屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。

ここしばらく、私は「日本語として読みやすい訳文」をつくることに腐心してきた。
まだまだ先は長いが、「日本語らしい文章」という点を評価ポイントとするなら、1年前の訳文と比べて多少の成果は出ているような気がする(ほんに多少ですが)。

だが、このところ、「読者に文意を正しく伝えられるように」ばかりを意識するあまり、リライトの領域まで足を踏み入れていないかということが気になり始めた。
ひとつのところに意識がいくと他が疎かになるのは私の悪い癖だ。
(蛇足ですが、「行き過ぎていないか」を意識するきっかけとなったのは、初対面の先輩方が多かった同業者新年会でした。しみじみ、新たな出会いは大切だと感じました)

「ここまでならリライトではない」と判断しながら訳文をつくっていくのは自分しかおらず(←提出前の翻訳の段階で、という意味で)、自分の中の「判断基準」をより明確にするために、先達の言葉から学び訓練を続けていくわけなのだけれど、ときに立ち止まって「その判断基準が独りよがりになっていないか」「大切なことを見失っていないか」を考え、修正すべき点を修正することはとても大切だと思う。

見据えるべきは読者。意識すべきはきちんと読者に届く訳文。でも、私の前には、同じ思いで原文を作成した原著者がいるわけで、そうして書かれた原文の存在をつい軽んじて「日本語として読みやすい」ばかりを求めるならば、突き詰めれば、Gxxxxx翻訳と変わるところがないではないか。そう思って、さまざまな意味での自分の力不足がちょっと悲しくなったのだった。


諸般の事情によりいつにも増して始動が遅れてしまった屋根裏ですが、午後からは上記の内容を肝に銘じ、また新たな気持ちで翻訳に取り組みたいと思います。
自戒をこめて文章にしました。
2017.01.31 12:57 | 翻訳 | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示