FC2ブログ

屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。


JTFセミナー(「脱・辞書の持ち腐れ」)からひと月が経過しました。

その間何をしたかと言えば...(今さら)「広辞苑」(LogoVista版)と「てにをは辞典」を購入し、EBWinのウェブ検索にいくつかのサイトを登録しました。
ただ、私はEBWinをメインの辞書検索ブラウザとして使っていないので、あまりこの機能を活用する機会はなく、現状、EBWinは翻訳訳語辞典とOneLookを見るためにしか使用していません。もう少し試行錯誤の余地があるかも。

セミナーで心に残った言葉に「使ったことのない言葉は使えない」(by F井さん)という言葉がありました。
この言葉は、セミナーから時間が経過しても色褪せず、逆にじわじわきています。

この頃、勉強会のために、いつもとは毛色の異なる文章を訳す機会がそこそこあるのですが、そんなときは、普段仕事では使用しない表現も探しにいかねばなりません。すぐに「これ」という訳語が頭に浮かばないときは、英英辞典で意味を確認したあと、各種類語辞典に当たることになります。それでも「コレジャナイ」感しか残らない場合は、たいてい「類語連想辞典」(http://renso-ruigo.com/)さんのお世話になります。正直関係ないものも多いですし、ピンとくるものがあっても、だいたいは再度国語辞典で裏取りするので手間っちゃ手間ですが、思いも寄らない訳語に行き当たることがあって、それなりに重宝しています。ノンフィクションの通信講座を受けていたときも、ずいぶんお世話になりました。

でも、そうやって探し当てた言葉の中には、「自分で使ったことのない言葉」も多いわけで。
そうした言葉は一瞬「これ」と思うのですが、いざ文脈の中に置いてみると、「決して間違いではないが、その言葉だけが浮いている」ということが少なくありません。それが、「使ったことのない言葉は使えない」ということなのでしょう。語彙ではなく、「自分が本当に使える語彙」を増やす、そういう意識を持つことが大切なのだと、この頃になってしみじみ思います。できれば老眼に出会う前にこの境地に達したかったですが...
(蛇足ですが、この頃、イマイチ使い方の難しい「てにをは連想表現辞典」をこの部分の強化に使えるのではないかという気がしています)

とはいえ、どんな言葉にも、「最初にその言葉を使用する」機会が必ずあるわけで。
そうした言葉が悪目立ちしないようにするには、出会ったときにきちんと意味を調べ、できれば(翻訳以外の場で)使用してみるようにすることが必要なのかなと思います。

F井さんは、いつでもどこでも何でも、気になったらとにかく調べる、ということをされているとか。きっと、きちんと文章を書かれる方はみなそうなのでしょう。
自分に欠けていてすぐに改善できそうなのはその点かな、と思い、この頃では、気になったら(PCから離れていてもスマホで)できるだけその場で調べるようにしています(いや、まだついそのままにしちゃうことが多いんですが、自分としては長足の進歩ってことで)。
あとは、対訳音読のやり方を少し変えました。
今は、「原文を1段落分音読→自分ならその部分をどんな風に訳すか考える→訳文を1段落分音読→汎用に耐える表現は書き留める→それぞれ1回分ずつ音読→訳文のみ味わって読む」というやり方を試しています。「ストーナー」(東江一紀訳)でやっているので、毎日「ひゃー!(そうくるか)」の繰り返しですワ。

身につく速度も遅くなっているに違いなく、自分では「翻訳力を上げる」積もりでやっていることが、「翻訳力を落とさない」にしかなっていないのかもしれませんが(その可能性は大なのだった)、亀の歩みでもう少し続けてみようと思います。
2018.03.29 22:19 | 翻訳 | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示