屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。


宮部みゆきさんの怪談時代物(と乱暴に括っておきます)連作短編集。

「参之続」とあるとおり、これが3作目。現在は四之続まで単行本化されているようです。

主人公は、叔父夫婦が営む袋物屋に身を寄せている(シリーズ開始時)17歳のおちか。
川崎の実家で彼女自身の身に起こったある事件がもとで心を閉ざしてしまったため、江戸の叔父夫婦の元に預けられることになったものです。
このおちかが、叔父の計らいで、三島屋を訪う客たちの語る不思議な話の数々を聞くことになるのですが、その中で、目を背け逃げてきた自身の「事件」とも対峙することになり、少し心が回復し前向きになるところまでを描いたのが「事始」の「おそろし」。事続(2作目)の「あんじゅう」では、さらに登場人物が増えて、おちかの身辺も少し賑やかになります。

3作目の本作でも、心温まる話やおそろしい話が語られます。おちかが他所の怪談語りの会に出掛けていくなんてことも。表題の「泣き童子」も心が冷え冷えとする「おそろし系」ですが、ワタクシが個人的にぶっ飛んだのは「まぐる笛」という作品。その感想は最後に取っておきましょう。

ワタクシが宮部さんの時代物作品を好きなのは、最後にきちんとカタルシスが得られるからではないかと思っています。現代物は、何というか、わりと救いがない状態で終わることが多い(それでも、「そんな世の中でも、もしかしたらまだ捨てたものじゃないかもしれない」とちらと思わせてくれるような終わり方ではあるので、ついつい手にとってしまうのですが)。

それから、これは、あくまでとても個人的な感想なのですが、時代物の方が、描写や表現でも遊んでいらっしゃるような気がします。もしかしたら、無意識のものなのかもしれませんが。

宮部さんの表現の仕方は独特だなあと思うことがあります(どの作家さんにも、ちょっとした「クセ」のようなものはあるのでしょうが)。
ワタクシが初めてそれを感じたのは「天狗風」でした(蛇足ですが、「天狗風」では、人間の言葉を喋る生意気な子猫の「鉄(てつ)」が大活躍します。猫好きの方は手にとってみてくださいませ)。
「天狗風」の中では、猫が苦手な、主人公はつの相棒右京之介さまが、猫と相対したときの様子が、「たった今満月が井戸端に降りてきて顔を洗っているのを見た、とでもいうような顔をしている」だの「満月が手ぬぐいをさげて湯屋ののれんをくぐってゆくのを見たというような顔をした」だのと、突拍子のない表現で語られています。
とはいえ、ワタクシが、未だに覚えているくらい目立っていたわけなので、表現としては若干行き過ぎではあったのかもしれません。

「三島屋変調百物語」では、そうした表現が、ストーリーの中に上手く溶け込んでいて、ワタクシはやはり「円熟」という言葉を思い浮かべずにはいられないのです。

宮部さんは、オノマトペというのでしょうか、重ね言葉の使い方も独特です。このあたりは好き嫌いの話にもなってくるかもしれないのですが、ワタクシは割りと宮部表現が好きで、新しい表現に行き当たると嬉しくなってしまいます(あくまで、自分の語彙の範囲の外にあるということなので、もしかしたら、他の方にとっては「独特」でも何でもないのかもしれませんが)。

参考までに、少し挙げておきますね。

***
「その笑いがしおしおと消えて、また震えるような吐息だ」
「いたって人の好いふくふくとした笑い方をするが、お上の御用となればぴりりと辛い山椒で」
「つるつると舌を滑らせながら」
「二人がけんけんと言い合っている間も」
「雲は動かず、風のない夏の夜に、鐘撞き堂を見下ろす山の森が、ぞわりぞわりと身動きしている」
***

という感じです。

この最後の表現は「まぐる笛」からのものなのですが、これは「怪談・妖怪もの」ではなく、あえて言うなら「怪獣もの」になります(とはいえ、ヒトの怨念が怪獣の形を取ったものではあるのですが)。「まぐる」というこの怪獣を指笛で退治する話なのですが、「まぐる」が人を喰らう様子や指笛に操られて自身を喰らう様子は(宮部さんの表現に手加減はありません)、ワタクシの中の「原始的な恐怖」を呼び覚まします。まるで、初めて「ジュラシックパーク」の恐竜と戦う場面の描写を読んだときのよう(こ、この先に「荒神」があるのかな<ドキドキ)。まさか、「三島屋変調百物語」で怪獣に出会うとは思っていなかったので、心の準備ができていなかったのでした。

とはいえ、そういうおそろしい話ばかりではありません。ちょっと切ない話や心温まる話も収められています。
「四之続」はウチの図書館ではまだ予約が10人を下回らないので、もちっと待つかなー。
2017.11.21 00:03 | 和書・洋書 | トラックバック(-) | コメント(4) |

Connyさん、いらっしゃーい。

なんか、圧倒的な生き物に問答無用に喰われるって、本能の部分で怖いですよね。「ジュラシックパーク」でもティラノくんとかラプトルくんに喰われるじゃないですか(ラプトルは「狩る」んだっけ?)、あれに通じる怖さです。「まぐる笛」がまさにそんな感じで、この延長上に「荒神」があるのかー、ておののいていたんですけど(ウチで取っている新聞に連載されていたのですが、そのときは読めなかった)、Connyさんの感想に力を得たので、頑張って読みますね。
「孤宿の人」は、「初ものがたり」と併せて、Book Offで気長に探します。
久し振りにAmazonで宮部さんを検索したら、知らない作品が結構刊行されていて、堂場さんほどではないにせよ、宮部さんも多作ですね。読む方にとっては有難い話ですが。

2017.11.21 22:08 URL | Sayo@屋根裏 #- [ 編集 ]

度たび失礼いたします。
(屋根裏、心地よい)

荒神、読みましたよ~。怖い怖い。だけどね、心にジーンって来て、文庫本だけども、「私の一生取っておきたい本」に加わりました。

孤宿の人は以前カートに入れようか迷って入れなかったんです。やっぱり読むべきですよね。残念ながらBook Offには行けないのでAmazonさんに注文します。

2017.11.21 20:58 URL | Conny #a4Z/FfFc [ 編集 ]

Connyさん、まいどです~。

Connyさんも、宮部さんの時代物がお好きなんですね。
仕草表現もそうですけど、(私自身は着物の知識はからっきしなのですが、それでも)着物だったり調度だったりの描写も丁寧で情景が浮かぶようですよね。
「初ものがたり」はまだなんです。今度、「孤宿の人」と併せてBook Offで探してみますね(「孤宿の人」は手元に置きたいと思っているんですけど、なかなか上下巻揃ってなくて、まだ入手できていません<Amazonで買えよ、て話ですが、Book Offに行くのも楽しいのよね)。読んだ中では「あかんべえ」が好きですかねえ。

今日は、「泣き童子」を返して、怪獣もの集大成(<だから違うし<自分)「荒神」を借りてきました。

2017.11.21 15:14 URL | Sayo@屋根裏 #- [ 編集 ]

こんにちは。

私もこのシリーズ読んでます。4が出ているんですね。早速注文しないと。

宮部氏の作品の中で時代物は逸品です。Sayoさんのように表現を挙げることはできませんが、時代物の方が確かに遊び心が至る所で見受けられますね。

ところで恐ろし系ではありませんが、「初ものがたり」は読まれましたか。完本以降続編がないようで残念ですが、お料理の話も興味深く、彼女の知識の幅広さに敬服!

同年代なのに、私の脳みその皺の数、彼女の半分もないだろうなと自己嫌悪には陥るのですが、宮部ワールドの虜です。

2017.11.21 14:47 URL | Conny #a4Z/FfFc [ 編集 ]













管理者にだけ表示