屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。

「復讐法廷」(ヘンリー・デンカー/中野圭二訳、1984年)
(Outrage by Henry Denker, 1982)

昨年2月、田村正和さん主演でドラマ化されるにあたり、本棚の奥から救出したものの、同時救出した「アナスタシア・シンドローム」を先に手にとってしまった結果、再読の機会を逸し、その後1年以上放置した、という不幸度ハンパない可哀想な書籍です。その原因のひとつは文字のポイント数です(キッパリ)。昔の文庫本は老眼には辛いわ~。

ドラマは結局見なかったので、先日あらすじ(ネタバレ含む)を読んできましたが、「基本設定だけ貰いました」的な内容になっていたような気がします。まあ、米国と日本では法体系も違うし、同じように話を進めるわけにはいかなかったと思いますが、逆転無罪の証拠が「そ、それですか」というガッカリ感半端なく、もう少し内容を練って頂きたかったな、というのがストーリーについての正直な感想です。

さて、本書。
帯には「推理作家協会会員アンケートによる84年度ミステリーベスト1」と書かれていますし、確か、旧版の「東西ミステリーベスト100」にも掲載されていたと記憶しています。

とはいえ。
30年以上前に発行された書籍ですから、とうに廃版になっているに違いないと思っていたら、2009年に再版されてるんですね。Amazonさんで新版が入手可能です。

本書は、善良なNY市民であるデニス・リオーダンが州外で拳銃を購入する、という不穏な場面から始まります。リオーダンはその拳銃でクリータス・ジョンソンを射殺し、その足で自首すると、「人を殺したので裁判にかけてくれ」と言い張ります。そのリオーダンの弁護を担当することになるのが、少壮弁護士のベン・ゴードン、本書のもう1人の主人公です。
ジョンソンはリオーダンの娘アグネスを強姦殺人したのですが、法体系の不備が原因で証拠が採用されず、ジョンソンは無罪となり、ショックを受けたリオーダンの妻もほどなく亡くなってしまいます。だから「自分で手を下し、自ら証言台に立って、市民を守ってくれないこんな法律はおかしいと訴えるのだ」というのがリオーダンの言い分で、自分が無罪になるかどうかについては全く関心がありません。証拠はそろい、本人の自白もあります。そんな状況で、ベンは、リオーダンを弁護し、無罪を勝ち取らなくてはなりません。さらに言えば、リオーダンとベンは白人、被害者ジョンソンと検事クルーは黒人ということで、陪審員選びの段階から、人種問題が裁判に色濃く影を落とします。

話は主にベンの視点から語られますが、ときどき、陪審員の視点に移ります。

ベンは、「アグネスを殺害したジョンソンが法手続上の理由で無罪になったために、リオーダンは凶行に及んだ」と主張しようとするのですが、それは裁判所も心の中では「おかしい」と認めている法体系の不備を暴くことにもなるため、なかなか上手くいきません。ついに、ベンは、奥の手として、ある人物を証人として召還します。

くらいで、あらすじは止めておきます。
「不備」の説明が難しいというのもあるのですが、「そ、それですか」ではなく「そ、そうきたか」という判決に至る話は、やはり、自分で読んでカタルシスを味わって頂きたいなと。ベンは、いつも、偉大な先輩でもあった「ハリー叔父さん(故人)」を引合いに出し、「叔父さんならこうする」「叔父さんならどうするか」とやっていたのですが、恋人の言葉をきっかけに、「自分ならどうするか」を考え始めます。その第一歩が「奥の手証人の召喚」です。というわけで、本書は、基本リーガル・サスペンスではありますが、同時に若者の成長物語でもあります。

米国の陪審員制度も垣間見ることができ、陪審員選びや判決に至る協議など、とても興味深く読みました(蛇足ですが、我が国の裁判員制度については、夏樹静子さんが「てのひらのメモ」という秀作を書いておられます<あくまで個人的感想です)。

本文とは関係ありませんが、本書には「褐色砂岩(たぶんblownstoneの訳語)」という言葉が出てきます。私が「褐色砂岩」に始めて遭遇したのは、たぶん、ラドラムの「暗殺者」(ジェイソン・ボーンシリーズの1作目)。今でこそ、Googleで調べれば、それがどんな色調の石なのか、どんな建物に使われているのかといったことがすぐに分かりますが、当時(1980年前後)は、特に米国東部の建物に特有の建材らしい、ということくらいしか分からず、海外への興味を掻き立てられたものです。

海外が身近になった今、読者の翻訳書の受け取り方も昔とは変わってきているはずで、別の方が現代の読者に合わせて翻訳されたら、また少し違ったものができあがるのかもしれません(←このあたりはフと感じたことなので、あまり深く追求しないでやってくださいまし)。でも、私は、何というか、昭和の匂いが漂う中野圭二さん訳、結構好きだったりします。

初版の表紙は、(おそらく)リオーダンの肖像だと思いますが、新版では表紙は槌に変わっています。表紙は新版の方がシンプルで好きですね。ただ、「復讐法廷」という邦題はどうだろう。確かにインパクトはありますが、ちょっと、リオーダンの気持ちをきちんと表していないんじゃないかなあという気もします。

てことで。
気になった方はAmazonさんへ。
2016.10.27 23:01 | 和書・洋書 | トラックバック(-) | コメント(4) |

ヨシダヒロコさん、ありがとうございます。
「犯罪」、Amazonでも一番レビューが多かった単行本ですね。気をつけておきます。
週末にかけて寒くなってくるようなので、ヨシダヒロコさんも、どうぞお身体ご自愛くださいませ。

2016.10.31 20:50 URL | Sayo@屋根裏 #- [ 編集 ]

Sayoさん、ありがとうございます。

仕事はしてますがやることに穴があります……。

急に寒いので何着ていいか分かんないですね。どうぞお気をつけて。そう、シーラッハは何冊かありますが、『犯罪』の最初の作品はインパクト強いですよ。

2016.10.31 19:23 URL | ヨシダヒロコ #lMBqkpAs [ 編集 ]

ヨシダヒロコさん、まいどです~。
お身体の調子は如何ですか。

お名前を挙げてくださったシーラッハ、Amazonで見てみましたら、文庫も含めて何冊か出てますね。
積読ばかりで先になるかもしれませんが、図書館で探してみます。

法律制度は国によって差があり、その部分が小説にも色濃く反映されるのかなと思います。ドイツの制度は分からないですが、米国は、陪審員制度のために、題材として取り上げやすい部分があるのかもしれないですね。

2016.10.31 18:00 URL | Sayo@屋根裏 #- [ 編集 ]

Sayoさん、しばらくぶりです。

リーガルもの、読んだことあると思うんですがすぐに出てきません。嫌いじゃないですけどね。
春にミステリー読書会でシーラッハを読んだら、ドイツの制度は色々違うのだなと思いました。弁護士、ナチスの末裔でその出自に悩んでいる、という作家です。

今回読まれたのとは毛色が違うと思いますけど、温かい感じの作風です。

2016.10.31 16:13 URL | ヨシダヒロコ #lMBqkpAs [ 編集 ]













管理者にだけ表示