屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。

というわけで「The Ice大阪公演」です。

ワタクシは、最近は、競技もショーも、ほぼYou Tubeさんのお世話になるというフィギュアファンの風上にも置けないえせファンになり果てていて、技術的なことはあまりよく分からず、自分の好みのプログラムかどうか、グッときたかどうか、身体の動きや足捌き、ペア競技の場合はユニゾンも含めて美しかったかどうか、くらいで「このプログラム/今日の滑り、好きやな/よかった」を判断していますので、ファンの方の役に立つ記事ではないと思います。あくまで思ったこと、感じたことだけ。

(順不同)
・もっと寒いかと思ったら、場内「普通に冷房」の状態。薄手のカーディガン1枚あれば十分。
・パントン、シニアデビューの頃から見てきたけど、正直、こんなしっとりしたカップルになるとは思わなんだ。キレイ。
・ミライちゃん、3A成功(にしとこう、若干Shakyで試合ではビミョーな感じもしたけど)。
・高橋さん、鈴木さんは「濃い」プログラムが合うな~。でも、個人的には高橋さんは、ソチ五輪の「ビートルズメドレー」が好き。
・引退してなお進化を続ける織田くん。今の方が伸び伸び滑れるんかな。色々パンケーキのご紹介ありがとうございます。1軒行きました。
・初なま小塚イーグル。やっぱり美しかった。でも、個人的には本田コーチのイーグルの方が好きかな(あくまで個人的見解です)。

氷を削るシュッシュッという音、耳に心地よかったです。でも、本当は音がしない方がいいんだっけ。
「愛のアランフェス」という漫画の終盤に、主人公カップルのライバルのロシアカップルのFP演技中に突然音楽が途切れてしまうけれど、それは意図したもので、そのうち、2人が滑るときの氷を削る音が音楽のように聞こえてくる、という場面がありますが、音楽のない「音を作り出す」プログラムを見てみたいです。そのうち町田さんが挑戦してくれる、かもね。

今年のThe Iceは、「プログラムでこれまでの浅田真央を振り返る」という構成になっていて、敢えていうなら、テーマは「浅田真央」でしょうか。
昨年のThe Iceも経験している友人によれば、「今年のThe Iceは神公演」なんだそうです。

個人的には、浅田真央さんの滑りは、「ジャンプがなくても十分素晴らしい」と思えるものでした。メリハリがあり、緩急があり、ちょっとした仕草や顎の上げ下げ具合からも訴えてくるものがある。男女を問わず、そこまでのレベルに達することのできるスケーターは少ないのではないかと思います。彼女が練習で会得したものと人間として成長する中で得たものが、見事に融合しているように思えました。2文字で表現すると「円熟」という陳腐な言葉しか思いつかんですが。

途中、こっそりうるうるした場面が2回ありました。
「浅田真央の過去の使用曲を出演者たちがメドレーで踊る」という趣向の最後に、本人が「リチュアルダンス」(FP)を踊ったときと、アンコール曲「Wind Beneath My Wings」のときです。アンコールの途中で彼女の様々な写真がスクリーン上に流れ、最後に「みなさん、ありがとう」というメッセージが出るのですね。あとでプログラムを読んだら、本人インタビューに、「ファンのみなさんに、スケートを通して私の気持ちを伝えたいという思いだけをもって滑りたいです。もう、本当に感謝だけ」とありました。十二分に伝わるものだったと思います。今思い出してもうるっときてしまいます。

プログラムには、各出演者から、真央さんへのメッセージが書かれており、(マオにメッセージを、てことで「言葉が選ばれた」部分はあるでしょうが)、宇野くんのような後輩からバトルのような先輩まで「背中や(スケートへの)姿勢や真心をみて感化された」というようなことを書いていて、彼女は本当に、黙々と練習し試合に臨み結果を受け入れ、「背中で語る」スケーターだったのだなあと改めて思いました。

何よりも、いきいきと、楽しそうに幸せそうに滑っていたのが、とても嬉しかったです。

来年また新たな旅立ちのThe Iceを見たいですが、これから彼女がどんな道を選ぶかによって、もしかしたら、今年が最後のThe Iceになるのかもしれません。
いいもの、というより、心洗われるものを見せてもらいました。

そんなわけで、心は氷の上に置いてきました。
できれば、来年拾いに行きたいものです。
それまで、こちらのブログはSayobotが頑張って繋ぎます。
2017.08.02 13:53 | フィギュアスケート(14-15 season~)  | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示