屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。


そんなわけで、年末年始、通常営業だった屋根裏です。
この超弩級の「気持ち改まり感のなさ」はどうだろう。ダイジョブか、自分。

たぶん、6日の「十人十色」勉強会で、「今年も頑張ろう」スイッチが入ると思います。
そうだ、そういうことにしておこう(気が抜けて廃人化するという説もあります).


さて。
年末年始は、ワタクシ的にはやや大きめの案件に取り組みました。
一部内容が重複する参考資料も頂いたのですが、全訳で、「基本、参考資料の訳語を踏襲してほしいが、変更可(ただしコメントつけてね)」という指示がありました。
最終的に50%以上重複する部分があり、ここはもう「うっしっしっ」と軽やかにコピペしたいところですが、昨年からのMy Themeは「考える」ひと手間をかけることです。

以前は、

A. 英文を読む
B. 参考資料で該当訳文を確認する
C. (該当訳文があれば)そのままで問題ないかどうか考える
D. 最終的な訳文を仕上げる

としていたところですが、暫く前から、AとBの間に

A'. 自分で訳文を生成する

というStepを入れています(この場合、「C」にかかる時間は短くなります)。

全体としては作業時間は延びますので、非効率的なやり方かなとも思うのですが(というわけで、今回も最後はかなりへろへろだったのだった)、こういう案件をいただいたときは、今暫くこのやり方を続けてみようと思います。
最初からあるものに合わせにいくのと、自分で考えたものと比較するのとでは、結果は同じでも、きっとどこかに違いがあるはず。はず。

「A'」を入れたことで、以前より、参考資料作成者さんの文章のクセがよく分かるようになったのが、自分でもちょっとびっくりでした。
ここでいう「文章のクセ」というのは、たとえば、followingという語を「以下の」としても「次の」としても違いがない場合、自分なら第一選択肢としてどちらをとるか、というような小さな「クセ」です。

今回の仕事は取説でした。
取説では、「書かれた内容がすぐに理解でき、迷わず操作ができる」ことが大切だと思うのですが、加えて、「全体が同じトーンである」ことも、取説的user-friendlinessといえるのではないかなあと思っています。
取説は、あたまから順に読んでいくというより、「必要なときに必要な部分を読む」という読み方をされるのがフツーですから、どこをとっても同じ調子で書かれている方が、使用者は理解しやすいのではないかと思ったりするわけです。
もちろん、正しい内容が、過不足なく、分かりやすく書かれていることが前提ですが。

なので、この頃では(...以前はあまり考えなかったんですけど...)、差分翻訳であってもなくても、参考資料と「表現を合わせてください」という指示がある場合は、まず自分で訳語を考えつつも、最終的には、できるだけ気配を消して、参考資料のクセに合わせるようにしています(質の高い参考資料を頂けることが多く、正直「この日本語に合わせにいくのツラいわ...」というケースがないのはありがたいことだと思っています)。
最初に「A’」を入れることで、逆にそれがしやすくなるのは、自分訳と参考資料訳の違いが、自分の中でより鮮明になるからなのかなと思います。

Step「A’」を入れても、流用できる参考資料がある方がラクはラクなのですが、一からの訳出の方が楽しいのは確か。調べものもしんどいことが多いですが。
次は週明けから「一から仕事」なのですが、原稿が未入稿のため、若干戦々恐々している今日この頃です。
2018.01.05 21:36 | 翻訳 | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示