屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。

日曜日に東京で開催された翻訳フォーラムのシンポジウムと大オフ(懇親会)に参加してきました。

翻訳フォーラム主催「シンポジウム & 大オフ2017」イベントページ
(終了していますが現時点でまだ当日の詳細が記載されているのでURLを記しておきます)
https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/015xveytug2r.html

またシンポジウムで紹介された資料やサイトの一覧はこちらのページで見ることができます。
シンポジウム2017で紹介した資料・サイトの一覧 (翻訳フォーラムブログ記事)
http://fhonyaku.blog.jp/archives/70691241.html

まだまだ咀嚼の途中ではありますが、記憶が新しいうちに記事にまとめておきます。
11時から17時まで、できる限り理解しようと努めながらノートをとり続けたせいか、夕方は脳が半死状態でした(単に脳が若くないだけという説もある)。

今年のテーマは「直訳と意訳の間で」。
イベントページには「どこまで原文に沿って、どれくらい離れるのが正解なのか。そもそも正解はあるのか。さまざまな角度から取り上げます」とあります。
「さまざまな角度から」とあるように、翻訳の歴史、「直訳と意訳」に対する各主催者の意見、術語からのアプローチ、原文(英語)作成者が学ぶライティングルール、辞書引きのおさらいと裏技、フォーラムワークショップの発表など、さまざまな切り口から翻訳が語られ、今いちど「よい翻訳とは何だろう、どうすればそれに近づけるだろう」を考える機会をいただきました。

「半死」だけではあまりにもあまりなので、レポートの前に、それ以外の感想を少し...

大事なことは、意訳・直訳云々ではなく、「その訳文は、原文が伝えようとするメッセージを、過不足なく、作成者が伝えようとしているやり方で(強調や記載の順番なども含めて)伝え切れているかどうか」を考えながら翻訳することを忘れないということだと再確認しました。「無意識のうちに常にそれができるようになる」ことが最終目標ですが、つい目の前のことだけに目が行きがちになりますし、年齢的なことを考えれば、努力の道半ばで力尽きるかもしれません。でも、たとえ力尽きるとしても、その日まできちんと頑張りたいです。お若い皆さん、おばさんも老体に鞭打って頑張っているのだよ。
今後、自分の弱点をよく洗い出し、その部分を強化していくという具体的な作業が必要になりますが、それはまたおいおいと。

こうした翻訳がクライアントさんの意に染まず、形式的な直訳を求められることもあるかもしれません。その場合、(もやもやしながら我慢するのではなく)「自分の翻訳の方が原文の意図や内容を忠実に伝えられているのだ」ということをきちんと説明できるよう「武装」しておくことも大事だ、ということも学びました。今お世話になっている翻訳会社さんは、意を尽くして説明すれば分かって頂けるところだと思っていますので、今後そういうことがあるようなら、きちんと対応していきたいとも思いました。


さて。
以下に、順を追って、(理解し得たかぎりで)内容に忠実にレポートしたいと思います。
昨年は、出席したいと思いながら叶いませんでした。今年もそのような方がたくさんおられるのではないかと思います。そうした方々に、たとえ少しでもシンポジウムの内容(の欠片)をお伝えすることができれば。
4名の主催者は、「屋根裏通信」の表記の原則に則り、I口、T橋さ、F井、T橋あと記載します。
間違ってメモした/発言の意図を取違えている可能性もあります。その場合の文責はひとえにSayoに帰するものです。


イントロダクション(I口)

最近「トランスクリエーション」という言葉をよく聞く。通常の翻訳より一段レベルの高い翻訳を指す言葉のように語られがちだが、「ソース言語とターゲット言語で同じ絵が頭に浮かぶようにする」作業が翻訳なのだから、翻訳作業そのものがトランスクリエーションではないか。
今日は、もっと昔から話題に上っている「意訳と直訳」について取り上げる。意訳と直訳は本当に別ものなのか、どちらかがよくどちらかが悪いのか、といったことを皆と一緒に考えたい。それぞれが、今日この場で語られたことを自分の仕事にどう応用できるかを考えてほしい。


翻訳の変遷(T橋さ)

(「意訳と直訳」について考えるための前段階として、日本における翻訳の歴史をまとめてくださったものです。江戸から明治期の翻訳について駆足で説明頂いたあと、戦後の国語国字改革への言及がありましたが、私の基礎知識と理解不足のため、順を追ってうまくまとめることができません。ご容赦ください。最近40年の変遷についてのみ簡単にまとめておきます-Sayo記...以降、括弧内の記述はSayoの補足になります。)

1980年代:
この時代の典型的な翻訳者像について説明。ワープロ専用機のAI変換は画期的。「つながる」手段がなく翻訳者は孤独。
1990年代:
マニュアルやローカライゼーション翻訳が出現。翻訳の絶対量が増加。パソコン通信浸透。翻訳フォーラムが生まれた。シェアウェア・フリーウェア・辞書ブラウザが生まれる。
2000年代:
TMが普及。シェアウェア・フリーウェアが全盛期を迎える。ウェブ検索が本格化。「次の翻訳に持っていって貼り付けられる訳」という意味のニュートラル翻訳が発生。
2010年代:
翻訳の低価格化、発注経路の変化。クラウドビジネスが生まれる。オンラインメディア用の翻訳が増加。


直訳とは、意訳とは(全員)
(4名の方が、それぞれ、自分の考えるところを語られました。)

T橋さ
ミラートランスレーションしてほしい、直訳しないでほしい等いろいろ言われることがある。英日間の翻訳では逐語訳による意味等価は無理だと思う。本来、「衛星図」(後述します)の向こうに見える絵が一緒であればOKでは。
F井
原文のIdeaを伝えることが大事。そこに意訳/直訳の別はないと思う。生徒に「足さない、引かない、動かさない」と教えるうちに自身がスランプに陥ってしまった経験を披露してくださった。「足さない、引かない、動かさない」の対象は原文ではなく、原文に込められたメッセージだということを忘れていた。機械的な翻訳と自分に都合がよく気持ちのよい勝手訳の中間に「よい翻訳」があり、行きつ戻りつしながら中間の位置に来ることを狙う努力をすべき。
T橋あ
原文のメッセージを伝えることが大事。直訳であろうと意訳であろうと、その文にふさわしい、原文の意を汲んだ訳文であればOK。なぜそのような訳にしたのかを言葉で説明できること。
I口
直訳にも意訳にも、それぞれ、よい直訳(意訳)、悪い直訳(意訳)があるのでは。よい直訳とは、原文の意味がきちんと出ているもの。よい意訳は原著者の意図をきちんと反映しているもの。そう考えると両者はほぼ同じものといってよく、「訳」は、翻訳、悪い直訳(字面訳)、悪い意訳(勝手訳)の3種類になるのでは。

フォーラム直訳意訳翻訳左90






(ここで、会場から、「超訳」をどう考えるかという質問があり、「原著者からOKが出ていて、超訳と謳っていれば問題ないのでは」との回答がありました。)

午前の部終了。
2017.05.25 17:54 | 翻訳 | トラックバック(-) | コメント(4) |

F井さま、
承知しました~。
残念ながらTwitterはやっていないんです。でもF井さんはアカウントをオープンにして下さっているので、スケートの方のTwitterをこっそり覗いては、いつもたくさんの貴重な情報を頂いています。感謝、感謝です。いつか語り合える日を楽しみにしております♪

2017.05.30 21:38 URL | Sayo@屋根裏 #- [ 編集 ]

そう、そう、そうなんです。メールを差し上げようと思っていて、今頃になってしまいました。

Facebookは基本的に海外の友人と英語でやり取りする場として限定運用しているのです。申し訳ありません。Sayoさん、ツイッターにはいらっしゃらないんでしたっけ?わたしツイッターでは本アカウントとフィギュアアカウントと使い分けて、後者では思い切り濃い話をしています。よろしかったらぜひ。

そして、いやいや、わたしも「レッスン本」のあとがきに書いたとおり「残す」ことを考えるようになってきました。たぶんキャリアも折り返し地点過ぎてますしね(いや、うちは祖母が85(当時としては長生き!)大叔母が102まで生きた家系なので、わたしも長いかもしれませんが…)。口にした言葉をこうやって書いてくださって本当にうれしいです。ありがとうございます。

2017.05.30 21:10 URL | F井 #MMIYU.WA [ 編集 ]

F井様、
コメントありがとうございます。
そう言って頂けると頑張った甲斐があります!

T橋(あ)さんにはお伝えしましたが、この頃は、口べたな自分は、せめて出席した勉強会をきちんとレポし、読んで下さる方に主催者の思いを伝えるのが、自分にできる翻訳への「恩返し」かなと考えるようになりましたので(年ですかね~)、キャパの少ない脳を酷使して頑張っています。

大オフでは私も半死半生の状態で、頭が回っていませんでした。またの機会がありましたら、今度はゆっくりスケートの話も、是非。
(スケートで思い出したのですが、T橋さんに背中を押して頂き、FBのフレンド申請をさせて頂きました。F井さんはFBとTwitterを使い分けているとどこかで伺った気がしますので、メッセージだけ読んで頂き、ポリシーに応じて承認/拒否して頂ければありがたいです。拒否られても五寸釘とかゼッタイしませんし、またお話できるのを楽しみにしておりますので、心安らかに拒否って頂いてダイジョブです)

わざわざの書込み、本当にありがとうございました!

2017.05.30 04:03 URL | Sayo@屋根裏 #- [ 編集 ]

すっかり遅くなりましたが、素晴らしいブログをありがとうございました。わたしたちの伝えたかったことを、こんなにもよく理解してくださり、また書き表してくださったことに、心から御礼を申し上げます。わたしが参加者だったとしたら、こんなにたくさんメモを取って、まとめを書けたか自信がありません^^;

当日はわたしが走り回っていたり、くたびれ果てていたりして、ゆっくりお話ししそこねましたが、ぜひまた機会を作ってゆっくりとm(__)m。

2017.05.30 00:46 URL | F井 #MMIYU.WA [ 編集 ]













管理者にだけ表示