屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。

「翻訳力を向上させるには良質の文章を読むとよい」という言葉をときどき耳にします。

以前は特に疑問も持たなかったのですが、あるとき「良質の文章て具体的にどんな文章やねん」という疑問がふと頭に浮かび、以来答えの出ない世界をぐるぐるしていたSayoです。

自分が翻訳者として関わる分野でいえば、「著者の意見が、業界用語を正しく用いて理路整然と書かれており、起承転結に齟齬がなく、その分野の基本知識を身につけた人間であれば、一読して趣旨が頭に入る」文章が良質の文章といえるのかなと思います。

一般的な文章についていえば、やはり「基本的な文法に則った、流れのある読みやすい文章」をひとつの「良質の文章」と呼ぶことはできるかなと思いますが、そうではなく、たとえばあちこち引っ掛かる表現であっても心に残る文章というものもあり、ではそれは「良質」ではないのかと問われると、分からなくなってしまうのです。

「質」という言葉を用いることで、どうしても主観的要素が混じってしまうように思います。書かれた目的、読まれる目的、対象読者などがさまざまに異なる日本語の文章全体をひっくるめて「良質の文章」と呼ぶことにも無理があるように感じます。

なので...

全方位的「良質」文章を追究するのは止めにして、自分が目的とする種類の文章における「良質」を求めていくことにしました。
たとえば、フィクション、ノンフィクション、実務文書、新聞等で良質の文章というのはビミョーに異なると思うのです。

とはいえ、基本は大事なわけで。

日本語文法と文章作成技術の基本を抑えた上で、常に「自分の求める種類の文章における『良質』は何か」を考えながら、広く文章を読んでいくのが理想かなあと思っています。
そうする上で、「今(あるいは短期的視点で)どんな文章を書く必要があるのか/書きたいのか」と「長期的にどんな文章を書いていきたいのか」の両方の視点から、優先的に読むべき文章を選んでいくのがいいのかなと。短期必要文書系6割、長期文章鍛錬系4割とか(割合はときどき見直します)あくまで自分の場合ですが(で、「優先的に」をためてしまういつものパターンなのだった)。

とはいえ、基本だけでも不十分なわけで。

そのうちご紹介したいと思いつつ年を越してしまった(<というか、世間はすでに3月なのだった)「文章の書き方」で、辰濃和男さんは、「広い円」という言葉を使って、1のことを書くために(たとえば100の)多くの情報を得ることの大切さを説いておられます。言葉も同じで、100通りの語彙や訳し方が自分の中にあってはじめてぴったりの訳語を選ぶことができるのではないかと思うわけです(まあ、100は自分には逆立ちしても無理と思いますが)。そのためには、さまざまな文章を多読して自分の中に語彙を蓄積する必要があるかなと。

ということで、強引にまとめてみると...

基本は大事。
常に目的とする文章における「良質」を自問自答することを忘れない。
その上で語彙を蓄積する努力をする。

...みたいな感じになりましょうか(...理想ですが...)
2017.03.02 23:40 | 翻訳 | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示