屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。

「翻訳のレッスン」、やっと一巡です。

具体的な資料や辞書、日本語力を高める練習例などが示されている箇所もありますが、この本は、やはり「基本的な考え方を示す」ことを第一義の目的として書かれた本であるような気がします。それを、自分の中にどう取り込みどう活かすかは読み手に任されるわけで、その意味で怖い本だなとも感じます。

最後のトーク紙上再現の部分に、日本語で書いたら自然な文章が書けるのに、訳文になるとそれができない(翻訳者が一定数いる)、ということが書かれていて(表現はこのとおりではありませんが)、「自分にもそういうところあるよなあ」と、ちょっと考え込んでしまいました。

必ず音読確認をするようになってから、そう考えることが増えました。
これまでずっと、「分かりやすい日本語」を心掛けながら、仕事をしてきた積もりだったんですけど。

というわけで、ちょうど仕事も家うちのこともオリンピックも一段落しましたので、改めて「分かりやすい」について考えてみました。

ワタクシの場合は、「誰にとってどう分かりやすいのか」の部分が少し曖昧だったような気がします。「誰にとって」はもちろん「読み手」には違いないのですが、たいていは「原文(英語)を読んでいない、その分野の専門家」です(ワタクシの仕事では、てことですが)。「分かりやすい」は、決して平易ということではありません。だって、ワタクシより知識も経験も豊富な方々を対象とした専門的な内容の文章なわけですから。そういう、知識はあるけれど英文は読んでいない方々が一読して無理なく理解できる文章が、ワタクシの仕事での「分かりやすい」文章になるのかなと思います。

ワタクシはこれまで、「原文を知らない専門家が一読して理解できる」という部分について、あまりきちんと考えたことがなかったような気がします。
自分は、英語を読んで理解して訳文を作っているので、自分の書いた文の内容は、黙読でざっと読んでも、それなりに理解できるのですね。それが、少し時間を置いて音読すると、「あれ?」と思うことが結構あるのです。「今読んだとこ、自分でも何かよう分からんかった」

そうは言っても、読みにくいからと、原文に書かれていないことを盛り込んだり、逆に書かれている情報を省略したり、ということは、翻訳者としてはやってはいけないことなわけで。原文の意味は変えず、表現や語順を変えたりして「日本語として読みやすい」文章にするのは、意識的にやるとなかなか難しいものです(少なくともワタクシにとっては)。ノンフィクション講座では、考えすぎて逆に視野狭窄に陥って、先生に「考えすぎましたかね」と言われてしまったこともあり、安定して良訳を出せるのは、まだ先のようです。

話が逸れてしまった感がありますが、「訳文では自然な文章が書けない」の一因として、「自分は原文を分かった上で訳しているけれど、読者は日本語訳がすべてなのだ」ということをきちんと意識しない、ということがあるのかな、とふと思ったのです。自分は、すでに英語で内容が理解できているので、多少おかしな文章であっても、とさらっと流せてしまうというか。まあ、これは、自分で書く日本語の文章にも言えるわけなので、「一因」と言うのも言い過ぎかもしれません。

訳文を見直す際は「時間を置いて読み直せ」とよく言われますが、それは訳者モードから読者モードにシフトして「(日本語しか読んでいない)読み手の立場に立て」ということなのですね。「大切よね」とは思っていましたが、「なぜ大切か」の部分をこうやって突き詰めてみたことはなかったかも。あ、これも、「翻訳のレッスン」に書いてあったかな(うっすら記憶が・・・)。でも、自力で辿り着いたので許してね。

とはいえ、そういう読み方をするためには、それまでに、「(文章としてはどうあれ)原文の情報と訳文の情報は等価である」ということがきちんと確認できていなければならないわけで、やっぱり、考えるほどに、翻訳は難しいです。でも止められない悲しい体質のようです。
2016.08.24 00:02 | 翻訳 | トラックバック(-) | コメント(6) |

ヨシダヒロコさん、まいどです~。
早く体調が安定するとよいですね。
広島はたぶん同じ勉強会に出席予定です(まだ確定してませんが)。翻訳祭はびみょーです・・・なので、たぶん広島でお会いできますね。

2016.09.01 16:45 URL | Sayo@屋根裏 #- [ 編集 ]

Sayoさん、お気遣いありがとうございます。

体調は振り返れば一昨年くらいからのもので、漢方が効かなくなった感じで採血もしましたがはかばかしい結果は出ていません。とりあえず様子見です。

話は違いますが、10月の広島ついでにお近くによる予定があり(前回粉もの食べ損ねたし)、翻訳祭も考え中です。どれも体調次第なのが悩ましいですが…

2016.09.01 14:57 URL | ヨシダヒロコ #lMBqkpAs [ 編集 ]

ヨシダヒロコさん、まいどです~。

勉強してる積もりですが、上達が見えないのが哀しいですー。
でも、凡人は、亀の歩みでも、とにかく「やること」が大事なんだわ~、と思うようにしています。

とはいえ、この暑さですもの、体調崩すこともありますよね。
ワタクシも、ぼーっとするときは、本当にぼーっとしてますよ。
お大事になさって、ぼちぼち浮上してください。

この頃になってやっと「何かおかしい」ときは、「原文をきちんと理解できていなくて、正しいイメージが描けていない」らしい、ということが何となく分かってきました。とりあえず、それだけでも進歩かな。じゃあ、どうするか、というところで悩むこともまだまだ多いので、それに関わる部分(日本語を書く力と調べものの取っ掛かりにできる専門分野の基本知識)はこれからもっともっと鍛えていかなあかんなと(←今このへん)。

季節もやっと少し秋めいてきましたし、身体もいたわりながら、あせらずぼちぼち参りましょう。

2016.08.31 23:05 URL | Sayo@屋根裏 #- [ 編集 ]

こんにちはー。

毎度勉強してらしてすごいなと思いますが。わたしは1ヶ月休んでいて、本が全般的に読めてません。一昨日とか昨日はマンガと写真集でした。

で、和訳の話ですが、20代の頃に頼まれてギターの多少メカニックなことを訳したことがあります。なんかボロボロだったらしく、師匠に「原文の意味分かってる?」見たいに言われ、たしか「日本語で意味が分からなければ誤訳がある」みたいに言われました。

Sayoさんのエントリ読んでて、わたしも例えば『日本語の作文技術』にあったような感じで語順を入れ替えることがあります。しばらく置くとアラが見えてくることありますね。で、それ以上のことはどうするかのところで今止まっています。せめてケアレスミスはなくしたいんだけど、今ツールを入れてる気力ない、と。

もう少ししたらいろいろ手を付けたいです。

2016.08.31 21:41 URL | ヨシダヒロコ #lMBqkpAs [ 編集 ]

みかんさん、まいどです~(みかんxみかんさん、だよね?)

そうなんですか!
「良訳とは」を突き詰めていくと、結局、そういう意識を持って翻訳するか否かが大事、ということになってくるんでしょうか。この先は、そういう意識を持ちながら、訳文の文章の質を上げていくにはどうしたらいいか、という具体的な訓練方法についても考えていかないといけないな~、と思います。あんまり壮大すぎて、途中で力尽きそうや(勉強会では、その点のヒントも得られるかも、ですね)。

ブログって、あの勉強会のブログのことでしょうか。みかんさんも色々大変と思いますが、そうやって、色々読んだり勉強したり、ということが、きっと役に立っていると思いますよ-。頑張ってくださいませ~。
(>お代はXXXにてΨ( `▽´ )Ψ のXXXの3文字が気になってます)

2016.08.25 20:41 URL | Sayo@屋根裏 #- [ 編集 ]

シンクロ! 山岡洋一先生の「翻訳とは何か」を再読中ですが、そちらでは英文和訳と比較することで、「読者は日本語訳がすべて」という点を説明してありました。

英文和訳:読者は原文を読んでいる英語教師
翻訳:読者はにとっては翻訳の日本語が原文の意味にアクセスする唯一の手段

翻訳は難しい。でもって、文章で思いを伝えることも非常に難しい。

山岡先生の本の再読は、ブログのネタ探しのためです。Sayoさん、私に代わってブログ書いてください。もちろん、タダとは言いません~ お代はXXXにてΨ( `▽´ )Ψ

2016.08.25 19:10 URL | みかん #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示