FC2ブログ
2011. 05. 31  
・・・はありませんか、という質問を、幸せ英語人さんから、前回(5月30日)の記事「役に立たない、辞書の話その2」へのコメントとして頂いたのでした。

で、たらたらとAmazonさんなど調べながら、お返事を書いていたのですが、あまりに長くなってしまい、「コメント欄」に「もっと簡潔に書かれへんのか」と叱られてしまいましたので、新たに記事にすることにしました。
というわけで、幸せ英語人さん、本記事をもって、コメントへの回答とさせて頂きますね。

幸せ英語人さんが「あったらいいな」と思っておられるのは、「単語の発音が確認でき、なおかつフレーズや文章のリスニングもできるもの」であると理解致しました。間違っていたら、仰ってね。
で、結論から申しますと、そのようなものはないんじゃないか、と。

という回答では、あまりにあまりだよなあと思いますので、以下、多少はかすっているかなあと思われるものを挙げてみました。参考になさってください。


「実務文書で学ぶ薬学英語」 (医学英語シリーズ 4)(野口ジュディ アルク)
CDが付いていて、126語ですが発音を確認することができます。
すでにお持ちの書籍でしたらごめんなさい。
(私も今Amazonに注文中なのですが、「一時的に在庫切れ」の書籍と一緒に注文したので、まだ手元に届いていません)

「シャドーイングで身につける実践医療英会話」(中山書店)
「付属CDには,初級向けのゆっくりした会話から,上級者向けのナチュラル・スピードまで60分の会話を収録」とあります。
「CDで学ぶ医師のためのオールラウンド英会話」(メジカルビュー社)
CD3枚ついています。ちょっとお高いですが。

ただし、この2冊は、海外留学等、現場で英語を使用する医師を対象とした書籍のようですので、単語の発音というより、医学の現場での英会話に重きが置かれているんじゃないかなあと思います。

単語の発音が確認できればよいのであれば、英語のテキストも役に立つかなあと思います。
講義を受けて思ったのですが、あちらのテキストって、日本の大学レベルのテキストより分かりやすく書かれているものが多いような気がします。なので、ある程度の知識があれば、読むのはそんなに難しくないと思います。

“Medical Terminology: A Short Course”(Saunders, 5版)
CD付で発音確認できるようです。Amazonで中身確認できます。

あとは、ペーパーバックとAudio CDを併用する方法も。
“The Demon in the Freezer” (Richard Preston)とかどうですか?
Amazonで書籍もCD(中古だけど)も手に入るみたいですよ。
2001年の炭疽菌騒動と天然痘の制圧について書かれた本です。専門用語出てきますが、地の文章は結構平易だと思います。

以上、少しでも参考になれば幸いです。
NEXT Entry
人間ドック
NEW Topics
One of 最上級 + 複数形と最悪について
オンライン勉強会・その後
「文芸翻訳のツボ&出版翻訳の現在」(越前敏弥)
「パンクチュエーションを読む・訳す」(深井裕美子)
「ニュース翻訳、基本のき」(松丸さとみ)
「ノンフィクション出版翻訳の素晴らしき世界」(児島修)
「辞書のつかいこなし2020」(高橋聡)
「翻訳者のなり方・続け方」(翻訳フォーラム)
Comment
"The Demon in the Freezer" 面白かったですよ。Prestonさんは、フィクションのような臨場感をもってノンフィクションを書かれるので、楽しく(?)読み進められると思います。アルクの方は、さっきやっと「お支払番号」が来たので(いつもローソンで払ってます)、そのうち、ここで感想をお伝えできるかもしれませんが、いつになるか分からんです。

>きのうは9時に娘と寝て深夜2時に目が覚めて眠れなくなったので

おお、そうでしたか。枝廣さんのようですね。1時就寝(だんなの帰宅が遅い)7時起床、朝時々二度寝の私には、ありえへん世界であります(これでも、昔は早起きだったんですけど)。
こんにちは♪
最後の本っていうのはペーバーバックのことだったのですが、もう少し考えてみるとアルクも魅力的かな・・・。ちょっと考えます!

きのうは9時に娘と寝て深夜2時に目が覚めて眠れなくなったのでPCに向かってたのでした。今日は同じく9時に娘と寝て、朝6時半に起床したので寝過ぎですね・・・。ご心配ありがとうございます!
幸せ英語人さん、こんにちは。
なかなかすごい時間のコメントですが、もしかして鋭意お仕事中ですか?(喜ぶべきことではありますが、身体には気をつけてね~)

参考になったようでしたら幸いです。私も、楽しくAmazonさん家を見て回ることができましたので、どうぞお気遣いなく。

最後の本とは、Prestonさんでしょうか、それともTerminologyさんでしょうか。
個人的には、Terminologyさん、よさそうだなあと思いました。prefixとかsuffixがきちんと説明されているような感じだったので。
ただ、授業のテキストで使われたら、精読も暗記もすると思うけれど(きっとテストあるしね)、「これ独学せい」と言われたら、きっと途中で寝るだろうなあ。意志の弱いヤツです。
Sayoさん、わざわざ調べて下さって!さらに記事にまでして下さって!!誠にありがとうございます!!!

「もしご存じだったら」と思って質問したのですが、お手間をかけてしまい、恐縮です。ごめんなさい・・・。でもとてもうれしいです!ありがとうございます。感謝(*^_^*)

アルクのシリーズは知っていますが詳しく調べたことはありませんでした。結構レビューはよいですね。同じ著者の別の本を持っています。英会話本2冊は初耳でしたが、これも役に立ちそう。洋書の方も良さそうですね。ペーパーバックのほうは以前読んだ「ホットゾーン」と同じ著者だったので懐かしかったです。

挙げていただいた本はどれも魅力的です!本当にご面倒かけてすみません!いまのところ最後の本が最有力候補です。参考にさせていただきます!どうもありがとうございます!!
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Sayo

Author:Sayo
医療機器の和訳も9年目。
老眼腰痛、最近は膝痛とも闘いつつ
翻訳人生をまっとうしようと奮闘中。
この頃になってやっと翻訳の奥深さ・
難しさ・楽しさが分かってきたような。
記事は「翻訳一般」多め、ときどき読書感想文、本業(医療機器)やや少な目。
(2019年4月現在)

Counter
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR