屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。

昨年末に腰の具合が宜しくなくなってから、8ヵ月が経過しました。

現在も、起き抜け30分~1時間は、膝に手をついて腰を屈めている悲惨な状況ですが、以降、夜までは普通に生活できるようになりました。
ただ、「長時間同じ姿勢で起立する」という動作は、まだ結構辛いものがあり、何度か書いていますが、今の状態が、今後のベースラインになるのかもしれません(泣)。

2月以降お世話になった「おウチでできる腰痛体操」をまとめておきます。
参考になさる方は、その前に、まず整形外科で、「その腰痛は背骨周りが原因らしい」ことを確認されることをお勧め致します。んでもって、自己責任でお願い致します。


整形外科受診から2週間が過ぎても、通常の、いわゆるぎっくり腰のように著しい改善が見られず、「このままでは広島遠征が・・・」と焦っていた2月中旬、同業者の方の「20万人の腰痛を治した! 背骨コンディショニング」(アチーブメント出版)なる書籍の紹介(Twitter)が目に留まりました。

「背骨の歪みが腰痛の原因」と宣伝文句がアヤしく耳をくすぐります。これまで、CT検査等で仰臥する必要が生じたとき、自分ではまっすぐに寝た積りでも、必ず腰の位置を直されてきましたので、「自分の背骨はまっすぐではないらしい」という自覚がありました。その弱みにつけ込まれた感がないでもありませんが。
ただ、背骨のズレが腰痛に繋がるという考え方には、納得できる部分が多々ありました。

この書籍では、腰痛の原因が、背骨、特に背骨を支える仙骨の歪みによって生じるとして(乱暴にまとめるとそのような感じ)、仙腸関節を緩め、座骨神経を緩め、歪みを矯正し、大殿筋・中殿筋・仙腸関節内の靱帯を鍛える(バックキック)4つの運動を進めています(バックキックは週2回程度、他は毎日)。まあ、とにかく筋肉の強化は大事だよね。
というわけで、藁にもすがる思いでこの運動を始めてみた訳ですが、始めたその日に効果を実感しました。お陰で、コルセット連れでしたが、無事に広島遠征を果たすこともできました。

しかし、その後、腰の状態は倦怠期・・・ではなく停滞期に入り、コルセットと手を切る、一定以上の距離を歩けるようになるなどの改善が見られたあとは、「朝方は調子が悪いが、何とか動ける」状態でプラトーに達しました。

それが悪化したのが、梅雨入りの頃で、今度は「同じ姿勢で長く寝ていることができず、朝方、腰の痛みで目が覚める」という状態に。「このままでは広島遠征IIが・・・」と焦って検索の旅に出掛けた結果(いつの場合も動機は不純なのだった)、今度は椎間板ヘルニアに効くという「マッケンジー体操」なるものに出会いました。様々な説明サイトがありますが、私は、「なぜ効くのか」(・・・は実は明確には証明されていないような・・・)にも簡単に言及された
http://www.ky-toranomaki.com/mckenzie.html
を参考にしました。

年末に痛みが出る暫く前から、すでに腹臥位を取ることは困難になっていたので、最初は、手を伸ばして背中(腰)を反らす(我が家では海老反りと呼ばれる)動作は痛くて無理な状態でしたが、1ヵ月ほど続けるうちに、上記サイトの動作が1セットできるようになりました。

そして、とりあえず「痛みで目が覚める」状態から解放され、短時間であれば、仰臥位や腹臥位で寝られるようにもなりました(それまではどちらの体勢も無理)。というわけで、無事、広島遠征IIを果たすこともできました。

現在は、「背骨コンディショニング(朝)」+「マッケンジー法(2~3回/日)」というやり方に落ち着いています。

今後、冬に向かって、腰の状態がどう変化していくのか分かりませんが、暫く、もう少し状態が改善することを祈りつつ、今の体操を続けていこうと思っています。

ただ、さすがに「マッケンジー法」終了直後はさくさく動けないので、運悪くその時間にヤマトさんが来られた時は(まるで狙ったかのように来るのだった)、息を殺して居留守しています。
2015.08.31 23:17 | 健康 | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示