屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。

最近あまり体調が宜しくないのでした。

腰痛は、朝痛みで目が覚めるほどだし
(起きて動いている間は普通にしていられます)
動悸がひどい。
(ひと月前の心電図では異常なかったし、頻脈というほどでもなく規則正しく打っていますし、更年期の入口にいた頃も同じような症状が出たので、自律神経方向ではないかと思います)

とはいえ、今年は年初から健康面が低調なので、
一念発起して(←使い方を間違っています<念のため)
旦那への手紙を更新することにしました。

5~6年前、介護と更年期で体調が思わしくなかった頃、自分にいつ何があってもいいようにと、両親、実家、永代供養のことを「こうしてほしい」と書き綴ったものを、鏡台の奥にしまいました。旦那へは、いつも身につけている緊急連絡先を書いた紙から誘導できる(?)ようにしています。

もともと、父の成年後見人という厄介な仕事をしていて、そちら関係の申送り(?)事項をまとめておく必要があるようなあと書き始めたものだったのですが、両親も亡くなり状況も大きく変わっているので、思いついた時に最新版を書いておこうと。

生命維持装置についてのお願いも書いています。
旦那は、面と向かってこういう話をするのが好きじゃないんだよね。
なので、私も「機械で生き長らえさせんといてね」と軽くお願いはしていますが、そうした軽い口約束が後で決断する者の重荷になることは、身をもって体験しました。

最新版では、

「この手紙を読んでいる今、もしも、私の意識が戻る希望が限りなく0%に近く、まだ生命維持装置で生かされているなら、それを外してほしいというのが私の希望ですが、あなたがすぐに決断できないのであれば、決断できるまで私を生かしてください。立場が逆なら、たぶん私も少しでも長くあなたに生きていてほしいと願うと思うから。でも、私の希望は知っておいてください。希望を叶えたことで、のちのち自分を責めないでください。私の思うとおりにしてくれたのだから」

と書いています。

以前は、そんな姿で生きていたくはないと思っていましたが、
父を送って少し考えが変わりました。
旦那がそれでも私を生かしておきたいと望むなら、それもありかなと。
ヒトは残される者のために最後の時間を生きるのだと、今はそんな風に思っています。
書出しの文面は、初版作成当時放映されていた「Tomorrow」という医療ドラマの中の台詞を一部参考にさせて頂いています。
手紙だから書けることってたくさんあるよね。

もちろん、私はまだまだしぶとく生きていくつもりです。
結婚後すぐ義妹の病気が分かり、それから色々なことがありましたが、
2人で、私の叔母、父母、旦那の父母、妹を見ていこうという話になりました。
旦那は私の実家の家族を一緒に送ってくれたので、
義理堅いSayoとしては、旦那を残して逝くわけにはいかないではありませんか。

とはいえ、旦那先に逝かれちゃうと、やっぱり1人では色々しんどいので
それは勘弁してほしいな~とか、自分勝手なことも考えたりしていることを
最後に謹んで告白しておきます。
2015.06.12 23:14 | 両親のこと | トラックバック(-) | コメント(8) |

Rinrinさん、まいどです~。
またキトリとマノンの写真見せて下さいね~。
暫くお会いしてないので、1000枚くらい貯まってますかね。

ご病気のことは以前ちらっとお聞きしたような気がします。
私は、「ぱたっと死んだら暫く誰にも見つけて貰えないかも」状態が長く(旦那出張で留守がち)、
ちょっと体調不良と気鬱に駆られた時に最初のお願いを書いたのですが、
実際に、現実的に死を意識すると、もしかしたら違う言葉が出てくるのかもしれません。

>「助かる見込みがないのに少しでも長く生かしておきたい、なんてのは単なるあなたの自己満足なんだからね、やめてよね、絶対!」

は、実は優しく愛しいダーリンに甘えての言葉であったような気がします。
美猫と美人のお嬢様のあとでいいですので(<アンタ何様<自分)、ご主人様も大事にして差し上げてくださいね。

>、「仕事アレルギーでしょ」と。

ああ、この倦怠感と腰痛と動悸は「仕事アレルギー」であったか・・・(妙に納得)
・・・という季節ですから、rinrinさんも、どうぞお体ご自愛くださいね。

2015.06.15 11:03 URL | Sayo@屋根裏 #- [ 編集 ]

sayoさん、こんにちは
もしかするとこちらにコメントするのはじめてかも。キトリとマノンの母です、念のため。

>旦那がそれでも私を生かしておきたいと望むなら、それもありかなと。
ヒトは残される者のために最後の時間を生きるのだと、今はそんな風に思っています

4年前に大病して手術することになったとき、生まれてはじめて死ぬことを意識した(今思うと大げさ)のですが、
私は、優しいsayoさんと違い、「助かる見込みがないのに少しでも長く生かしておきたい、なんてのは単なるあなたの自己満足なんだからね、やめてよね、絶対!」と、ダンナにきつーく言い渡したのを思い出しました(笑

でも、逆にダンナが死にそうになったら、やっぱり少しは無理やり生きながらえさせてしまうかも。その間にたぶん自分の心の準備をするのでしょうね。

まずは、皆さんの言うとおり、日々の健康ですね!
私も「気象病」なのか今月に入ってから腕に謎の湿疹が出てます。皮膚科でパートしてる友人に聞いたら、「仕事アレルギーでしょ」と。やはりそうか(笑

2015.06.15 10:49 URL | rinrin #- [ 編集 ]

Kyoko様、まいどです~。

ご心配ありがとうございます。
Akoronさんへの返信でも書いたのですが、梅雨前後の気象変化は、様々な部分に不調をもたらすようなので、そのせいもあるかもしれません。
ちょっとググるだけで腰痛対策もたくさん検索でき、世の中腰痛で苦しむ人は本当に多いのだなあと思います。
Kyokoさんの教えてくださった方法もあとで調べてみますね。ありがとうございます。

相続手続きは、相続税の支払いの有無に関係なく煩雑ですよね。
ご親族が多くお住まいの地域が離れていたりすると、と実印を集めたり家の相続を決めたりといったことにも時間が掛るかもしれませんね。お疲れさまです。
エンディングノート的なものは、私たちの世代であれば、「思い立った時」でよいのかなと思います。
書いてもたぶん内容が微妙に変わってくると思いますし。
私も、終末期のケアと連絡先と実家の処分と永代供養のお願いくらいです。あ、お礼もちょこっとね。

私もまたお会いできるのを楽しみにしています。
(こんな身体(腰)なんで、なかなか皆さんにこちらからお声をかけられずにいるのですが、
日中はまずまず大丈夫そうなので、またお誘いくださいな。)

もう1つのコメントは、消しておきますね。

2015.06.14 13:01 URL | Sayo@屋根裏 #- [ 編集 ]

おはようございます。

腰痛は季節にも随分左右されるらしいのでこの梅雨も関係しているかもしれませんね。

ご存じかもしれませんが最近「きくち体操」なるものを知って本+DVDを購入しました。運動というよりもストレッチ感覚でゆるゆるといつでもできるのでお勧めです。

さて、私も母の死去に伴い、なかなか相続が進みません(骨肉ではありませんw)。ちゃんと文書化して残しておく必要があるかなと実感しています。とはいえエンディングノート作りには時間がかかりそうです。

皆さんも体調が優れないようですが、そこをのりきればまたすっきりという日もきっと来ますよね。

ご自愛ください。
またお会いしましょう!

