屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。

「文章添削の教科書」(渡辺知明、芸術新聞社)

音読了。

翻訳者として参考になる部分も多々ありましたが、翻訳者だからこそ気をつけなければ、と再度自戒した部分もありました。
全体としては、興味深く読みました。

最初に、添削の目標として、正しく(文章の内容と形式を正しく整える)、わかりやすく、切れ味よく(正確な論理構成を基本とする、対象がくっきり浮かび上がる表現を用いる)、ふさわしく(各文章独自の性質に応じた添削を行う)、の4点が挙げられます。
次に、そうした添削を行う際の原則として、「原文を正確に読む」「書き手の表現意図を読みとる」「書き手の意図にしたがう方向で直す」の3点が。

訳文の推敲は一種の添削と言えるかなと思いますので、上の目標や原則は翻訳にも当てはまるかと思います。
とはいえ。
原則で言及されている「原文」はあくまで日本語の原文であるのに対し、翻訳では推敲対象とする原文(=訳文)の前にさらにその訳文が拠って立つ原文が存在する訳で。
本書の添削のやり方をそのまま適用すると、原文を離れた「勝手自己添削(推敲)」になってしまう恐れもあると思います。
(て、ワシがエラそーに言うまでもなく、自明の理かなとも思いますが・・・)
その点を忘れない限り、本書には、客観的な立場から自分の訳文を読む力を養い、推敲力を高める手助けとなりそうなことが、いくつも書かれています(と思います)。

たとえば、
文の組立ての基本や、文のテーマの展開の仕方の考え方。
音読と黙読の違いと音読の勧め。
テン(、)の打ち方。
対話しながら(自分で質問しながら)読むというやり方。
新聞見出しの文章化という添削力強化法。

また、(当然といえば当然なのですが)「他人の書いた文章を添削する」という視点で書かれているので、全体が「客観的に自分の訳文を読む」助けになるかなとも思います。

添削例の記載が多いのも本書の特徴かなと思いますが、そうした例示の中には、ひとつの文を2文に分ける、2つ以上の文をひとつの文に結合する、語句を補う、削除する、などの添削例が頻繁に登場します。
該当する添削例の原文をわかりやすいものにする、という点では最良の添削なのかもしれませんが、翻訳者としては、そうした推敲には注意しなければいけないよな、と思います。
(・・・またまた、当たり前か・・・)
極端な場合、助詞ひとつ入れるか入れないかで微妙なニュアンスが変わってしまったりするわけで、特に、切る、繋ぐ、足す、消すについては、常に「原文にはそう書かれているのか」「その変更は原著者の意図と合致するか」と自分に問いかけながら推敲作業(訳出もそうですが)を進めていかなければいけないよな、と改めて自戒した夏の午後です。暑いわ~。

これからも、できる限り、「そうなのか?」と自問する翻訳を求めていきたいです。
2016.08.12 15:19 | 辞書・参考書 | トラックバック(-) | コメント(3) |

コメント確認を拝見しました。
今後もハンドブックとして、
お手元に置いてご活用下さい。
では、また。

2016.10.10 23:18 URL | 渡辺知明 #- [ 編集 ]

渡辺様、

著者の方からコメントを頂き、吃驚致しました。

翻訳者という立場からは、正直、すべてをそのまま当てはめることは難しいと感じましたが、自分の立ち位置を忘れないようにする限り、役に立つことがたくさん書かれていたと思います(付箋だらけにさせて頂きました)。これからも、ときどき読み返して参考にさせて頂きたいと思っております。
取りあえず、新聞見出しの文章化を毎日1題ずつやっています。

2016.08.31 23:08 URL | Sayo@屋根裏 #- [ 編集 ]

著者です。今、発見しました。
ご丁寧なご感想ありがとうございます。
ここまで読んでくださると本望です。
また、お気づきの点がありましたら、
ぜひお知らせください。

2016.08.31 22:13 URL | 渡辺知明 #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示