屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。


何となく、文体や言葉や言回しのリズムが、自分の体内リズム(?)と合っているような気がして気に入ってしまった熊谷達也さん。
本当は、「合ってない」小説もたくさん読まないと、語彙やら文体やらの幅は広がらんのでしょうけど。

舞台は架空の「宮城県北部に位置する人口が六万五千人ほどの港町」仙河海市(おそらく気仙沼市)。
1991年春、主人公の「僕」岩渕和也は、仙河海市の中学校で教師をしています。関東の中学から移ってきて2年。数学を教え、陸上部の顧問を務め、この春からは3年生を担当する予定です。
和也のクラスに、急遽、関東からの転校生がやってくることになるのですが、その少女、早坂希は、転校初日、いわゆるスケバンルックで登校し、先生や生徒の度肝を抜きます。
母子家庭に育ち、男にだらしない(希談)母親と暮らすうちに生活が荒れてしまったらしい希ですが、和也らとの関わりを通して、素直で頑張り屋の素が表に出るようになります。また、陸上選手として非凡な才能の片鱗を見せ、陸上部に加わることになります。

「さわやかな読後感」という言葉がぴったりの小説でした。
別に揶揄しているわけではありません。素直に気持ちよく読了しました。
突っ張っている希が、少しずつ素直になりながら変わろうと努力するという点では早坂希の成長物語だし、「生徒への信頼を失っていた」と自らの過ちに気づき、希らへの接し方を変えていく部分をみれば、和也の教師としての成長物語とも読めるかなと思います。

でも、若干の物足りなさを感じたのも事実でして。
ひとつは、和也がいったん希の心に「信頼できるヤツ」とインプットされると、(クラスの雰囲気も含めて)すべてがよい方向に一気に転がっていったこと。ただ、それは、あくまで懐疑心の強い自分基準で考えているからであって、根が素直な希からすれば、一度壁が取り払われてしまえば、担任教師にもクラスにも一気に馴染んでいくのはあたりまえのことなのかもしれません。てことで、ただ自分がヒネているだけなのかもしれない。

もうひとつは、本書の「僕」を客観的に見ている20年後の「僕」がいて、その視点がときどき顔を出すために、特に前半は話に入り込めなかったこと。「今でこそこうだが、1990年当時はこういう時代だった/中学校はこうだった」といった説明や、「このときの僕はそんな風には考えられなかった」的な文章が挟まれて、ときどき、「その『僕』はどちらの僕?」となるときがありました。特に、当時のワープロ・パソコン事情等には、20年後の「僕」視点で、「あの頃はこうだった」的説明があるのに、「スケバン」という言葉に説明がなかったのが、細かいですが個人的には一番尾を引きました(勝手にですが、「スケバン」はすでに死語と思っていたので)。そんな風に、ときどき「20年後の僕」が顔を出すので、最後に何らかの形で表に出てくるのかな、と思って読み進めていったら、普通に終わってしまって「あれ?」と思ったというのが、正直なところです。

・・・と、いろいろ書いていますが、何でしょうね、素直に心が洗われるような小説です。
教師側からみた中学校のあれこれもよく描かれていたのではないかと思います(著者自身、教師をされていた期間があるとか。自伝小説とは言わないまでも、和也の年齢から推して、自伝的要素もかなり含まれているのではないかと思いました)。
そして、この町や描かれた景色はもうもと通りではないのだと思うと、余計に切ないものがあります。

熊谷さんの、この「リアスの子」を含む仙河海市を舞台とする一連の小説は、「仙河海サーガ」と呼ばれ、今も書き続けられているとか。震災前を舞台とするものも、その後を描いたものもあるようです(また、蛇足ながら、震災前に書かれた作品に、和也の「その前」が描かれた「七夕しぐれ」「モラトリアムな季節」の2作があるようです)。
今度図書館に行ったら、探してみようと思います。
2018.03.24 21:40 | 和書・洋書 | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示