも闘いつつ
翻訳人生をまっとうしようと奮闘中。
この頃になってやっと翻訳の奥深さ・
難しさ・楽しさが分かってきたような。
記事は「翻訳一般」多め、ときどき読書感想文、本業(医療機器)やや少な目。
(2019年4月現在)

Counter
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR