屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。

前回の記事(1月17日分)の続きです。

12月初旬のその頃、別の歯の治療に通っていた私は、
左上の歯茎の上の方に鈍い痛みを感じていました。
我慢できない痛みではなかったので、
そのうち引くだろうと放置していたのですが、ひどくなる一方で。
左の奥歯を噛み締めるとずきんと痛いし、
何もしなくても鈍い痛みがあります。
で、左頬を押さえると、ひえええっと思うくらい痛い。

コトここに至って、やっと異常事態を悟り、先生に自己申告しました。

X線撮影&触診(?)の結果、先生の診断は
「以前根管治療した歯の根元から細菌が入り、
歯茎に膿がたまって炎症を起こしています」
というものでした。
「とにかくまず膿を出して痛みを取りましょう」
ということで、その日心の準備もないまま、
いきなり歯茎の上方、そこもう唇の裏側やんというあたりを、
メスですぱっと切られ膿を掻き出されたのでした。
その後、いつものように撮影した写真を見ながら、
「炎症が上顎洞まで達しているようなので、
たまった膿がそこに溜まるようにガーゼを詰めておきました」
との説明を頂きました。
で、
「膿を出し切ってしまうまで、毎日通ってください」
との指示。
(えーと、仕事の締切りがヤバいんですが)

何とか都合をつけて、数日通いました。
抗菌剤も処方して頂き、おかげさまで痛みの方は
傷が癒えるとともに嘘のように引きました。

で、話は戻りますが。
「炎症が上顎洞までって、何それ??」
と気になって仕方がない私。
幸い、仕事がら(?)調べものは大好きです。
帰宅し家事を片付けてPCを立ち上げると、
その足でGoogleに向かいます。
(ここは本当は仕事に戻らなければならないところです、参考まで)

「上顎洞」「炎症」「歯」をキーワードにググってみると、
さしたる苦労もなく「歯性上顎洞炎」という病名に辿り着きます。
で、いくつか記事を読んでみます。
「今の私」あるいは「昨日までの私」状態の方が、ここにも、そこにも。

中でも私の脳内にぴぴっとflagを立てたのは
Wikipediaの愛想ない説明の中の「後鼻漏」というひと言でした。

以前、美容師さんと交わした会話が蘇ります。
「アレルギー鼻炎みたいなんですけど、
鼻が流れ出てくるんじゃなくて、
咽喉の奥に落ちていくタイプみたいなんですよね」
「あ、それ、僕も同じです。後鼻漏って言うらしいですよ」

でも、不思議なことに、私の後鼻漏は、左側の鼻だけだったのです。
アレルギー性鼻炎なら、普通、両方に症状が出ますよね??

ということは…

ここ数年苦しんでいた「後鼻漏」は、
何度も咽喉の炎症を引き起こしていた(はずの)「後鼻漏」は、
もしかして密やかに進行する「歯性上顎洞炎」が原因??

私の「後鼻漏」のその後については、
暫く経過観察したのち、またご報告したいと思います。

SayoのBackgroundについては「はじめに」カテゴリの記事をご参照ください。
2011.01.18 22:00 | 歯の治療 | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示