屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。

この先」で若干気弱になっていたワタクシですが、「バタバタ」以外に体調不良という理由がありました。
そのとき記事に書かなかったのは、ポリペクトミーの結果が出る前にフライングした(=記事にした)結果、悪性判定をくらってしまった苦い過去があるから。
験を担いでみたりなどしてみました。

3月後半から胃の不調が続いていました(てか、「います」継続ですが)。
ときどき胃痛を伴う胃部不快感という、「我慢すれば普通に日常生活ができる」、ある意味一番厄介な状態です。
先月初めに掛り付け医のじいじ先生に相談して胃薬も処方していただき、最悪期を10とすれば今は平均3くらいの状態まで回復しました。
この「ときどき胃痛を伴う胃部不快感」というヤツは、疲れたりするとときどき背部痛を引き連れてやってくるのですが、これだけ長く続くのは珍しい。
5月1日にドックで胃カメラを飲むことになっていたので、「カメラを早める必要はないでしょう」というのがじいじの見解。
「ストレスが原因でしょう。逆流性食道炎か昔なら神経性胃炎と言ったヤツ」
ワタクシの「理性」も同じことを告げています。去年の胃カメラも問題なかったし。確かに、仕事も含めてストレスあったと思うし。
しかしワタクシの「妄想」は囁きます。「去年問題なくて今しんどいってことは、ソレ、かなり進行してるってことだよね」
想像力(妄想力?)はかなり豊かです。考え出すと留まるところを知らず、かなり疲弊した1ヵ月でした。

で、今日の人間ドック。
胃カメラ所見は異常なしでした。
それ以外にいくつか小さな異常はありますが、年も年なので、許容範囲内です。
ほんならその胃部不快感何やねんという話ですが、今ではこうした状態を表す「機能性ディスペプシア」という便利な言葉があるようです。

調子が悪いときは、妄想ループの罠にはまり「実家をたたむことに傾注し、仕事はやめなあかんかも」と思い詰めたりもしましたが、当面仕事も続けていけそうです。ていうか、まあ、いろいろ考えすぎなんですけど。
ホッとするとともに、すごく大きなプレゼントをもらった気分なのでした。改めて、自分はこの仕事が好きなのだなと思いました。大事に続けていきたいです。

てことで、今日は、人間ドック終了後BOOK OFFを攻めたりして、ワタクシ的には珍しく、仕事は全面オフなのだ~。また明日から頑張ります。
2017.05.01 22:21 | 健康 | トラックバック(-) | コメント(6) |

ヨシダヒロコさん、ありがとうございます。
ワタクシは、以前「軽い逆流性食道炎」と言われたことがありますが、そのときは特に症状はありませんでした。今回、食道炎の所見はありませんでした。
まだ本調子ではないですが、薬の服用を続けてかなりましになりました。「異常なし」と言われたせいもあるのかも。現金なものですね。
消化管の不調は食べることに直結するだけにつらいですね。ヨシダさんの不調も早くきちんと診断がついて軽快するよう祈っています。お大事になさってくださいね。

2017.05.14 14:45 URL | Sayo@屋根裏 #- [ 編集 ]

Sayoさん、こんばんは。

胃の検査、お疲れ様でした。

わたしはじつは胃・十二指腸も20代の頃から悪くしていて、そうなってもおかしくないストレスは確かにあったのですが、20代の頃は酒もタバコもでしたし、いろいろやけになっていて、お風呂に入るなりマーライオンのように(←狙ってます)吐いてしまうことも何回もありました。

潰瘍何回やったか分かりません。
40才過ぎに、腕がいいと聞いた胃が特に専門の内科医さんに出会い、ピロリ除菌してもらいました。その後年1回健診に行き大きな問題はなかったのですが、去年調子悪くて行き、「逆流性食道炎だとおもう、胃カメラ入れた方が」といわれてます。

複数の体調不良で病院に行けない(先送りにする)という状態もありまして、今1ヶ所ずつ片付けてます。機能性ディスペプシアは『きょうの健康』にありましたよ。わたしのは潰瘍だったらしいですけど。来月辺りには病院に行こうと思います。

胃カメラはわたしは健診年1回と聞いています。もちろんそれよりも前にまずいことがありそうで、元気があれば隣の市まで行くのですが。

どうぞお大事になさってください。

2017.05.14 00:19 URL | ヨシダヒロコ #lMBqkpAs [ 編集 ]

めぐりさん、
心配させてしまってすいません。単に小心者なだけなんです~。
主婦って自分のことはつい後回しにしてしまいがちですよね。
「でも、自分の身体は自分で気をつけなあかんね」
というのは、膵臓癌で亡くなった友人の言葉です。
ワタクシのように妄想グルグルするのも問題ですが、めぐりさんも、旦那様のためにも息子氏のためにも、身体の声はきちんと聞いてやってくださいね。

2017.05.04 21:40 URL | Sayo@屋根裏 #- [ 編集 ]

Sayoさん、ありがとうございます。
こちらこそ、またお会いできるのを楽しみにしています。

「ポリペクトミー」の部分、読ませていただきました。大変だったのですね。お疲れ様でした。そういったご経験があっての今回の体調不良、不安はいかばかりだったかと想像します。改めて、胃カメラの結果が異常なしでよかったです。

私も気を付けようと思います。
ではでは、また。

2017.05.04 16:49 URL | めぐり #- [ 編集 ]

めぐりさん、まいどです~。
しんみりしてしまいましたか...でも、まあ、ワタクシももうすぐ四捨五入でアラ還の年なんですのよ。
まあそれなりにいろいろある義実家ですが、義父母にはこれまで本当に好きにさせてもらって。
それを思うと、少しく生活が窮屈になっても「ま、いっか」と思ったりするんですよね。
でも、何らかの形でしぶとく翻訳は続けたいです。

めぐりさんの逆流性食道炎、大変だったのですね。ワタクシは「我慢できない」というほどではなかったのですが、それでも続くと辛いものがありました。全快してホントによかったですね。
今は、2~3くらいの不快感(主に夕食後)ですが、「悪いものではない」と確認できたことで気持ちはずいぶん楽になりました。
「ポリペクトミー・その後」でも書きましたが、結構打たれ弱いヤツなので。

季節の変わり目ですから、めぐりさんも、体調を崩されませんよう。
またお会いできるのを楽しみにしております!

2017.05.03 15:40 URL | Sayo@屋根裏 #- [ 編集 ]

Sayoさん、こんにちは~ (^^)
ご無沙汰しています。

「この先」を拝見したとき、なんだかしんみりしました。人生の次のステージに向かっておられるんですね。「翻訳が好き」と言えること、すてきだなぁと思います。

体調不良、検査結果は異常なしということで、よかったですね。あとは症状が治まればいいのですが。

私は在宅翻訳を始めたころに逆流性食道炎をやりました。普段、痛みには辛抱強いほうですが、あれはめちゃめちゃきつかった。

最初は胸焼けのような症状から始まり、食後にきまって発作的に激痛が背中に走るようになり、それが一日のうちに波のように襲うようになって、夜横になると食べ物が上がってきて眠れない……というところまできて、意を決して病院に向かい胃カメラをのみました。で、逆流性食道炎という診断。ホッとして泣きそうになりました。子どももまだ小さいのに、癌だったらどうしようと疑っていたので。

「夜は横にならずに座って寝なさい」と言われ、少しの間そうしてました。当時、椅子に座って仕事してたんですが(今は地べた)、すぐに椅子の上で正座とか体育座りとかしちゃうので、たぶんそれがいけなかったんだろうと止めました。腹部を圧迫しちゃうので。

胃液を抑えるお薬をもらって、座る姿勢を改めて…で、快方に向かいました。あれはもうやりたくないです。

Sayoさんも早く良くなりますように。くれぐれもご自愛くださいね。

2017.05.03 12:42 URL | めぐり #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示