FC2ブログ
2017. 04. 12  
2月末頃からちょっとバタバタし、ここ数年のうちに自分を取りまく状況が変わる予感がします。
3~4年のうちには、実家と田舎の墓(まだ山の中にあるという...)をきちんと処分し、旦那の実家に帰ることになるでしょう。

以前はそれをこの仕事からの引退の時期と考えていましたが、旦那が仕事を辞めたりと少し状況も変わり、何より、自分にとって「最後まで残したいものの筆頭」である翻訳を何らかの形で継続すべくもう少し足掻いてみようと、考えが変わりつつあります。まあ、「自分の考えるレベルの翻訳が指定納期に出せない」と自分で自分の衰えを認めざるを得ないときがくれば引退すると思いますが。

収入ということではもう頭打ちかなと思います。生活が変わっても現状を維持しようと思えば単位時間当たりの生産性を大幅に上げる必要がありますが、正直、もうそこまでしたいという気持ちはありません。そういうときが来るだろうということはかなり早いうちから考えていて、コツコツへそくってきたので(子どもがいなかったからできたということはあるかもしれません)ある程度の心の支え(=先立つもの)はできました。とはいえ、「心の支え」だけでは心許ないですから、先日取引先と単価交渉をして、期待以上の回答を頂きました(この件については、他にも理由がありますし、暫くはこの先の受注状況もみていく必要があるかなと思いますので、後日、書ける範囲で別立ての記事を書きたいと思っています)。
そうして、この先、緩やかに「年間収入のことはあまり考えず好きな仕事をする」方向にシフトしていけたら理想です。

そうして、翻訳と翻訳以外の生活のバランスを取りながら、そのときどきの一過性ストレス源に自分の心が無理をし過ぎないように対処し、自分の力ではどうにもならないことにはくよくよせず毎日を過ごすことができれば(そういう時間が少しでも長く続けば)、もうそれだけでいいかなあと思っています。
あとは読書と大人の塗り絵とピアノの再開(旦那の実家には電子ピアノ置けそうです<その前に指が動かないという説もある、というか動きませんが...)くらいできれば。
まあ、思い描いたとおりに行かないのが人生、でもありますが。なので、「置かれた場所で、やりたいことをできる範囲で」をモットーに、これからも生きていきたいと思っています。

状況が変われば遠出は難しくなると思うので、できる間はせいぜい遠出もし、たくさんの方とお話したいと思う今日この頃なのでした。
NEXT Entry
「翻訳ストレッチ」勉強会
NEW Topics
「改めて考えよう、翻訳に必要な力」セミナー 終了しました
『イノベーターズI』を読みながら
本を読むための本
『患者の話は医師にどう聞こえるのか』後編:どんな本なのか――私的あとがき・のようなもの
『患者の話は医師にどう聞こえるのか』前編:本になるまで
『蜜蜂と遠雷』と翻訳と
「改めて考えよう、翻訳に必要な力」
JTFセミナー「文学作品を味わう」
Comment
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Sayo

Author:Sayo
医療機器の和訳も9年目。
老眼腰痛、最近は膝痛とも闘いつつ
翻訳人生をまっとうしようと奮闘中。
この頃になってやっと翻訳の奥深さ・
難しさ・楽しさが分かってきたような。
記事は「翻訳一般」多め、ときどき読書感想文、本業(医療機器)やや少な目。
(2019年4月現在)

Counter
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR