屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。


これは「ながらリスニング」と違って、そのための時間を取らなければならないので、できない日もありますし、3分だけという日もありますが、だいたい350日/年くらいはやっているかな、と。 始めたのは「ながらリスニング」とほぼ同時期なので、こちらも、もう10年超(年取ったわ~)。もはや、「やらないと何だか気持ち悪い」習慣化してしまっているようです。

音読のための本は図書館から借りていましたので(←当時はまだアメリカ在住)、投資額はゼロ。金の亡者Sayoとしては、これ以上の勉強方法はないではありませんか。

最初は、
1.英語の喋り出しを容易にする(口に英語を覚えさせるという感じ?)
2.英会話で使えそうな表現を増やす
ために始めたので、小説を中心に音読していたのですが
(例によって馴染みのあるSidney Sheldonさんなどから開始です)

今は、
英会話のためというのも、もちろんありますけれど、
1.もしかしたら、ある日英訳に使える表現があるかも
2.動詞とともに使用される前置詞/副詞がスンナリ選択できるかも and
3.あわよくば、医薬を中心とするScience分野の語彙が増やせるかも
という点に重点を置いていますので、
以前アマゾンで洋書 & その後でも言及した
“The Best American Science Writing”
シリーズを中心に音読しています。
前年に各種雑誌/新聞に掲載された記事の選りすぐりなので、
しっかりした英語で書かれているんじゃないかと
(勝手に)思ったりするわけです。

このシリーズには、以前は物理化学、自然現象に関する記事も含まれていたのですが、新たに“The Best American Science Nature Writing”分野が創設されてからは、Science Writingの方はほぼ医薬(心理学含む)の内容になりましたので、個人的には興味の湧く記事が多くなって嬉しいです。
”Best American”には、他にSports、Essays、Mysteries、Short Storiesなどの分野もあるようです。

上でも書きました通り、選者が前年に各種雑誌/新聞に掲載された記事の中からBestと思われるものを選んだ選集なのですが、専門雑誌の論文ではなく、一般雑誌(たとえばTimesなど)掲載の、その種の記事に興味のあるLaymenを対象とした文章なので、むつかしい化学物質/薬剤/疾患名も登場しますが、文章としては難しいものではなく、文意は取りやすいと思います(一度”The Best American Essays”も試したことがありますが、個人的には、そちらの文章の方が難しく感じました)。

「音読やってみよう!」と思われる方がもしおられましたら、
やはり自分の興味のある分野の書籍や記事から始められるのがよいのかなと。
実は熱くフィギュアスケートを語るおばさんであるSayoも、
フィギュアスケート関連の記事や書籍ばかり読んでいた時期があります。
(読むのも楽し♪)

で。
音読のやり方ですが。

全然辞書を引かないで読む、
とにかく辞書を引きまくり発音を確認しながら読む
等々色々試行錯誤しましたが・・・

今は、「文意の理解に不可欠」だったり「どうしても読めない」だったり「発音してみたが何だかおかしい」だったりする場合のみ辞書を引くというやり方に落ち着いています。
あまり辞書を引きまくるのもやる気が殺がれますし、かといって、辞書引きなしも、あとで滅茶苦茶な自己流発音であることが分かって愕然としたりすることもありますので、自分としては、この辺りがちょうどいいのかなと。
固有名詞(難しそうな名前や細かな地名など)は・・・読みません(きっぱり<チェルノブイリとか、英会話のレッスンでも出てきそうな単語は、ちゃんと調べますけど<で、カタカナ発音と全然違ってて愕然としたりする)。

で、肝心の、
「ソレは翻訳の役に立っているのか」
ですが。
何度か書いてきましたが、実感としては、ごくたまに多分。
でも。
専門分野なし、PC恐る恐る(のめるとパニック)、ソフトあまり使いこなせず(ご機嫌悪くなるとパニック)で、「ちょっと大きな声で言ってもいいかしらん」なことと言えば、相手(というのはエンドクライアントさんと翻訳会社さんの両方ということですが)の存在を念頭に置いて丁寧に仕事をすることくらいの、「翻訳者」を名乗ることにいつまでも今イチ自信の持てない私に、10年間に音読した英文たちが、「でも、コレだけの英文を読んできたし」と何がしかの自信を与えてくれているのは、紛れもない事実なのです。


SayoのBackgroundについては「はじめに」カテゴリの記事をご参照ください。
2011.04.23 12:24 | 英語 | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示