屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。

えーと、すいません、潜り、です(汗)。
実は最近まで長きに渡りMicrosoft Office IMEを使用していたことを、
今日ここに謹んで白状致します。

医薬翻訳者の方が総じて「ATOK+ATOK医療辞書」という使い方をされているのは
よく存じておりましたが、これまで特に不便は感じなかったので(と言い訳)

個人的に一番面倒臭く間違えやすいのは、
英語カタカナ漢字混じりの長たらしい機器名称の入力なのですが、
たとえば
「AABBCC® XXYYZZ®漢字カタカナまた漢字またカタカナもひとつカタカナデバイス」
みたいな(嘘のようなホントの話)、記憶も入力も正しくできないような機器名称は、
最初に、適当に頭文字を繋げた、日本語としてあり得ない言葉で短縮登録してやれば、
2回目以降は事足りていました。

・・・なのですが、何となく声を大にして「IME使っています」と言えない
気弱で小心者のSayoなのでした。

でもだがしかし。
そんなワタクシも、先月ついに(今さら)ATOKデビューしました。

2月にリリースされたATOK 2015(プレミアム版)には
標準装備で「三省堂類語新辞典 for ATOK」が搭載され*、
理工学、法律経済、人文科学の専門用語辞書も新搭載されるという。

個人的には「理工学、法律経済」というところが結構嬉しかったり。
*また、類語辞典は、連携辞書形式では前からあったよなと思って確認してみましたら、
「角川類語新辞典」の方ですが、2007年から販売されておりました<おお、そんな前からおったんか。

2015版の類語辞典専門語辞書
AOTK 2014との機能比較

確か、過去には「大辞林」が標準搭載されたプレミアム版というのもあったような気がするのですが(間違っていたらすいません)、このお値段にそこまで求めるのは虫がよすぎるというものかも。

ということで、今回ATOK 2015プレミアム版を購入しました。
(自分の現在の仕事内容から考えて「ホンマに絶対必要なんか<医療辞書」
という部分もありましたので、今回医療辞書の導入は見送り、
その分の金額を別の投資に充てることにしました<それについてはまた機会があれば)

当初は(Sayo比)賢すぎ気が利きすぎるATOK君に多少辟易しましたが、
使用者の頭脳に合わせて多少レベルダウン(?)した結果、
現在ではかなり快適に使えています。

和訳者としては、作業しながら類語新辞典を参照できるのはかなりありがたいです。
(ほんなら、なんで今までやらへんかってんという話なんですが<汗)

書籍版は「角川類語新辞典」が手元にあり、三省堂版は所持していません。個別語句の説明は全体的に角川の方が詳しいという印象です(あくまで個人的な印象です)。また、Amazonでは、角川版を優位とする書評も見受けられましたが、作業中に参照する分にはATOK三省堂で十分かなと思います。個人的には、今後は、ATOKの三省堂メイン、適宜書籍角川版出動という形で、両者を併用していくことになるかと思います。
本当に、角川類語新辞典さんにはどれほどお世話になったことでしょう。
新版出てくれんかな~(1981年発行)と思いながら、今日もATOKさんのお世話になるSayoなのでした。
2015.04.29 21:50 | 翻訳 | トラックバック(-) | コメント(4) |

Connyさん、まいどです~。
いえいえ、お気持ち分かります。セミナーなどでも(ごくたまにですが)「ATOK使ってるよね、当たり前だよね」的な前提の下に話が進むことがあり、「どうしようかなあ」で何年も来てしまった私は、いつも肩身の狭い思いをしていました(だったら使えよって話ですが)。でも、「私コレほしい!」のタイミングで導入してよかったと思います。分からないなりに色々いじくろうという気になりますし。

> 「ナントカ検索」に苦笑い。

「あれこれそれ、俳優さん、顔は浮かんでるんだけど」てヤツですね。一緒ですわ~。

2015.05.01 17:27 URL | Sayo@屋根裏 #- [ 編集 ]

Sayoさん

フォント小さくする方法探して下さったんですね。「恥ずかしい」っていう気持ちを冗談交じりに表現したかったのです……。時間割いてくださりありがとうございます。

ATOKの紹介ページを見て「ナントカ検索」に苦笑い。二言目には「ほら、あれあれ」の私、多用しそうです。

2015.05.01 15:26 URL | Conny #- [ 編集 ]

Connyさん、まいどです。
すいません、コメント欄のフォントはだめみたいでした。
お仲間がおられて安心しました。

私も、新しいものを導入するのは凄い勇気がいるんですよ。まず「その後PCはきちんと動作してくれるのか」というその点がまず不安で。

私の場合、今のところ、IMEが不便でどうしようもないとか、ATOKがなかった頃が考えられない、というレベルではないのですけど、本文でも書いているとおり、個人的には専門用語辞書と類語辞典が便利です。「カスタマイズ」といっても辞書表示の順番を変えたり、「いらんわ」のチェックを外したりの程度で、まだよく分かってないです。

普段のお仕事の内容により「ATOK Basic+医療辞書+角川類語」のような装備も考えられるかなと思います。DLは、私でもできたのでダイジョブです。
よく検討してくださいませ。

2015.04.30 16:38 URL | Sayo@屋根裏 #- [ 編集 ]

すみません、フォント小さくできますか。
私未だにIMEです。不便感じてますけど、単純に新しいものを導入する根気がないのです。
でもカスタマイズしてくれるようですし(私の場合も絶対「ダウン」です、笑)検討します。

いやあ、色々教えていただけて、とってもためになる屋根裏で、ありがたや。

2015.04.30 16:21 URL | Conny #a4Z/FfFc [ 編集 ]













管理者にだけ表示