屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。

個人的に「訳しにくいなあ」と思うことの多い単語です。サクセルフル、キライ。

どうしてかなあと考えながらずっと仕事をしてきたのですが、今回、トリセツで、大量の
After A has/have been successfully completed, Press B
(Aがsuccessfullly completedしたらBキーを押してください)
系successful / successfullyと戦う中で、「こうかな」と思ったことがありました。

「そういう記載を見つけた」ということではなく感覚的なことにすぎないので、間違っているかもしれませんが(<てか、たぶん間違ってる<ので読み流して)。

その前に、successfully (successful)の意味ですが、いくつか英英辞典を確認してみましたが、以下のコウビルドの説明が分かりやすかったので、そちらの説明をお借りします(他にも意味はありますが、私が「訳しにくい」と思うsuccessfulの意味ということです)。

Something that is successful achieves what it was intended to achieve. Someone who is successful achieves what they intended to achieve.
(「コウビルド米語版英英和辞典」)

また、安定の海野さんちからは英和の訳語をいくつかお借りしてきました。

うまく、首尾よく、上首尾に、無事に[事なく]、成功して[成功のうちに, 成功裏に]、まんまと、うまうまと、うまいこと、見事に、上々のできで、盛会裏に、盛況裏に、順調に、正常に、 《意訳》正しく
(「ビジネス技術実用英語大辞典V5」)

トリセツのsuccessful (successfully)は、「首尾よく」や「無事に」はしっくり来ず、この中では「順調に」「正常に」が一番近いような気がします。

それは、トリセツでは「その操作、成功して当り前」という暗黙の了解というか含みがあるからなのかなと、今回フと思ったのでした。
もちろん、失敗することもあるわけですが、トリセツ的には「こう操作したら普通は成功しまっせ」とポジティブに言いたいのではないかと思うわけです。少なくとも、私が作成者なら、まず「上手くいく(ホラ、簡単でしょ)」と言ってから、「でもね」という注意や警告を(そこは漏れなく)書く流れにしたいです(もちろんトリセツ作成にもルールがあると思いますが、素人的に考えるとそういう流れがよいかなということです)。「失敗する可能性もあるんですけど」的な弱々しいトリセツでは、「上手く行かんのちゃうか」と疑心暗鬼になってしまいそうです。ええ、ころっと騙されるくせに、妙に疑り深いところがある厄介な性格ですから。

でも、通常のcontextで使われる「achieves what it was intended to achieve」にはそのような含みはないような気がします。上手く行かない可能性がなきにしもあらずの状況でのsuccessというか。
なので、「無事に」や「首尾よく」を伴っても違和感がないような気がします。もちろん、前後関係にもよりますが。
でも、トリセツの「成功して当り前」の場合のsuccessfulに、失敗の可能性をソコハカとなく連想させる「無事に」は、やはりマズいような気がする。

というわけで、「成功して当り前」の操作と考えられるトリセツのsuccessful (successfully)には、「支障なく」「問題なく」「正常に」「順調に」などの訳語を選ぶことが多いです。

流れと状況がきちんと頭に入っていないと適切な訳語を選ぶことはできないので、一見簡単そうに見えて、実は奥深かったりするトリセツなのでした。やれやれ。
そのトリセツの終わりも見えた。ううっ、嬉しい。
2017.06.26 23:33 | 翻訳 | トラックバック(-) | コメント(2) |

Connyさん、まいどです~。
一見簡単そうな単語の訳語選びがジツは難しかったりするんですよね~。

トリセツって、もちろん「使い方を正しく伝える」ものではあるんですが、メーカーとしては「正しく、長く使って次もヨロシクね」という気持ちが根底にあるんじゃないかと思います。だから、可能であれば、地の文(??)は、「正しい使い方」を踏まえたポジティブな表現を使うようにしています。そうすることで、警告や注意のネガな表現が一層際だって読者の記憶にも残るんじゃないかと思ったり。行き過ぎないように注意しないといけないですけど。
こんな風に考えるようになったのは最近なんですけど、最後までこんな風に悩めたら嬉しいかなと(しわと白髪をメンテしながら)。

Referenceもかなり文脈に左右される単語ですよね~。ワタクシは過去に「基準器」としたこともあります。

ちなみにですが、「類義語使い分け辞典」(研究社)さんは、

(以下引用)
「基準」は「規準」と書いて、「行動・行為・道徳・倫理」などの社会的基準を表すが、「許可〔免許・認可〕の基準・比較〔評価・設置・製造〕基準・労働〔建築〕基準法」など、守らなければ法的に罰せられる場合もある最低条件で、「基準を設ける〔緩和する〕・基準が甘い」などと使われる。これらの場合は 「標準」に置き換えることができない。
「標準」は比較・判断の基準を表し、「標準時・標準語」など、条件がそろわなければ批准しない・罰するというものではなく、すべてに共通して存在することが望ましいと考えられる参考基準。
(引用ここまで)

とのたまっておられました。

2017.06.27 13:49 URL | Sayo@屋根裏 #- [ 編集 ]

こんにちは、Sayoさん

私も嫌い!
まず「成功」は使いませんね。Sayoさんが最後に書かれている訳語のうちどれかを使ってます。

先日、検索でヒットしたマニュアルには「が成功したら」って書かれていたので、きっと初心者さんが疑いなく訳したんだろうと思いました。まあ通じるんですが。だからこだわる必要もないんですが。でもこだわりますよね。

私が今格闘しているのは「Reference」。基準?対照?標準? 大量に出てくるので、一つこけたら皆こけたになっちゃいます。「対照」は使い分けが明白だけど、「基準」にするか「標準」にするか結構迷います。って私だけかな。

そういう訳しにくい単語って限りないですね。これからもこだわって、しわと白髪が増えたらメンテして、翻訳者の道を進みましょう!

2017.06.27 13:18 URL | Conny #a4Z/FfFc [ 編集 ]













管理者にだけ表示