屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。

今年も何かと気が散る季節がやってまいりました。(年中気が散っているという説もありますが・・・)
ジュニアグランプリシリーズはすでに後半戦ですが、来月にはいよいよシニアグランプリも始まります(てことで、今日は基本フィギュアスケートの話題なのだった)。


そんな訳でソワソワし出した先日、Sports NAVIさんに、振付師宮本賢二さんのインタビューが掲載されました。

前編→http://sports.yahoo.co.jp/column/detail/201509160006-spnavi
後編→http://sports.yahoo.co.jp/column/detail/201509170004-spnavi

ミヤケンの愛称で呼ばれる宮本賢二さんは、海外でも知名度の高い振付師さんで、あまりに忙しくされていることから、「2年先まで予定が詰まっている」とか「常に(仕事で)移動するためホテル住まいである」といった話がまことしやかに囁かれています。
10年ほど前、巷に「一流のプログラムを滑りたければ海外振付師で」的な雰囲気がソコハカとなく漂っていたことを考えると、記憶に残る数々のプログラムが日本人振付師の手で生み出されているという事実には、本当に感慨深いものがあります。

現役時はアイスダンスの選手として、有川梨絵さん、その後都築奈加子さんとペアを組んでおられました。当時は海外在住のため、雑誌でしかその(概ね国内での)活躍を知ることはできなかったのですが、宮本・有川組の海外ジャッジからも高評価を得たというプログラム「古事記」は、今でもYouTubeで見ることができます。本当によい時代になったものです(しみじみ)。

「古事記」(2001年全日本選手権)
https://www.youtube.com/watch?v=uTiqSK5sBWU

ミヤケンさんは、時々バラエティ番組にも出演され、真面目な顔や発言で笑いを取り、周囲に臆することなく飄々と受け答えをするその姿をひと言で表現するなら「(結構)軽い・・・」(あくまでTV画面からの印象です<念のため)。

「振付師宮本賢二」のインタビューは、そうしたともすれば「調子のいいお兄さん」的な印象を、よい意味で覆すものでした。様々なもの・ヒト・滑りを本当によく研究し分析しておられます。もちろん、そうでなければ、海外の有名振付師と肩を並べることなどできないに違いありませんが。

My翻訳者アンテナに引っ掛かった箇所は何箇所もありましたが、とりあえず2箇所だけ挙げておきます(あっしもそれなりに忙しい身体なもんで)。

(忙しい体なので)依頼を断ることも多いのでは、と問われ、

「いっぱいありますね。基準として、週6日以上練習しない人には振り付けをしません(中略)どんなに上手でも、一流じゃない人は振り付けはしないです。やはり一生懸命練習している選手が一流だと思うので」

と答えています。現役時代(の言動)から「努力を見せる人、努力していることが分かる人」という印象はなかったので、そんなミヤケンさんが、このような明確で厳しいMy基準を持っておられるとは思わず、何だか嬉しい驚きでありました。

また、

「若手の選手を振り付ける際、彼らの武器を最大限生かすようなプログラムを作るのか、それとも少し背伸びをさせるプログラムを作るか」という質問に対しては、

「少しだけ背伸びをさせるようにします。その子に合ったものだけをすると、1年間それをやるので、やっぱり慣れてしまうんですよね。慣れてしまうと動きは小さくなるし、見ていて感じるものが少なくなる。だからちょっとだけ難しくて、しんどい中でやっていたら、試合のころには、それがぴったりはまるようになるというような振り付けをしています」

と答えています。どうすればその選手が伸びるかを考え、常に少し先(の完成形)を見て作業をするというかなと思います。そういう「今だけを見ない」という姿勢は、翻訳者としても、同じ場所で立ち止まらないために、参考にすべき部分かなと。


そんなワタクシ、今年は、木原万莉子選手に注目しています。
2年前には、「病気を克服」ということばかりが話題に上った感がありますが、今年しみじみと海外試合の動画を拝見して、改めて「踊る選手だな」と思いました。
大田由希奈さんと同じ濵田門下生のようで、手先まで動きが美しいのはさもありなんという感じですが、大田さんを「優しい、流れるような美しさ」と表現するなら、木原選手は、未完成ではありますが「緩急のある強さを感じさせる美しさ」という感じで(まあ、視聴したのが「ブラックスワン」というのもあるかもしれませんが)、腕や手先の使い方が、どこか現役時代のミッシェル・クワンを思い出させます。

そんな彼女の、ジェフリー・バトル振付けの今季FP「ブラックスワン」の動画はコチラ。
http://skating.livedoor.biz/archives/51932589.html
失敗もあり決して得点はよくありませんが、腕の上げ下げや手先まで気を配っているなあということが分かるかと。

今年はNHK杯にエントリしているようです。
是非よい順位で終えて、これまた全然趣の違う、弾けるようなEXを見せてほしいものです。
2015.09.30 14:39 | フィギュアスケート(14-15 season~)  | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示