FC2ブログ
2018. 08. 30  

しばらく前、勉強会で「要約、どうするねん」がまだ五里霧中だった頃、管理人さんに何冊か参考図書を推薦していただきました(「こんな参考書ありませんか」とお尋ねすると――あらかじめ質問しておく必要がありますが――、鞄の中から何冊もの参考書が出てくるのだった、あの鞄はきっと翻訳者的「ドラえもんのポケット」に違いない)。
その中の1冊が、この「パラグラフリーディングのストラテジー ① 読み方・解き方」(河合出版)。大学受験生を対象にした参考書です。

受験参考書なので、目的は、長文読解の攻略、つまり「いかに短時間で、パラグラフ単位で、また複数パラグラフのまとまりとして、著者の言いたいことを読み取るか」。正しく速読するための方法が系統立てて述べられています。

入試に出題される、論理展開が比較的はっきりした評論文が対象ではありますが、「論理展開のパターンを理解せよ」とか「論理マーカーに注目せよ」とか、頭に留めておくべきポイントが分かりやすく整理されていて、受験参考書、恐るべしです。まあ、それを言うなら、「英文解釈教室」(伊藤和夫)は受験参考書の範疇を超えてるよなー、という気がしますが。

本書では、「論理チャート」というものを書いて、パラグラフ内の流れを掴むという方法が示されています。そして、そこから、さらに、パラグラフ間の流れを掴み、著者の言いたいこと読み取る、という流れです。読み飛ばせる部分も多いのですが、論理チャートの書き方とポイントの総整理、巻末の論理マーカー一覧あたりは、文章をきちんと要約する上で役に立つかなー、と思います。

文章をきちんと要約できれば、流れを意識しながら訳文を作ることができるようになるんじゃないか(その訳文の出来は、ひとまず置いておいてくだされ)、ワタクシ的には、今、そのように考えながら要約に取り組んでいます。勉強会は、ちょうど次回が要約の回なので、この論理チャートを上手く当てはめることができるかどうか、ちょっと挑戦してみようかなと思っています。

とはいうものの。
あくまで自分の場合ですが、要約では、「全体として言いたいことを把握する」が目的になるため、細かいところまでなかなか目が届きません。つまり、どうしても文法的な細部を疎かにした読み方になってしまうのです。というわけで、「要約モード」の余韻を残したまま訳出作業に入るのはとても危険です(少なくとも自分の場合は)。むっちゃ危険やで、ということはよく分かった。

6ヵ月経って、やっと「要約することの意味」が少し掴めてきたような気がします。それに比例して「原文を本当にきちんと読む」ということの大切も。
このまま、試行錯誤しながら次の6ヵ月を行くのでしょう。6ヵ月後には、少しでも前に進んでいたいものです。
NEXT Entry
「文章読本」なんだけど
NEW Topics
One of 最上級 + 複数形と最悪について
オンライン勉強会・その後
「文芸翻訳のツボ&出版翻訳の現在」(越前敏弥)
「パンクチュエーションを読む・訳す」(深井裕美子)
「ニュース翻訳、基本のき」(松丸さとみ)
「ノンフィクション出版翻訳の素晴らしき世界」(児島修)
「辞書のつかいこなし2020」(高橋聡)
「翻訳者のなり方・続け方」(翻訳フォーラム)
Comment
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Sayo

Author:Sayo
医療機器の和訳も9年目。
老眼腰痛、最近は膝痛とも闘いつつ
翻訳人生をまっとうしようと奮闘中。
この頃になってやっと翻訳の奥深さ・
難しさ・楽しさが分かってきたような。
記事は「翻訳一般」多め、ときどき読書感想文、本業(医療機器)やや少な目。
(2019年4月現在)

Counter
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR