FC2ブログ
2017. 04. 21  
**屋根裏ではセミナーや講習会の講師の方のお名前は、S木さん、T橋(あ)さん、S藤さん、M井章子さんなどのようにアルファベット混じりの表記を基本としています。ご了承ください(直リンク張っているので意味ないっちゃ意味ないんですが...)。


翌日は、コチラの↓対談を聴きに日本出版クラブさんまで。
http://www.shuppan-club.jp/?attachment_id=1136

その前には、やはり対談に出席なさる方やそうでない方が数名ランチに付き合ってくださり、楽しくお喋り。同業の方とのお喋りからは、やはりたくさんの刺激をもらえます。
日本出版クラブのある神楽坂という場所は今回初めてでしたが、かなりの急坂で、「神楽」以外に「かくら」(崖や渓谷の意)がその名の由来であるという説もあるというのも頷けます。

「洋書の森」は出版翻訳者のための洋書ライブラリが母体で(、でいいのかな?)ワタクシは部外者なんですが、ウィークエンドスキルアップ講座の内容が豪華で、いつも「羨ましいなあ」と指をくわえて見ていました。今回、奇跡的に前記事のワークショップと日程が重なり、初めて参加することができました(ランチの方々がご一緒してくださったので、心細い思いもせずに済みました<ジツはかなり小心者)。

I口耕二さんとK野万里子さんという接点の見つからないお二人の「リラックス対談」というのも興味をそそられます(ジツは翻訳以外で意外な接点があったことが判明するのですが...)。I口さんのお話はお聞きしたこともありますし、さまざまな媒体で書かれたものを読んでもいますが、K野さんのお話を聞くのは初めてです。ワタクシが最初の通信講座を始めたとき、そこから巣立った新進翻訳家として雑誌で紹介されていたのがK野さんで(確か「愛は束縛」だったかと...)、畑は違えど憧れの方ではありました。

対談はお二人の自己紹介で始まりました。最初はお二人とも若干緊張気味のように見受けられましたがが、すぐに舌もほぐれてきます。話慣れていらっしゃるせいか、お話もお上手です。
次に、それぞれが「思い出に残る仕事」に言及されました。I口さんは「スティーブ・ジョブズ」、K野さんは、確か「キュリー夫人伝」を挙げておられたと記憶しています。
I口さんが、超特急(通常の3分の1の期間)で「スティーブ・ジョブズ」を翻訳されたあと、精神的肉体的に元に戻るのに数年を要したと仰ったのが印象的でした。また、K野さんは、文芸翻訳家は翻訳の間「向こう(作品の舞台となった場所と時間)」に行ってしまっているので、現実に戻ったときの疲れがハンパないと仰っていました。

他に印象に残った言葉に「ひとつと出会うことはひとつと分かれることである」というものがありました。
特に出版翻訳の場合は、ひとつ仕事を受けてしまうと次にきた仕事は断らざるを得ず、「そうまでしてやりたい仕事かどうか」を常に自問自答しながら仕事をされるのだとか。そうしたところに「無理をすれば何とか」という形で舞い込んできたのが「スティーブ・ジョブズ」であり「星の王子様」(K野さん)だったそうです。それを「やれる」と判断できた一因に、お二人ともかなりの背景知識をお持ちだったということがあります。翻訳者は常に好奇心を持ち、アンテナを張り、勉強、ですね。
分野は違いますし、1案件の量も全然違いますが、自分を高め日々の仕事に満足を求めるのであれば、常に「やりたい案件か」「やりたい分野につながる案件か」を自身に問いながら仕事をしていく必要があるのだなあと。実際は収入的なこともあり、そうばかりも言ってはいられない部分もありますが。でも、「自問自答するかどうか」は大事だよなと改めて思いました。

対談は予定時間を大幅に超過しましたが、時間の経つのを忘れるほど、また「もっと聞いていたい」と思えるほど楽しい対談でした。

最後にお二人が仰ったのは、「(思い返してみれば、翻訳をするために)これまでの人生で無駄だったことは何ひとつない」ということ。K野さんはピアノで大きな挫折を経験されたそうですが、それさえも今の自分の糧になっていると。そういえば、前日、S木さんも同じようなことを仰っていました。翻訳でも人生でも、あと(あるいは人生を終えるとき)になって「無駄だったことは何ひとつない」と思える生き方をするのがヒトとして大事なことなのかもしれません。少なくとも自分はそういう生き方をしたいなあと思いました。

その日のうちに帰阪しなければならず、祝賀会の乾杯までご一緒して会場をあとにしました。
お世話になった皆さん、本当にありがとうございました。楽しい2日間でした。
NEXT Entry
「夏への扉」(ロバート・A・ハインライン)
NEW Topics
「改めて考えよう、翻訳に必要な力」
JTFセミナー「文学作品を味わう」
One of 最上級 + 複数形と最悪について
オンライン勉強会・その後
「文芸翻訳のツボ&出版翻訳の現在」(越前敏弥)
「パンクチュエーションを読む・訳す」(深井裕美子)
「ニュース翻訳、基本のき」(松丸さとみ)
「ノンフィクション出版翻訳の素晴らしき世界」(児島修)
Comment
Re: タイトルなし
ヨシダヒロコさん、こんにちは~。

そうですか、そんなことがあったんですね。
お二人の関わり(少なくともその始まり)は翻訳とは関係のないものですので、ここには書きませんが、ときどき話が脱線したりしつつ、お二人とも楽しそうに話されていましたよ。

K野さんとは直接お話をする機会はなかったですが、遠目でもきれいでおしゃれな方だなあと思いました。でも、中身は逞しそう(上手い言葉が出てこないのですが、ワタクシの気持ちとしては褒めています)というか...一家をなされる方は多かれ少なかれそうなのかもしれません。
Sayoさん、こんばんは。

わたしがあんまり出てこない方が良いかしらと思いつつ、この話は多分面白いと思うので。

わたしは翻訳者になる前から翻訳フォーラムでよくなにやら書いていたんですが、同じく会員だった元身内の関係で13年ほど前に距離を置きました。こっちからのこだわりは(元身内に関わる後遺症があるとはいえ)もうないのですが、フォーラムで昔仲良かった人が皆そうとは限らないと思いまして、今は人によってはお話したりみたいな感じです。

それで、Sayoさんがお話を聞いたおふたりとわたしとあと2人くらいで無理矢理タクシーに同乗して、東京で夜にある出版社の集まりに連れていって頂いたことがありました。確かタクシーが来なかったので仕方なくそうなったのです。

K野さんが何か香水をつけてらして、よく香るのだけど似合っていて本当にいい香りで、こういう感じの香水のまとい方をする方をあまり知らなかったので今でも理想です。
シャネルか何かだったのでは。印象深かったのでたぶんK野さんで間違いないと思います。フランス語もされてるの、当時確認しましたしね。
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Sayo

Author:Sayo
医療機器の和訳も9年目。
老眼腰痛、最近は膝痛とも闘いつつ
翻訳人生をまっとうしようと奮闘中。
この頃になってやっと翻訳の奥深さ・
難しさ・楽しさが分かってきたような。
記事は「翻訳一般」多め、ときどき読書感想文、本業(医療機器)やや少な目。
(2019年4月現在)

Counter
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR