FC2ブログ

屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。

2月13日付朝日新聞 「波聞風問」(多賀谷克彦編集委員)から
(「NEXT 5」HP:http://www.masushin.co.jp/next5.htmも参考)

後継者不足による中小企業の廃業や解散が相次ぐ中、秋田の5件の酒造蔵が、逆境を乗り越え成果を出している、という記事。

「NEXT 5」と呼ばれる5人の経営者はみな、先代から蔵を継いだものの、利益を出せず、市場は縮小する一方だった。秋田では杜氏を置く蔵元が一般的で、「蔵の技術は杜氏の技術であり、秘中の秘だった」が、5人は、自らも酒造りに加わり、「技術や生産データの公開、共有を始めた」。酒も、品質の高い純米酒に切り替えたという。「技術交流」「情報交換」を目的に頻繁に集まり、イベントを開き、消費者の声を聞いた。2010年には共同醸造も始めた。毎年、その年の当番蔵に集合し、各自自慢の素材にこだわり、テーマを変えて、最高品質の酒を醸したという。5軒の蔵を一巡し、今は二巡目だ。この共同醸造酒が人気となり、今では毎回予約時点で完売する状態になっている。取引を求める酒販店や飲食店も多いという。もちろん5軒とも、自身の蔵でもこだわりの酒を造り続けている。
多賀谷氏は、これを「量を追わず、質を求め続けた成果だ」とし、「彼らは業界の因習にとらわれず、緩やかにつながり、危機意識、事業リスクも共有した。だからこそできた復活劇ではないか」と考察している。


この記事を読んで、「緩やかにつながり、情報、危機意識、事業リスクを共有し、量を追わず、質を求める」を、これからの翻訳の1つのやり方として応用できないかと思った。この蔵元のように、各自がそれぞれの仕事を持ちながら。
とはいえ、ビジネスマインドのない私でも、(そのまま移植しないとしても)不可能とは言わないまでも、それがかなりの難題であろうことは何となく分かる。
まず「利き酒」という言葉は聞いたことがあるが(正確には蔵元での官能検査を言うようですが、ここでは「質のよさ」の分かる舌の持ち主による試飲など、もっと広い範囲の「利き酒」をイメージしています)、「利き翻訳」という言葉は聞いたことがない。誰が「利く」のか。どう判定するのか。発注者(元クラ)の中には「利き翻訳」のできる人がいるのか。必ずその人が「利いて」くれるのか。この先、「利き翻訳」のできる人間が減っていかないか。もちろん、NEXT 5もよい共同醸造酒をつくって手をこまねいて待っていたわけではなく、自ら宣伝に回っている。だが、そこに質のよさを見分ける舌の持ち主がいて、噂が広まっていった。同じことが翻訳でもできるのか。
考え出すときりがない。というか、違いばかりが浮き出てくる。

翻訳業界は今過渡期にある、と私には思える。過渡期がどのくらい続くか分からないけれど、これまでの翻訳者の働き方と少し違う働き方をする人は確実に増えるだろう。
私の周りには、「業界がどんなふうに変わろうと、何とかわたっていけるだけの最低限の力は蓄えておきたい」という考えの人が多い。使えるものは使うけれど、最後に頼るのは自分だ、という考えだ。そのために勉強もする。ともに切磋琢磨しようという話もある。それでも、力量を買い、そこそこの単価で発注してくれる発注者が減るのではないかという不安は(少なくとも私は)消えない。同年代が多いので、「私たちは逃げ切れるよね(仕事を辞めざるをえなくなる年齢まで今のような仕事ができるよね)」という話もする。そして、次世代を思い、多少の後ろめたさを感じたりもする。一番大事なのは自分であり、自分の生活であるのは当然なのだけれど。

そんなことを考えていたときに、ふとこの記事に目が留まった。
自分の仕事も持ちながら、「質を求め、緩やかにつながり、リスクを共有する」チームがいくつもでき(チームの人数が増えるほど協調が難しくなる、というのは経験してきた)、そのチームがまた緩やかにつながって協力し合うという形で、質の担保された翻訳を広げていくというやり方はできないものだろうか(こちらからの働きかけも必要になるので、決して楽な道ではないと思うけれど)。多くが手を携えて生き残るヒントにはなるのではないかと思える記事だった。


結局、「この新聞記事いい」な記事でして、いつものように考察も甘いので、あまり深く考えず、「NEXT 5」に的を絞って、あとはテキトーに読み流していただければ嬉しゅうございます。
2018.02.16 00:46 | 翻訳 | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示