FC2ブログ
2018. 10. 17  

...になります。このブログを始めてから。こんなに長く続くとは...

...思ってました。何か書いてないと気がすまないヒトなので(注:文章のヘタウマはここでは忘れてください)。


この8年を振り返って、ほんの少し「成長したかも」と思える点があるとすれば、それは、「自分はこういうふうに翻訳したい」「ここは譲れない」という部分が固まってきたということでしょうか。

3年目くらいから、SNSやFace-to-faceで、同業の方々と少しずつ交流するようになりました。
そうした交流は私にとっては諸刃の剣で、とにかくどんな情報も仕入れておかないと置いて行かれると焦り、キャリアの長い方が勧める方法はよく考えずとりあえず試そうとした時期もありました。
今も、焦ったり「これをやらなきゃ」と思ったりすることも多々ありますが、実行に移す前に「それは本当に私に必要なのか」を(前より少しだけ)考えられるようになったような気がします。
そうした交流のきっかけになったのはこのブログなのですが、同じブログが、書くことで考えをまとめる場にもなりました。流されやすい自分を、少しだけ流されにくくする助けになってくれたように思います。

2年ほど前に若干の心境の変化がありました。
将来義父母(+義妹)と同居する覚悟を決めたことで、それまでの間、翻訳で「やりたい」「やってみたい」と思ったことは全部やってみようと思うようになりました。
そして今、翻訳に関わること(翻訳やらリーディングやら勉強会やらセミナーの裏方とやら)と家事以外はほとんど何もしていない状態です。
たまに、そういう生活って外から見たらつまらない生活と思われるのかなと思うこともありますが、死ぬときにはそれなりに満足して死ぬんじゃないかという気がしますので(そのときが来てみないと分からないですが)、変化の少ない幅の狭い生活、自分にはあっているのかもしれません。ただ、さまざまな意味で視野狭窄にはならないように気をつけなければならないと思いますが。

不思議なことに、きちんと自分の方向を決めて進めば進むほど、翻訳すればするほど、自分の力のなさを痛感し、翻訳に対する畏怖の念のようなものが湧いてきます。
それなのに、翻訳することは楽しい。年とともに長時間机に向かうのがしんどくなり、納期に追われて胃が痛い思いをすることもあるのですが、それでもやはり、訳語候補と格闘し、椅子にもたれて天井を見上げ、最適の言葉が「降りて」きてくれるのを待つ時間は、至福の時間なのです。あとから思い返せば、ですが。

そんなわけで、このブログは、この先、ますます「翻訳オンリー」化(セミナー・勉強会関連記事多め?)していく可能性が大です(+ときどき読書感想文)。
自分にツッコミいれるのも、文章の性質上なかなか難しくなりました。それだけが無念です。
そんなブログでも、ときどき覗いてやっていただければ幸甚です。
NEXT Entry
公開勉強会-完売御礼
NEW Topics
JTFセミナー「文学作品を味わう」
One of 最上級 + 複数形と最悪について
オンライン勉強会・その後
「文芸翻訳のツボ&出版翻訳の現在」(越前敏弥)
「パンクチュエーションを読む・訳す」(深井裕美子)
「ニュース翻訳、基本のき」(松丸さとみ)
「ノンフィクション出版翻訳の素晴らしき世界」(児島修)
「辞書のつかいこなし2020」(高橋聡)
Comment
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Sayo

Author:Sayo
医療機器の和訳も9年目。
老眼腰痛、最近は膝痛とも闘いつつ
翻訳人生をまっとうしようと奮闘中。
この頃になってやっと翻訳の奥深さ・
難しさ・楽しさが分かってきたような。
記事は「翻訳一般」多め、ときどき読書感想文、本業(医療機器)やや少な目。
(2019年4月現在)

Counter
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR