FC2ブログ

屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。


「スイート・ホーム殺人事件」(クレイグ・ライス、1944年)
翻訳は、長谷川修二訳が1957年(ハヤカワ・ポケットミステリ)、羽田詩津子訳が2009年(ハヤカワ・ミステリ文庫、新訳版)。
私は、長谷川訳を、ハヤカワ・ミステリ文庫(1976年初版)で読みました。

14、12、10歳の3姉弟が、ミステリ作家の母に代わって殺人事件を解決するという、コージー・ミステリ。以前にも書いたとおり、「遊園地の移動サーカスで目一杯楽しみました」的な読後感が残ります。
羽田詩津子さんの新訳は未読。きっと素晴らしいものに違いないと思うのですが、なんだかこの長谷川訳が好きで、「スイート・ホーム殺人事件」はこれだけにしておこう、と思ってしまうのです(あくまで個人的な好みです<念のため)。

今読み返すと、言葉遣いは全体に古めかしい(古めかしすぎる)し、米国の暮らしや食べものなど、「それがどんなものなのかよく分からない/日本に入ってきていないので上手く説明できない」ゆえの「?」訳もあるのですが、そうした言葉遣いすら、「70年前ならこんな感じかな」と思えてしまいます。

ストーリーの方は、あまりにも登場人物が多くて(一応、登場人物一覧はあるのですが)最後まで頭の整理ができず、「意外な」というより「この人どんな人だっけ」という人が犯人で(でも、読み返してみると確かに小さな伏線が張られていたりする)、そういう意味で、分かりやすい(?)ミステリーではないのですが、それらの登場人物の多く、特に、3姉弟が「シングルマザーの母の相手に」と画策する独身の警部とその相棒の巡査部長は、魅力たっぷりに描かれています。最初に「殺人事件を解決する」と書きましたが、どちらかといえば「捜査を引っかき回す」に近く、そうしたたくらみや、母と警部をくっつけるために姉弟が繰り出すあの手この手は、読んでいて飽きません。

3姉弟の真ん中のエープリルは、一番賢いのですが、こまっしゃくれた子どもでもあります。彼女の台詞を現代風にしてしまうと、よほど上手く訳さないと「生意気なだけの嫌な子ども」になってしまうような気がします。上手く言えないのですが、古めかしい言葉遣いのゆえに、逆に「やなヤツ感」が緩和されているように感じられるのです。あくまで、個人的な感想ですが。古めかしさが、この作品の雰囲気ともピッタリ合っているような気がします。これも個人的な感想ですが。

ポケット・ミステリでの初版は1957年なので、「嬢や」や「彼女、シャンだわねえ」といった、1970年代後半にはすでに死語に近かった表現がそこここに散りばめられているのですが、そうした表現さえソコハカとなく郷愁を誘います。現代の若い読者には「古い」のひと言で片付けられてしまいそうですが。この小説をもう一度翻訳するとしたら、どんな口調で訳すのがベストなのかはむつかしいところなんじゃないかなあと思ったり。その前に、まず羽田訳を読めよって話ですし、そもそも「古い訳がいいなあ」と勝手に思っているワタクシが言っていることですので、適当にスルーしてください。

ラストの巡査部長の台詞は、長谷川訳では
「ああ、ずっと僕は知っていたさ。僕をだまそうったって無理だよ。僕は九人の子供を手塩にかけたんだもの――だからわかるさ!」
となっています。「手塩にかけた」って、最近はあまり使わないかなと思うのですが、でも、やっぱりこの作品にはぴったりだと思うのです。

そして、最後に原題の「Home Sweet Homicide」。洋書のタイトルは愛想のないものが多いな-、と思うことが多いのですが、これは原題の方に軍配を上げたい見事なタイトルだと思います。
2018.09.26 22:27 | 和書・洋書 | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示