屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。

訳文作成時のバランス、のような。

どちらかだけに注力し(すぎ)てもきちんとした訳文は作れないなあ、という話です。自戒を込めて。

少し思うところあり、以前より「全体の流れ」に気を配るようになりました(配ってなかったんか~い!というツッコミはなしね)。論旨を明確にする、というか、「こうだからこうなる」という論理の流れを、読者が苦労せず読み取れるような訳文を作る努力をするというか。それは、ある意味「ラクに予測読みできる文章をつくる」ということではないかと、ある方の書かれたものを読んで思いました。そういう目で文章を眺めてみると、少し日本語を変えるだけでも、ラクにその先を予測できるようになる場合があるようなのです。そういう意味での「日本語として読みやすい」文章を求めて呻吟することが多くなりました。なかなか進歩はないんですけど、やはり、「意識する」ことで少しは変わってきます。

ところが。
ワタクシには、「ひとつのことに注力すると他のことがおろそかになる」という悪い癖がありまして。
「全体の流れ」を気にするあまり、読み取った内容を自然に「流れ」に合わせるのではなく、強引に合わせにいった結果、原形を少なからず歪めてしまっている場合があることに気付きました(「ちからわざ」と命名してみました)。その結果、「決して間違いとは言えないけれど、原文の英語ではそこまでは言っていない」的な訳になっていることがあります。

もちろん、すべては「原文の意味(意図)を正しく理解する」ことから始まるわけなのですが、その上で、文書の種類(とその文書特有の文体)や読みやすさを考えながら、原文の意味を離れず日本語としても読みやすい文章をつくるという、バランスを意識した作業は、苦しくも楽しく(まあ、納期ありますんで、おおむね「苦しい」方が勝ってますけど)、ここが自分の翻訳の原点だなあと思う今日この頃です。

今日も今日とて、役に立たない記事でスミマセン。
2016.06.09 00:01 | 翻訳 | トラックバック(-) | コメント(6) |

Buckeyeさま、
ありがとうございます。何よりの励ましの言葉です。
要領が悪いので時間は掛かると思いますが、トンネルの中で倒れて朽ち果てることのないよう頑張ります。

2016.06.17 20:46 URL | Sayo@屋根裏 #- [ 編集 ]

> 「ここが苦しみどき」かなあ

なんだと思います。トンネルの先をお楽しみに。

2016.06.17 18:23 URL | Buckeye #7O/DRPz2 [ 編集 ]

Buckeye様、再コメントありがとうございます。
(朝は始動が遅いのでお返事遅くなってすいません。
思わず正座して読んでしまいました^^;)。

私が翻訳する文書は、報告書、論文、ガイドライン(の一部)などが主なので、「予想をくつがえす展開」というのは基本なくて、その意味では、意味が取りやすく訳出しやすい(はずの)文書だと思います。そこに、ときに、一読して理解しづらい部分が混じることがあったのは、難解な(とはいっても論旨の流れはきちんとしているんですが)論文の細かい部分の読込みが不十分だったことに加え、私が、これまで「流れ」を意識することが少なかったせいもあると思います。全体の流れの重要さに注意を払っていなかったので、「読みづらいのは自分でも分かるが、では、何を意識してそこを直していけばいいかがよく分からない」という状態だったのだと。全体を意識する、ということを意識するだけで、だいぶ違ってきますね。

>「文脈に合わせて訳文を組みたてる」
http://buckeye.way-nifty.com/translator/2008/06/post_76cd.html

読ませて頂きました。特に最終2段落が、「これって、まさに私の弱点~」と思ってしまいました(恥)。
これまで、訳出→原文・訳文付き合わせて確認→訳文(日本語)のみで確認、というやり方をしていて、日本語の文章としてしっくりこないときは、「一応」英語を確認するけれど、基本日本語文章上で直す、ということをやってしまっていたのですよね。「意識はあくまで『原文と同じになるように』」より「読みやすい日本語になるように」を優先していた感じです。
これを、原文に戻って前後もしっかり読む、という風に心掛けると、結構時間がかかってしまい、現在、全体的な処理速度という点で考えれば、以前より多少落ちているのですが(細かいデータはとっていません、週間、月間の処理枚数からの体感ですが)、「ここが苦しみどき」かなあとも思っています。

最近、「そこが目指したかったところだ」と思いつつ、「そこに傾注してよいのか」という多少の迷いもありました。
そんなときにコメント頂けて大変嬉しかったです。ありがとうございました。
(もちろん、「そこだけ」に傾注するのもダメで、まだまだ環境整備できる部分もたくさんあるのですけど・・・)

2016.06.17 11:38 URL | Sayo@屋根裏 #- [ 編集 ]

> 意識的に予想しにくく書かれている原文であれば、著者の意図を汲んで、
> 大事な情報は後出しにするように工夫しなければならないこともある

はい、我々がしているのは翻訳ですから。原文が予想しにくく書かれているときは著者になにか意図があるはず。予想を裏切る形で目を引くというのもよく使われる手段ですよね。そういうところは訳文でも予想しにくくしたり、予想を裏切る形にします。まあ、予想を裏切る形というのは、そのすぐあとに種明かし的なことが登場して、ああ、予想を裏切られたんだとわかることが多く、翻訳で変なことをする心配は少ないと思いますが。

> そこを意識しすぎると、「読みやすい文章になるように合わせにいく」
> ということをやってしまいがちなので

というわけで、意識はあくまで「原文と同じになるように」。

するすると予想ができて、するすると予想どおりに展開する原文になっているのか否かを読み取り、なっている部分については訳文もするすると予想できて予想どおり流れるようにするわけです。

ちなみに、最初のコメントでも書きましたが、原文のほとんどはそうなっている「はず」です。ほぼ全体がするする流れるからこそ、予想しにくい箇所や予想を裏切る箇所がその効果を発揮するわけですから。そこそこまとまった文書全体が予想しにくい書き方、予想を裏切る書き方ばかりだったら、それは単なる悪文です。蛇足を書いてしまうと、展開とか文脈とかに注意していないと、訳文がこうなってしまいます。原文ならすらすら読めるのに、訳文だとどうにもわかりずらいというやつです。

というのも、言うは易く行うは難しなんですよね。99%がするする流れるとき、1%だけ混じっているポイントを見逃さずとらえられるのか。

> 前文の語尾、読点、接続詞の用い方に気を配るだけでも、
> 予想が楽になるようだ

ですね。展開とか文脈とか抽象的に言ってますが、具体的になにをするかと言えば、まずはこのあたりです。前からなにをどう受け取り、次になにをどう渡すのか。そういう意識があると訳文は一変します。(訳出の難度も一気に上がりますが^^;)

「文脈に合わせて訳文を組みたてる」
http://buckeye.way-nifty.com/translator/2008/06/post_76cd.html

そこから先に行くと、今度は、言語の特性によって出現の順番が変化してしまう部分をどうするかで悩ましい領域に入ってきます。あちらを立てればこちらが立たないが増えていくんです。『翻訳のレッスン』にもよく出てきた「バランスを取る」というのは、このあたりの話になります。

2016.06.17 07:00 URL | Buckeye #Hmiazt/M [ 編集 ]

Buckeye様、コメントありがとうございます。
(大先輩からのコメントなので、いささか緊張しております)

>無意識の予想

そうなのです。話の展開もそうですが、前文の語尾、読点、接続詞の用い方に気を配るだけでも、予想が楽になるようだということを、この頃初めて意識するようになりました(私は今、少し畑違いの通信講座を受けておりまして、その先生の講評に助けられてそのことに気づいたというのが事実でして、決して自分でそこに辿り着いたわけではないんですが)。
ただ、私の場合、記事でも書いたように、そこを意識しすぎると、「読みやすい文章になるように合わせにいく」ということをやってしまいがちなので、自分の弱点は肝に銘じて精進していかないかんなあと思っています。

>言うは易く行うは難し、で、なかなかうまくできませんけど

最近、図書館でBuckeyeさん始め何人かの方の訳書を斜め読みする(斜め読みでスイマセン)機会がありました。Buckeyeさんの訳書はとても読みやすい文章でした(と個人的には思いました)。予測読みがしやすいように仕上げられていたせいもあるのではと思います。「原文が透けて見えない訳文」という言葉を時々耳にしますが、これには、日本語としてきちんと先が予想しやすい文章になっているという意味も含まれているのかも、と最近思うようになりました。

でも、意識的に予想しにくく書かれている原文であれば、著者の意図を汲んで、大事な情報は後出しにするように工夫しなければならないこともある、というようなことが「翻訳のレッスン」の中にも書かれていて(確か、深井さんがこのようなことを仰っておられたかと)、ナルホドな~と思いました。
翻訳は考えるほどに奥が深いです。

2016.06.16 22:06 URL | Sayo@屋根裏 #- [ 編集 ]

文章というのは、頭から読んでくるものです。途中まで読んだとき、みんな無意識のうちにその先に何があるかを予想しているのですが、その無意識の予想を意識的に行い、予想通りに展開するような文章にしてあげるのが、読者に対して一番親切ということになります(これが、私がときどき言う「高速道路のような文章の展開」です)。

上記は、12年前、とあるメーリングリストに書いた言葉です。このときは訳文についての議論をしているときだったのでこういう書き方になっていますが、原文も同じで、きちんと書かれていれば、基本的に、予想通りに展開するような文章になっています。だから、訳文も、同じように、予想通りに展開するような文章にしてあげなきゃいけないんだと思います。

言うは易く行うは難し、で、なかなかうまくできませんけど。

2016.06.16 21:11 URL | Buckeye #Hmiazt/M [ 編集 ]













管理者にだけ表示