2015.06.14 09:19 URL | sayo様 #- [ 編集 ]

Yasukoさん、まいどです~。
そうなんですよー。あんなヤツでも、私には他に誰もいないんで、それなりに頼りにしています。
Yasukoさんも、きっと口でアレコレ仰っているだけでしょう、分かってますってば。
お互い、これから、介護でも(←ウチも義父母がまだ・・・)頑張らなければいけない感じですから、健康第一目指して、ゆるゆる頑張りましょうね。
とにかく今はこの腰をまずなんとかしたいです。無理せぬ範囲で色々試してみますわ-。
季節の変わり目なので、Yasukoさんも、どうぞお体ご自愛くださいませね。

2015.06.13 14:28 URL | Sayo@屋根裏 #- [ 編集 ]

Akoronさん、まいどです~。
ありがとうございますー。Akoronさんも色々、しかも「しなければならない」ことが多いので大変ですよね。お察しします-。やっぱり睡眠は大事だと思いますので、寝られる時に休んでくださいねー。あと、カレシ様の新プロは「陰陽師」だそうなので、不調を生む諸悪の根源をばっちり退治してもらってください(「陰陽師」てそういうんじゃなかったっけ?<完全に分かっていない)

昨日TVで初めて知りましたが、今の時期の不調をひっくるめて「気象病」という言葉もあるそうで、この時期は体調も気分もイマイチな人が多いのだそうです。私たちも、多少はそれがあるかもしれませんね。
体調が優れないと、今までと同量の仕事をこなすのに、例えば1.5倍の時間が掛ったり、痛みで集中力も落ちたりと、踏んだり蹴ったりですよね。私は、とりあえず現状、これまでの貯えの食い潰しと旦那の失業保険でそれなりに生活できますので、悔しくはありますが、少し仕事量をセーブしています。

>ご主人に気持ちを託せるのは幸せなことですね?

そうなんです! 私は旦那以外に託せる相手がいないので、それなりにいいもん喰わして不摂生を控えさせて長生きさせなきゃ-。
というのはお互いに言えることなので、私も、痛みと不調を最小限に抑えて、それなりに健康な生活が送れるよう頑張ります。
Akoronさんもご自愛くださいな。

2015.06.13 14:27 URL | Sayo@屋根裏 #- [ 編集 ]

sayoさま、まいど~。

たまにsayoさんのブログに登場されるご主人様。いつもsayoさんのご主人様への愛情が感じられる内容で、いいご夫婦なんだなあと感じております(自分を顧みて猛省。)手紙の最新版も優しいさがあふれてますね。(再び猛省。)

ついでに(とは失礼ですが)、関連記事を読み直しましたよ。sayoさんは常に真摯に生きてらっしゃるなあと思います。目の前の仕事に振り回されてきーっとなってる私とは大違いです。

とにかく!まずは体調管理です!即刻改善とはいかないでしょうけど、心身に優しいコトを見つけて労わってあげてね。できる限り健康年齢は延ばさなくては。(私も腰痛対策しなくては~。)
元気に余生を過ごせるように健康に留意して暮らしましょう。

(あ、これまだついでのようで申し訳ありませんが、akoronさんもお大事になさってくださいね。)

2015.06.13 13:55 URL | yasuko #- [ 編集 ]

Sayoさま

何はともあれ、体調はいかがですか。最近FBで、体調が優れず仕事を減らしてのんびり暮らしているとか、食事まで取れなくなっていた方の書き込みを拝見することが多く、ああ、自分だけではないんだなと思っていました。

そうです。私の体調も最悪です!ついに腰まできて、全身けだるくも痛く、起きているだけでもつらい時間が増えてきました。夕食も食べられなかったり....。こんな時「休めば」と言われるのは分かっていますが、乗り切らなければいけないことも多く、Sayoさまも寝てばかり、とはいかないかと拝察します。

人がどんな最後を迎えるのかは神のみぞ知るのかも知れませんが、ご主人に気持ちを託せるのは幸せなことですね♡ 私は同じようなことを兄に言っていますよ~(^_^)。

まずは、お互いに体調を整えましょう。ちょっとした気分転換と休養、そして睡眠かなー。旦那さまもだけど、今は自分を一番可愛がってあげてくださいね。

2015.06.13 05:54 URL | akoron #3GFicEQM [ 編集 ]













管理者にだけ表示