屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。

もうしばらく前のことになりますが、FBで、友人のベテラン医薬翻訳者さん(以下Cさん)が、口腔外科案件がきたときに役に立った辞書を紹介してくださいました。

口腔外科といえば、身をもってインプラント治療を体験したワタクシも黙ってはおれません(すでに6本のインプラント持ちという...フトコロ寒かった...)。
そうした過去がある割りに口腔外科案件の少なかったワタクシですが、このところ、少しずつインプラント案件を頂くようになりました。強度試験的なものが多いですが。

ということで、歯科(インプラント)案件で役に立ちそうな(立つかもしれない/もっていると安心的な)辞書参考書類をまとめてみました。


●  「研究社歯学英和辞典」
紙版(研究社、2012年、12960円)
http://webshop.kenkyusha.co.jp/book/978-4-7674-3470-4.html
CD-ROM版(LOGOVISTA)
https://www.logovista.co.jp/LVERP/shop/ItemDetail.aspx?contents_code=LVDKQ14010
*調べた用語はほぼ載っている感じ。ただし説明が少ないのが難点(Cさん)。
*訳語調べの第1選択肢。多少の分野知識があるヒトが使うという前提のようです(あたりまえか)。対訳君でも使用可能ですが、かなり文字化けがあって見にくいため、結局LOGOVISTAのブラウザで検索しています(Sayo)。

●  「歯科技工辞典」(医歯薬出版、初版、1991年、8640円)
http://www.ishiyaku.co.jp/search/details.aspx?bookcode=430201
*説明が詳しいので重宝しました。ずいぶん前に購入したものなのでどうかな~と思っていたら、1991年に発行されて以来改訂されずに増刷のみ繰り返しており、今でも本屋に並んでいるのは初版本(Cさん)。

●  「口腔インプラント学学術用語集」(医歯薬出版、2014年、3780円)
http://www.ishiyaku.co.jp/search/details.aspx?bookcode=457800
*用語の意味だけなら前述の2冊で十分。そしてすごく引きにくい(Cさん)。

●  「歯学生の口腔インプラント学」(医歯薬出版、2014年、8640円) 
138ページ(薄さがウリ??なので頁数も入れてみました)
http://www.ishiyaku.co.jp/search/details.aspx?bookcode=457810
*届いたときの感想「薄っ!」。医学書が高いのには慣れてますが、これはほんとにビックリしました。まあ中身はコンパクトによくまとまっており、知りたい情報も載っていたので元は取れたと思いますけど(Cさん)。
*医歯薬出版の該当ページでは一部中身を見ることができるのですが、目次内容と見本ページを見るかぎり「買ってもいいかな」的な参考書のように思えました。歯学生が対象ですし。そこそこ口腔外科案件も受ける/受けていこうと思っているなら持っていてもよいかと思います(といいつつまだ購入していないSayoです)。

●  「常用歯科辞典」(医歯薬出版、第4版、2016年、16200円)
アプリ利用権付(iOS,Android版)
こちらの画面で立読みが可能です。
http://www.ishiyaku.co.jp/search/details.aspx?bookcode=457900
*日→英辞書なので、巻末の英語索引が気になるところですが、かなり詳しい説明がなされていますし、図表も豊富のようです。あとはお値段との相談+受注頻度との兼合いかと。アプリ利用権ではなくCD-ROMをつけてほしかったところですが、「整形外科学用語集」の付属CD-ROMのように、立ち上げる度に対訳君を落としてくれる(確かに「動作は保証しない」と書いてありますけど...)付属CD-ROMもあり、一概に「CD-ROMが付属していればいい」とも言い切れないところがツラいところです(Sayo)。
 ** 「整形外科学用語集」のCD-ROM辞書は、以前のPC(32bitのWindows 7)では、対訳君も含め、特に他のソフトウェアに影響を及ぼすことなく正常動作していました。ソフトウェアやPCとの相性もあるかと思います。

●  「インプラントYear Book 2017」
(クインテッセンス出版、2017年、6912円)
https://www.quint-j.co.jp/shigakusyocom/html/products/detail.php?product_id=3397
*巻頭に「インプラント治療の10年後を予測する」(メーカー視点)という特集記事あり。その後は、各社による自社ラインナップの紹介+医師によるそのインプラントを用いた症例紹介(国内外30社)となっています。強度試験や比較試験報告書の多いワタクシ的には、さまざまなメーカーのインプラントについての知識が得られる本書は、「使わないかもしれないけどもっていると安心」的位置付けの参考書なのですが、受ける案件の種類によって不要という場合もあるかもしれません。非力な女性の方が上腕の筋肉を(軽く)鍛えたい場合にちょうどいい重さです(Sayo)。

●  「口腔インプラント治療指針2016」(医歯薬出版、2016年、2700円)
http://www.ishiyaku.co.jp/search/details.aspx?bookcode=457940
*「歯学生の口腔インプラント学」の医師対象版のような感じでしょうか。適度に図表もあり、解剖学的構造の説明もあってコンパクトにまとまっていますが、歯科医師が対象なので「知識があるのが前提」という感じです。ただ他の辞書参考書に比べればリーズナブルですし、参考文献リストもありますので、手元に置いておいてもいいかなと(置いてます-Sayo)。

また追加するかもしれませんが、ワタクシとCさんの現時点の感想をまとめると、上のような感じになります。
2017.05.18 23:07 | 辞書・参考書 | トラックバック(-) | コメント(2) |

ちょりーたさん、まいどです~。
おお、買われたのですね! 筋トレにいい感じの重さでしょ(<ソコじゃない<自分)。主な外資系メーカーほぼ網羅してますので、「当たれば大きい」参考書ですよね。ワタクシはまだ当たらないけど。とにかく、お役に立ってよかったです!

2017.06.15 21:47 URL | Sayo@屋根裏 #- [ 編集 ]

Sayoさんが人柱となり購入してくださった「インプラントYear Book 2017」、筋トレ用に買ってみたのですが、先日まさに「これやん!」というどストライクの案件がきて非常に役立ちました。遅まきながらありがとうございました~。

2017.06.15 21:23 URL | ちょりーた #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示