屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。

今年は4つのセッションを聞いて、懇親会まで参加。慣れない負荷をかけられた脳細胞がシクシクと、酷使された腰がズキズキと泣いております。でも、あとでよく言い聞かせて黙らせますんでご安心ください。
実行委員の皆様、当日ボランティアの皆様、その他運営に関わられたすべての皆様、ありがとうございました。
お会いできた方は、足をお留め頂きありがとうございました。お会いできなかった方は(たぶん)また来年(京都だよん)。
よい翻訳祭でした(ワタクシ的には)。

以下、総括です。

今年のテーマは「きわめよう、それぞれの道~つなげよう、言葉の世界」。

昨年のプログラムと見比べてみました。
昨年と似た、バランスのとれた布陣になっていたように思います。ミニ講演会という新たな試みもありました。

あくまで個人的な感想ですが、広い意味でのツールに関する話(Office製品の活用、辞書環境の話)、職業人としてのあり方や生き残り方に関する話(経営者の心得、営業戦略、助成金獲得、お金の話など)が増えたなという印象です。
昨年は、翻訳業界を下支えする翻訳者視点から翻訳祭を考えてみようという、全体的なバランスを考えながら「原点回帰」を試みた年だった(らしい)と記憶しています。

今年は、もう少し広いところから、翻訳と業界を考えてみようという感じになっていたような気がします。
「翻訳だけしていればよい」という時代は終わろうとしており、今後は、厳しい現実から目を逸らさず、対処すべきところはきちんと対処し、曲げるべきでない部分(自分の中でということですが)は曲げず、職業人としての自覚をきちんと持つことが、翻訳者として生き抜くためのひとつの条件になっていくのかもしれません(もちろん、その土台としてまず「翻訳する力」があるべきだと思うのですが)。ひとりひとりに、そのような「翻訳人としての自覚」について今一度考えてみてはどうだろうと問いかけているような、そんなプログラムにも感じました。

ワタクシの思うところでは、「翻訳」とは、言葉でもって、書き手の伝えんとする情報を、読み手に正確に伝えるということです。手法がさまざまあるとしても、その点は翻訳業界の共通項であるべきで、今後も、「常にその原点を忘れず、個人として業界として発展を図るにはどうすればいいか」を考えていくような翻訳祭が続けばよいなと思います。

ま、自慢じゃないですが、相手の意図ははよく外すヤツなので、ワタクシのいうことはあんまりあてになりませんが。ここでは、とりあえず、「バランスのとれたプログラム構成だった」「盛会だった」「体育座りなかった」というあたりだけ記憶に留めていただければ。

個別レポは明日以降に(でも、すでに1セッション目で行き詰まっているという<自分の書いた字が読めない)。
今日は取りあえず、御礼と総括のみ。
2017.11.30 20:37 | 翻訳祭・フォーラムetc.報告(2016-) | トラックバック(-) | コメント(2) |

帽子屋さん、まいどです~。
わざわざコメントありがとうございます。お返事遅くなりました。
やっと家の中が「快適な乱雑さ」まで戻りPC前に戻ってきました(<どんだけ散らかす旦那やねん)。

私の感じたところが大きくハズしていなかったようで安心しております。来年は開催場所も変わり、また少し変化があるのかもしれませんが、根幹がこの方向性で続いていってくれれば(個人的には)嬉しいなと思っています。

これから、参加された皆さんの熱いレポートが続々上がってくると思います(私も楽しみにしています!)。
私は、今年も「参加できなかった方にもできるだけ流れが分かるように」を心掛けコーフンは極力抑え、できる範囲でレポさせて頂こうと思ってます(今年は、昨年にも増して自分の殴り書きが読めんのです)。

すでに、F井さまから超弩級のプレッシャーを頂いておりますので、可愛いプレッシャーのあとひとつふたつくらいには負けませんのでご安心ください。
帽子屋さんも、実行委員長おつかれさまでした。ひと休みして、またいろいろ頑張ってくださいません。

2017.12.01 14:06 URL | Sayo@屋根裏 #- [ 編集 ]

素晴らしい総評をありがとうございます。

> 昨年は、翻訳業界を下支えする翻訳者視点から翻訳祭を考えてみようという、全体的なバランスを考えながら「原点回帰」を試みた年だった(らしい)と記憶しています。

> 今年は、もう少し広いところから、翻訳と業界を考えてみようという感じになっていたような気がします。

はい。今年の実行委員会が目指した方向性は、まさにそのとおりでした。ご参加くださった方に、そのように感じていただけたのであれば、もう言うことはありません。

引き続き、個別レポートもお待ちしております!
(プレッシャーになってしまったらごめんなさい)

2017.12.01 00:34 URL | baldhatter #Hble4PXk [ 編集 ]













管理者にだけ表示