屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。

音読についての記事を書くにあたり、
(そんなたいした記事ではありませんが)
やっぱり、発音を迂回して通ることはできないかな~と思いまして。

巷には「発音は大事」という声があります。
そしてまた「発音はさして重要ではない」という声もそこここに。

・・・って、いったいどっちやね~ん!!


個人的には「大事なんちゃうか」と思いますけれど、
(きちんとした発音を身に付けることが前提ですが)
これだけ多くの意見があるということは、
これはもう「発音」を英語学習のどこに位置付けるかという
発音価値観の問題じゃないんかい、と思ったりも致します。

もしも、目の前に魔法使いが現れ、
「ネイティブ同様の発音ができるようにしてあげよう。ただし、いくら努力しても適切な英語で自分の意見を過不足なく述べる能力を身に付けることはできないだろう」と「どう頑張っても日本人カタカナ英語から抜け出すことはできない。ただしその代償として、自分の意見を正しく英語で述べる豊かな語彙とspeaking能力を与えよう」
という究極の2択を迫ってきたら・・・
私は後者を選ぶと思うのです。

まずは、英語で過不足なく(に近く)自分の意見を述べることが一番大切で、
それを容易にする手段のひとつに
「正しい(に近い)発音」があるのではないかと。

日本語の音と英語の音は大きく違うと思うので、
「きちんとした」とか「正しい」とか書きましたが、
「じゃあ、正しいってどんな?」
と言われると、どう説明してよいか分からない。
自分も「カンペキ!」な発音にはほど遠いですし。

てことで、経験談を記しておきます。
多少の参考になれば。


特に中高と発音記号に基づく英語発音訓練(?)に慣れ親しみ、その発音に凝り固まってしまったSayoとしては(Sayoの在籍した中高&地域に特異的かもしれませんが、同世代の方々は、多少なりとも、一生懸命発音記号を書き写した経験がおありではないかと)、耳から正しい発音を取り入れるのは至難の業です(確かに「r」は舌を巻けとか「th」音は舌を噛めとかは習いましたけどね)。

そんなSayoの目からウロコを落としてくれたのは、
「発音記号を正しく発音する」という訓練でした。
(正確な表現ではないかもしれませんが、ニュアンス的にはそんな感じ)

滞米時に、Continuing Education(生涯学習)のPronunciationのクラスを取った時のこと。
それは、先生に”good”と言って貰えるまで、
ただひたすらtargetの母音(と一部子音もあり)の発音を繰り返すという、
それはもう退屈極まりないクラスだったのですが、
テキストに書かれた「この音はこう発音するのよ」という説明が
まさに包丁の背だったのです
(←ウロコを取る<って誰にも受けてない寒いおやじギャグだし<自分)。

たとえば、Stop (stάp)、hospital (hɑ'spitl)などの「ɑ'」は「口を大きくアの形に開いた状態でオというつもりで声を出す」、Have (hæ'v <文字化けしたらスイマセン、aとeをくっつけたようなあの記号です)のæ'は「超高速でエアを続けて発音する」といった具合。
子音であれば「sh」音は唇に指を当てて「シーッ」と言う時の音、「s」音は「シ」ではなく「スイッ」(sitとshitの発音を一緒くたにしてしまうと、ある意味とてもキケンです<特に女性)。

実際、このクラスを取ってから、
アヤしい英文でも理解して貰える頻度が高くなり、
何より、自分も自信を持って発音できるようになったような気がします。

発音記号を頭の中で一度正しい発音に変換してから声に出す(という作業を無意識のうちにやっていると思う)このやり方は、Phonicsとは違うような気もするし、よいのか悪いのか、正しいのかそうでないのかさえ分からないのですが、少なくとも、ある程度納得できないと前に進めない性格の自分にはあっていたと思います。発音記号に慣れた英語学習者の方には一定の効果があるのではないかと。

で、その問題の目からウロコのテキストなんですが。
実は、帰国のどさくさで行方不明になってしまいましたことを、
この場を借りて白状させて頂きます
(大事なテキストちゃうんかい<自分)
Text come ba~~~ck!!


SayoのBackgroundについては「はじめに」カテゴリの記事をご参照ください。
2011.04.20 22:28 | 英語 | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示