FC2ブログ

屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。


8月末、図書館に読みに行ってきました。
(まず図書館で読んでから買うか買わないかを決めるという、翻訳者の風上にも置けないヤツです)

今号は、辞書の特集、特に、高橋(うんのさんの辞書)、遠田(オンライン英々辞書)、境田(国語辞典)のお三方の「レッスン」を詳しく読みたかったので、購入を決めました。

高橋さんの「うんのさん辞書活用術」は知っていることが多かったですが、それをもう一度再確認できた感じです。画面のスクリーンショットがたくさん提示されているのもありがたい。
私は普段串刺し検索には「対訳君」を使用しているので、用例の検索がイマイチ分かりにくいのですが、それでも、用例はよく参照します...というより、これまで、どれだけ用例に助けられてきたことか。
他の方も仰るとおり、私にとっても「うんのさん」(ビジネス技術実用英語大辞典V6)は手放せない辞書です。

遠田さんの「目的別おすすめオンライン英英辞典5選」は、「目的別」とあるとおり、「こういう場合はこの辞書」ということが、具体例も含めて明解に書かれていて、とても参考になりました。
私は、普段は、ジャパンナレッジのCOBUILDを愛用しているのですが、もう少し詳しく調べたいときは、Onelookから各種英英辞典に飛ぶことが多いです。遠田さんの記事は、Onelookからまずどこに飛べばよいかを決める指針になりそうです。

そして、境田さんの「本当に役立つ国語辞典の話」。高橋さんも、セミナーなどでよく国語辞典の話をされるのですが、境田さん(今回初めてお名前を知りました)の記事は、それをもっと濃くした(?)感じ。さまざまな国語辞典の特徴を「ナルホド」と思いながら読みました。手元にない辞書では、「基礎日本語辞典」(KADOKAWA)に食指が動きました。我が家的にはなかなか宜しいお値段なので(秋は色々と物入りです)、まずはリアル書店で中身を確認したいかなーと。最後の「目的に合わせて使うためには、トリセツである『凡例』を読む必要があります」という部分は、耳に痛かったです。


「ジャンル別人気辞書ランキング」も興味深く読みました。
「英辞郎」が「英語辞書ならコレ」という英語辞書の1位というのは、若干「...(ビミョー)」。
もちろん、私自身、英辞郎はよく使います。最新の表現で「英辞郎にしか載っていない」というものも多いですから。そして、実際、助けて貰うことも少なからずあるのですが、必ず裏取りをします(たまに、「それはちょっとおかしくない?」という表現も混じっていたりするので)。

「英辞郎」編纂者については、リンク先に「なんでも載っている英和辞書を作りたい」と願う人たち(グループ名=EDP)によって制作されたデータベース(英和形式)です」という記載があるきりで、実際にどなたが編集に関わっているかが分かりません(ウェブの別の場所に記載があったらごめんなさい)。もちろん、皆さん、辞書編纂に長けた方には違いないと思うのですが、編纂者の顔が見えない以上、翻訳会社に申送りをするときにこれだけを拠り所として用いることはできません(少なくとも、自分の中では「英辞郎」はそういう位置付けです)。なので、とても役に立つ辞書ではあるけれど、若干、注意して使用する必要があるかなーと思うのです(生意気言ってスイマセン)。
ちなみに、私は、(「うんのさん」を除外すれば)「ジーニアス英和大辞典」が好きです。

この「ジャンル別」のアンケートの母数は80名だそうです。
私が駆出しの翻訳者あるいは学習者だったなら、たとえばですが、「中堅以上の10名が選ぶ『最初に買う英語辞書3冊+国語辞書(まず1冊)+英々辞書(まず1冊)+その他辞書(余裕があれば)』」+分野別オンライン用語集(信頼度も含めて)みたいな特集を組んでくれた方が嬉しかったかな-、と思いました(あくまで個人的な感想です<念のため)。


辞書特集だけで終わってしまいましたが、他にも読み応えのある特集などがあり、ワタクシ的には、今号は「買ってよかった号」です(辞書特集と「会社を辞めて翻訳者になろう」以外は、まだパラパラとしか見ていないですが)。
そして、1970年代後半から1980年代にかけて、海外SFを読み漁った身としては、SF翻訳家列伝がとても懐かしかったのでした。
2018.09.07 01:39 | 辞書・参考書 | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示