FC2ブログ
2015. 11. 19  
自分の精神状態を推し量るSignsとして・・・

ワタクシの場合は、

1 外出したくない
2 掃除が億劫
3 紙を破きたい衝動

が揃うと特にヤバいようです。
(うつと診断されたことはありません。時々「うつ傾向」はあると思います)

3の「紙(概ね大事なもの)を破きたい衝動」は、精神的に沸騰しかかっている時なので、(自分にとってはかなり大切なものを破きますのであとでかなり後悔しますが<しかしまだフィギュアスケート関連本を破いたことはない)破く行為によって、一時的に沈静化します。まあ、問題は何も解決しないわけなんですけど。「我に返る」て感じですかね。あくまでも自分的に、ですが。有難いことに、介護でテンパっていた時以来、今のところこの破壊衝動はありません。

1と2の「外出したくない」「掃除が億劫」病は、今年、おおむね腰痛と知人の訃報に関係して、何度かやってきました。痛みはQOLに大きく関係するなあとしみじみ実感した1年でした(今も慢性的に痛いのよ)。「外出したくない」ときに「外出しなければならない」場合は、ホント、がっくり疲れます。「掃除が億劫」は、仕事が忙しいとか身体がしんどいとかの理由でそうなる訳なんですが、ふだん「家の中はきっちりしておきたい」方なので、できないという状態が、またストレスになったりします。

というわけで、ワタクシ的には、1、2がやってきたら、仕事量を(当社比)微減して、「気持ちと身体の余裕」時間を取るようにしています。ええ、もう年なので。本当は、そういう状態が来ないよう、普段からガス抜きを心掛けていればよいのでしょうけど、ワタクシはどうもそういうのが下手らしく、なかなか上手くいきません。という訳で、せめてもの「My Signs」だけは見逃さないようにと気を付けています。

来週以降、検査(当社比ちょっと大きめ<あくまでも当社比)があったり、仕事以外の用事が続いたりしますので、今の状態を続けていてはヤバいと判断し、12月上旬まで、(ほぼ正直に自己申告して)緩めに仕事を調整しました。現在ワタクシの稼ぎだけで暮らしている我が家としては、それはそれでビミョーにストレスなのですが、たまったアレコレを片付け、だらっとし、年賀状は無理として、海外用クリスマスカードまではやっつけるのが目標です。でも、Sayoの場合、目標はだいたい達成できないと相場は決まっているのだった。


「前向きに積極的に」型ではなく、普段の隠者生活にそれなりに満足している非積極的なワタクシのような性格の人間は、「この状態になると自分は(身体的にも精神的にも)ヤバい(かもしれない)」という下限を知っておくことが大事なのかもしれないと思う今日この頃。いや、この先、まだまだ、今以上の「気持ちの底」を知ることがあるかもしれないんですけど。
NEXT Entry
「Being Mortal」 (Atul Gawande)
NEW Topics
JTFセミナー「文学作品を味わう」
One of 最上級 + 複数形と最悪について
オンライン勉強会・その後
「文芸翻訳のツボ&出版翻訳の現在」(越前敏弥)
「パンクチュエーションを読む・訳す」(深井裕美子)
「ニュース翻訳、基本のき」(松丸さとみ)
「ノンフィクション出版翻訳の素晴らしき世界」(児島修)
「辞書のつかいこなし2020」(高橋聡)
Comment
Re: タイトルなし
Akoronさま、まいどです~。

ご心配ありがとうございます。
大丈夫、というか今年は全体的に気分低下傾向の1年でしたので、低値安定という感じですね。
検査はもう本当にたいしたことないんですけど(たぶん)、西日本はそれが終わってからきちんと申込みしようと思っています。もう暫くお待ちくださいませね。

Akoronさんも、お母様を送られたあと、走り続けられたお疲れが出てきたのではありませんか。特に今年はJAT京都もあり、大変でしたものね。
生活のこともあり、長めの休業を取るのはなかなか難しいと思いますし、ワタクシのように長めの休業もそれはそれでストレスという性格かもしれませんので、兼合いが難しいとは思いますが、一度、思い切って、ご自分で「疲れがかなり取れた」と思えるところまで心身休ませてあげてくださいね。ワタクシも、来年は、(当社比)も少しメリハリつけて過ごしたいと思っています(・・・そして思っているだけで1年が終わったりするのだった・・・)

そうそう、真央ちゃん、今年は心から楽しそうに滑ってますよね(SP)。思い切っての長い休業も大事かもしれません(まあ、あっしら、真央ちゃんほどあとが長くねえですが)。某王子様は、もちろん背負うものも大きいですが、新たなチャレンジが楽しいときなのかもという気もしますので、今は意外にダイジョブなのかもしれません。でも、「楽しくない」と思えるときがきたら、色々しがらみはあるでしょうが、思い切って自分の思うとおりにしてほしいですね。贅沢と言われるかもしれませんが「楽しくない」という状態は、心が疲れ切っているサインだと私も思います。

そんなお気持ちの冴えないAkronさんには、止めを指しましぜ感満載の次の記事で、本当に申し訳ありません。
まずはNHK杯をプチにんじんに頑張ってくださいませ。NHK杯に合わせて発行される例のブツは、また回覧に回します。
Sayoさま
何だか不調のようですね。大丈夫ですか。
私も最近は何だか気分的に冴えませんでした(..;)。

周りに癌になったお友達がいて、やはりフリーランスなので病気以外にも色々な心配事が出てくるわけです。
また別のお友達も、一緒にいる時に具合が悪くなったりと、十分なヘルプが出来ない自分がもどかしくなったり、見送る側の辛さを思い出したり・・・
でも、人の支えとなるには、まずは自分が心身ともにしっかりとしないといけませんね。

私もどちらかというと心身そして部屋のカオス状態のサインを感じ取ってプチ休業を繰り返しているわけですが、来年はもっと定期的に「にんじん」や「休日」を取り入れたいと思っています。

あの真央ちゃんでさえ、今は毎週休養日を取っているそうではありませんか!そう考えると、羽生君も壁へのチャレンジばかりではなく、もっと人生を楽しむ時間があってもいいのかもしれません(←結局そこか、って(>.<))。

私も検査に行かないとね~・・。
そして、時間を少なくして収入を上げる夢の方法も考えないとね~(^_-)-☆

あは、年末までスケートの試合も続きますから、とりあえずはTV観戦で興奮・リラックスしましょう\(^o^)/ ご自愛くださいね♡
Re: タイトルなし
Tomokoさん、まいどです~。

一度苦しい思いをすればこそ、「次はそこまで行く前に」となるわけで、これも一種の「失敗から学ぶ」(いや、ワタクシの場合は学習能力が低いので、あまり学んでないんですけど・・・)ということなんでしょうね。tomokoさんの場合、「何をしても楽しく感じない」というのが、疲れの度合を測る1つの目安になりそうですね。
お互い「これは!(ヤバい)」というサインは見逃さないようにしたいですね(とかいって、さくっと見逃す詰めの甘いSayoなのだった)。
体調良くなってこられたようですが、お大事になさってください。
サインって大事ですね。なんせ自分では下降していることに気づかないものですから。。。私は今思えば「何をしても、たいして楽しくない」というのがサインだったような気がします。
疲れがとれた今はいろんなことが楽しく(思えるように)なりました。
Sayoさんもどうぞ心と身体のコンディションを整えてくださいね。
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Sayo

Author:Sayo
医療機器の和訳も9年目。
老眼腰痛、最近は膝痛とも闘いつつ
翻訳人生をまっとうしようと奮闘中。
この頃になってやっと翻訳の奥深さ・
難しさ・楽しさが分かってきたような。
記事は「翻訳一般」多め、ときどき読書感想文、本業(医療機器)やや少な目。
(2019年4月現在)

Counter
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR