屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。

半年間楽しませて貰った朝ドラも、いよいよ今週で終わりです。
ワタクシの中では、今のところ「カーネーション」が不動の1位ですが、最終回を待たずに「あさが来た」を2位認定したいと思います。
(「マッサン」もよかったのですけど、途中、無職のマッサンがだらだらするところで、何度となく(心の中で)蹴りを入れさせて頂いたので、そこのところを差し引かせて頂きましたです)

正直(あくまで個人的な感想ですが)、後半は前半ほど面白くはなかったような。訂正、「ワクワク感」が半減したような。
(ナレでどんどん日が経っていく場面も多く、ちょっと「追い立てられる感」を感じることもありました)
ドラマのストーリー的に面白いのは、やはり主人公の青年(青春というべき?)時代でしょうから、それは仕方のないことなのかもしれません。
和歌山の眉山一家や娘の千代ちゃんなど、あさちゃん以外の登場人物が中心となる話も多く、その分、あさちゃんの物語が多少薄まってしまった印象がありました。そんなわけで、大学設立の話が少し間延びしてしまったような(「まだその話やっとったんかーい」的な)。
その代わりというか何というか、脇の登場人物さんたちの生活や人生が丁寧に描かれ、個人的には、心に残る台詞は、後半の方がずっと多かったのでした。

今のところ、五代さまロスとも新次郎はんロスとも無縁なワタクシですが、ビミョーに、はつロスに陥りそうです。
はつ役の宮﨑さん、メークもよっこらしょっと立ち上がる仕草も、年相応にどんどん老けていって、見事でした。
決してあさちゃんの演技が下手という訳ではありません。ヒロインは、やっぱり「綺麗に老ける」ことも求められると思うのですね。「篤姫」の宮﨑さんは、最後までお綺麗でしたし。
その点、(準主役的立ち位置とはいえ)脇の演者は、「主役を立てる」ことを心掛けさえすれば、様々な点でもう少し自由に動けるのかもしれません。
はつさんの「静」があってこそ、あさちゃんの「動」も生きたのだと思います。といっても、芯の強いところは、やっぱり姉妹なんですけど。
はつさんの「笑って生きなあかんなあ」と、白蛇はんの「お釣りのくる人生やった」は、とても心に残る台詞でした。死ぬときにそう思えたら、人生冥利(という言葉はワシが創ったぜ)に尽きますなあ。

ほんで、新次郎はんです。
当初「遊び人のぼんぼん」的雰囲気アリアリでしたから、演者/演じ方によっては嫌われてもしょうがない役どころでしたが、玉木宏さんだったから、大成功したように思います(あくまでワタクシの感想ですが)。「粋」という言葉がぴったりな方でした。
話が進むにつれて、ついついゴツゴツしてしまうあさちゃんを「やらかく」包容し軌道修正する役回りとなり、五代さまが「比翼の鳥」と評しておられましたが、本当に、2人で一対という言葉がぴったりのご夫婦になりました(まあ、ドラマ的理想、の部分はありましょうが)。
その新次郎はんも、病に倒れ、最終回までに舞台から退場されそうな雰囲気です。
ワタクシも、そろそろ「連れ合いをなくす」ということが完全な他人事ではない年齢になってまいりまして、ついついあさちゃん夫婦を自分を同じ立場に置いて考えてしまい、涙なくしては見れない最終週でございます。

個人的には、千代旦那さん役の工藤阿須加クンが(昭和の少女漫画的出会いと再会も含め)なかなかにツボでありましたぞ。
2016.03.29 20:36 | 好きなもの・こと | トラックバック(-) | コメント(11) |

ヨシダヒロコさま、こちらでははじめまして~。おこし頂きありがとうございます!

ワタクシも、最近では、きちんと見たのは「カーネーション」「マッサン」「あさが来た」くらいですかね。
新次郎さんは、外から見ると理想の旦那さんでしたけど、自分ならしんどいかな~。旦那さんにするなら、覚醒(?)後の惣兵衛さんの方ですかね。まあ、それも、はつさんあっての覚醒なんですけど。
朝ドラで顔馴染みになると、(五代さんほど人気が出た方でなくても)別のドラマや番組でお姿を拝見して、「おお、こんなところで!」と思うことがあり、それも楽しみだったりします。
後半は、家族や夫婦の絆の話により焦点があたるようになり、あさちゃんの外での活躍の話が減ってしまったような気がします。生命保険の話もそんな感じでアッサリ流されたような? まあ、そちらの方が脚本の方の書きたいことだったかもしれないので、それはそれでいいのかなと。
ラストは、色々な取り方ができそうですね。最後に仲良い2人が見られてよいラストでしたが、個人的には少し長すぎかな~、と思ってしまいました。わりと「アッサリ」好きなんで。

「とと姉ちゃん」、お父さん1週間で亡くなってしまって「え?」(西島秀俊もったいなー)という感じでしたね(ちび3姉妹かわいかった)。今週から、ちびとと姉ちゃんから高畑さんにバトンタッチで、今週来週くらいは、「今後どうすっかな~」を決める週になりそうです。高畑さんは、わりと好きな俳優さんではあるんですけど。

2016.04.11 12:18 URL | Sayo@屋根裏 #- [ 編集 ]

Sayoさま、ブログがあるのは知っていたのですが、覗いてぱっと見てこの話題があったので。

わたしは最後まで見たのたぶん『マッサン』がはじめてなんですよ。それまであまり朝ドラに興味なくて、『花子とアン』には期待したんですけどアレだったし。

玉木宏も『のだめ』で好きだったし、現実にあれがダンナさんだったら単なる応援団?と思いますが、面白い役でした。目に見えて不器用な惣兵衛さんが見てて面白かったです。役者さん自身にも興味もてたし。

柄元佑さんの奥さんの安藤サクラさんは富山に舞台挨拶で来ていったことがあったし柄元さんは『鶴瓶の家族に乾杯』で最近金沢に来たし、弟さんはごく最近映画で観ました。というような楽しみが増えました。
原案の方が一生懸命調べ上げた本だそうですが、いつ読めるかなあ。生命保険の話は少なかったですね。

ラストは、あさが死んじゃったのかな?天国で仲良くとか……と取りました。『とと姉ちゃん』も優しいお父さんが1週で死んでしまって、大事だと思った人は生きてるうちに大事にしないとなあと。

また覗かせていただきます。


2016.04.10 23:38 URL | ヨシダヒロコ #yl2HcnkM [ 編集 ]

おおっ、猫先生、こっそりポストに気付いてくださいましたか!
最後に新次郎さんの人気がうなぎ登りだったし、「よかった」という声も多く、あれはあれでよかったのかなとも思いますが、個人的には、1つで満腹のデザートを3つ貰ってしまったような感じで(といいうか、たぶん、期待しすぎた<自分)、心を鬼にして「秀逸」認定はしませんでした(新次郎さんのキャラはよかったですけどね)。まあ、ワタクシの妄想もありがちですけど。
でも、全体としては猫先生の仰るようによいドラマだったと思います。半年間楽しかったです~。

2016.04.05 13:50 URL | Sayo@屋根裏 #- [ 編集 ]

Sayoさんにとっても不発でしたか。実は私もです。
確かにファンタジー濃すぎで、ドラマの中に入っていけませんでした。何の感動も残さずあっさりと終わってしまったカンジ(^^;) でも、あんな風にかる~く終わるのはあのドラマに合っているのかもしれません。全体的にはいいドラマでしたけど。

2016.04.05 09:31 URL | mariko(猫先生) #Xnq8k9Uo [ 編集 ]

「あさが来た」最終回のラストは、個人的にはファンタジー濃すぎる感があって少し不発でした(どこまでも心の冷たいヤツでスイマセン)。
そこで、そんなことをしている暇はないのですが、勝手に妄想してみました。
朝ドラをご覧になっておられない方は、スルーでお願い致します。

Sayo式「勝手に妄想・あさが来た最終回」ラスト2分

(あさ、話し終える。目を上げると、女達の輪の外に、新次郎が立っている<もちろん、若いときの新次郎さんで、巾着ぶんぶんやで。)
新:今日もようきばってはりますな
(あさ、一瞬驚いた顔をするが、すぐ笑顔になり)
あさ:そこにいてはったんだすか。若い人らと一緒にいてますと、つい、なあ
新:あさらしいなあ
あさ:へえ、まだまだ伝えたいことありますさかい
(女達の輪に目を移す。再び目を上げると新次郎の姿はない。
あさ、一瞬とまどうが、すぐまた笑顔になり、青空を仰ぐ。)
あさ:(独白)旦那様、これからも見守っとくなはれや

あさを上方から見下ろす形で、カメラが引いていく。
あさたちの姿がどんどん小さくなる。

主題歌(最終回は主題歌なしで開始、背景は回想シーン)
最後のシーンは縁側から2人で梅(だっけ?)の花を見ているシーン。
主題歌終わって、
白岡家の中庭。梅の木が大きく育ち満開。

完の文字、小さく。

ひつこいようですが、あくまでも妄想です。

2016.04.03 20:56 URL | Sayo@屋根裏 #- [ 編集 ]

Connyさん、まいどです~。
おお、あちこちに「あさが来た」ファンが。今はYou Tube等でも見られますが、NHKオンデマンドとかですか? 昔(20年近く前)は専用のDishを付けて日本語放送(NHK)を見るか、CableのインターナショナルCHの日本語放送の時間を待つかくらいでした(アメリカですけど)。逆に、海外のフィギュアスケートもライブで見られるようになったり、とホントよい時代になりましたね~。
あさちゃんのような奥さんだったからこその、新次郎さんって感じですよね。ワタクシはがつがつ行く方ではないので、たぶん無理。今頃、天国で巾着ぶん回しておられますかね。
友近さん(うめさん)は、今回の出演でまた芸域が広がりましたね~。個人的には平さんの「へい」の抜け具合も好きでした。千代ちゃんも大阪弁うまいなと思ったら、大阪出身なんですね。
泣いても笑ってもあと1日になりました。で、月曜日からは、とりあえず「とと姉ちゃん」暫く見てみようと思います。

2016.04.01 15:41 URL | Sayo@屋根裏 #- [ 編集 ]

おほほ、私も観てました。朝ドラ観たことなかったんですよ。でも面白いよって勧められて1話みたらはまって。前半は週単位で一気見し、後半は時差こそあれ毎朝1日の始まりとして(お化粧しなおしっていう日も多々あり)。来週からどうしようってちょっとパニくってます。

新次郎さんみたいな旦那さんいいなぁ。あくまでもドラマだからでしょうが、無甲斐性<包容力です。実際にあの方が旦那さんだったら翻訳者してられないでしょうけどね(収入低すぎ)。

で個人的に100点をあげたいのは「うめ」。あのテンポが何とも言えない。関西弁も最優秀。ファンになりました。

2016.04.01 14:37 URL | Conny #a4Z/FfFc [ 編集 ]

猫先生、まいどです~。
確か以前にも(FBでしたっけ)「ラストが秀逸」の話をしましたよね。
今日は、番頭さん加野屋去り際の「お母さんの後ろ姿を」のシーンがきっちり回収されてましたね。
あと2日、大事に見たいと思います。

2016.03.31 13:52 URL | Sayo@屋根裏 #- [ 編集 ]

そうそう!「カーネーション」も「マッサン」も最終回が秀逸でしたね。

朝見て、昼にもう1回見たいなあと思ったのは今までにこの2つだけだったので、「あさが来た」がそれに加わるかどうか、私も楽しみにしています。

2016.03.31 09:16 URL | mariko(猫先生) #Xnq8k9Uo [ 編集 ]

リスノさん、まいどです~。
寂しいですね~。
新次郎さん、魅力的でしたよね。玉木さんは、これまで「のだめ」て印象でしたけど(ファンの方、すいません)、朝ドラも代表作になりましたね。おはつさんは抑えた演技、本当にお上手でしたよね~。「カーネ-ション」も「マッサン」も、(あくまで個人的な感想ですが)最終回(の特にラスト)が秀逸だったんです。「あさが来た」がどう来るか、楽しみにしてます。

2016.03.30 13:54 URL | Sayo@屋根裏 #- [ 編集 ]

あと3回で終わりですね~。私はカーネーションを見ていませんし、それどころか今まで朝ドラを最後まで見続けられたことがないので、今回初めて初回から最終回まで見ることができる朝ドラになりそうです。個人的には新次郎さまとおはつの魅力が特に印象的でした。惣兵衛さんが亡くなったあとのおはつとか。。。

2016.03.30 13:12 URL | リスノ #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示