屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。

諸般の事情により、猛烈に進捗遅れ気味のSayoですが、勉強会の管理人さんが、Twitterで、
「クライアントは70点の訳文しか求めていないのだから70点でいい。それ以上は過剰品質」という考えがはびこるようになったこと(が哀しい)
と肩を落としておられましたので、つい出てきてしまいました(勝手に引用してスイマセン)。

その一文を読んだとき、私がぱっと頭に思い浮かべたのは、「美味礼讃」(海老沢泰久)の一節でした。
「九十点の味でいいということになると、七十点の味に落ちるのはすぐですからね」というその言葉は、主人公(辻静雄)の口から発せられたもので、以前、読書感想文(「美味礼讃」)を書いたときにも取り上げています。

ここでいう「九十点の味」は、辻に言わせれば、「べつにあれでもあのままどこへ出しても恥ずかしくない味なんです」ということですから、管理人さんの考える「70点の訳文」とは比べものにならない、質の高いものではなかったかかと思います。それでも、辻氏はその味を容赦なく「九十点」と評価し、それで満足していると「七十点の味に落ちるのはすぐ」だと一刀両断する。

「70点の訳文しか求めていないのだから70点でいい」は、日々の仕事を考えるとき、あながち間違った考えであるとはいいきれないかもしれません。もしかしたら、クライアントさんはそれで本当に満足なのかもしれません。だとすれば、クライアントが求めるものは提示できているのですから。
でも、70点を最終目標に仕事を続ければ、平均して70点のものを出せなくなるような気がします。そうでない方もいらっしゃるかもしれませんが、少なくとも私はそうです。本来100点であるべきものを「70点でいい」と言われたら、「今の自分にできる最善・最高のものを作るぞ」という気持ちがもうそこで鈍ってしまうからです。すると、すべての工程が少しずついい加減になってしまう自分が容易に想像できます。
常に「自分にできる最高」を形にしていかなければ、レベルはキープできない。レベルを上げたければ、「自分にできる最高の少し上」を求めていかなければならないのではないか、と思っています。

でも、クライアントからは70点を求められる...万一、本当にそんな風に公言されるクライアントさんと出会ってしまったら、私はひっそりとその場から去るかなと思います。
もやもやしたものを抱えながら仕事を続けるより、頑張って、適正な料金の対価として100点を求めるクライアントをさがします。

...の前に納期を死守しなければならないので、とりあえず、ひっそりとこの場から去ります。
2018.05.09 19:29 | 翻訳 | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示