FC2ブログ
2015. 08. 05  
えっちらおっちら都会の病院まで行ってきました。
病院行く方が体調崩しそうな暑さだぜ。

ワタクシには甲状腺機能低下症という持病がありまして、
定期的に採血して甲状腺ホルモン値を確認し、
お薬を処方して頂かなければなりません。
(薬を服用している限り、特に生活に支障はありませぬ)

というのが本日の本題ではなく・・・

病院へ行くと、どうしても老親と思われる方を介助する(特に4~50代の)女性に目がいってしまうのですよね。
・・・因果な性格だぜ。


今回は、何くれとなく両親の世話を焼く40代くらいの女性に目が止まりました。
小気味よく世話を焼き、口ではぽんぽんいいながらも、ご両親に対する愛情が覗えました。
そして、私は、何となく、遠い地で癌を患うお父様の世話をする友人を思い出したのでした。
髪型や立ち居振る舞いが似ていたからかも。
暑い中、彼女も、こんな風に、ちゃきちゃきとご両親の世話を焼いているに違いない――
――そう思ったとき、「自分にはもう世話を焼くべき親はいないのだ」という寂しさを心の芯に感じたのでした。

彼女は、日々最良の治療を求めて悩みながら、とても献身的にお父様の世話を焼いています。それでもふと、「なぜ私(ウチの家族)だけ」「この忙しいときに」「自分のことだけしていたい」と思うこともあるかもしれません(それとも、そんな不埒な娘はワタクシだけだったのか)。

でも、そのしんどかった時間さえ、実はある意味幸福な時間であったと
懐かしく思い出すときも来るのだよ、たぶん。
私も通ったよ、その道。

だから、彼女にも、自分がへばらないように、そこは適当にセーブしながら、
感情を昂ぶらせすぎることなく、弱音吐き愚痴こぼし、ご両親は励ましながら
大事に今の時間を過ごしてほしいと願うSayoなのでした。


送信した。脳味噌沸騰した。しんだ。
明日は(というか今日ですが)墓参りじゃ(←納品ハイのようです)
NEXT Entry
「日本語使いさばき辞典」
NEW Topics
JTFセミナー「文学作品を味わう」
One of 最上級 + 複数形と最悪について
オンライン勉強会・その後
「文芸翻訳のツボ&出版翻訳の現在」(越前敏弥)
「パンクチュエーションを読む・訳す」(深井裕美子)
「ニュース翻訳、基本のき」(松丸さとみ)
「ノンフィクション出版翻訳の素晴らしき世界」(児島修)
「辞書のつかいこなし2020」(高橋聡)
Comment
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Sayo

Author:Sayo
医療機器の和訳も9年目。
老眼腰痛、最近は膝痛とも闘いつつ
翻訳人生をまっとうしようと奮闘中。
この頃になってやっと翻訳の奥深さ・
難しさ・楽しさが分かってきたような。
記事は「翻訳一般」多め、ときどき読書感想文、本業(医療機器)やや少な目。
(2019年4月現在)

Counter
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR