FC2ブログ

屋根裏通信

在宅で細々実務翻訳をやってます。翻訳、英語の勉強、その時々の出来事などのんびり綴っています。


今年購入して未読の書籍を積んでみました。

...こんなにあったんかい...
(いちおー、パラパラめくりながら拾い読みしたものも含めましたが<苦しい言い訳など)

ある程度消化できるまで買わずに我慢すればいいのでしょうが、SNSなどで「いいよ」と紹介されると、どうしても気になってしまうんですよね。
シンポジウムやセミナーのあとは、特に「遅れをとってはならぬ(とにかく手元に置いておかなくちゃ)」モードが全開になってしまって、ヤバいです。
そして、「手元にあることで安心する」、本当はこれが一番いけないと思っています。

懺悔の気持ちをこめてリストアップしました。
もしかしたら他にもあるかもしれません。洋書系は別腹...じゃなくて別場所なので、確実にあります。
「翻訳ストレッチ」に組み込んだりしながら(特に「読む辞典」系)、少しずつ消化していこうと思います。


「英文和訳・要約法」(中村保男・谷田貝常夫 文字文化協會 2018年)
「日本人のための日本語文法入門」(原沢伊都夫 講談社現代新書 2012年第1刷)
「『接続詞』の技術」(石黒圭 実務教育出版 2016年第1刷)
「究極の英語ライティング」(遠田和子 研究者 2018年)
*勉強会で管理人さんから紹介いただいた書籍。ブログで紹介しようと読み始めて他に目移りし、を繰り返すこと2回。そのたびに、既読部分もざっくり読み直す(←忘れている)という無駄を繰り返すこと2回。東京雛祭りまでには必ず(握拳)。どれも、それほど難しい内容ではないのです。でも、記事にするとなると、勉強会の要約と関連付けたり考えたり比較したりしなければならず、たぶんそこで躓いてしまうと思います。「記事にすること」は、自分にとってなにがしかのトレーニングにはなるに違いありませんが。まあ、気長に待ってやってください。

「グルメな辞書」(西練馬 緑陽社 2016年第1刷)
「マザー・グースの唄」(平野敬一 中公新書 1972年第1刷)
「シェイクスピア名言集」(小田島雄志 岩波ジュニア新書 1985年第1刷)
*シンポジウム中/後にまとめて。「グルメ」は外出のおともに、「シェイクスピア」は息抜きに、「マザーグース」はどこかにねじ込んで(希望的観測)。

「ねみみにみみず」(東江一紀/越前敏弥編 作品社 2018年)
「翻訳百景」(越前敏弥 角川新書 2016年)
*ところどころ拾い読みして放置。どこかで時間作ります。「ストーナー」(東江一紀訳)の原書・訳書比較読みは、亀の歩みですが頑張って続けています。

「創造する翻訳」(中村保男 研究社出版 2001年第1刷) やっと半分まで来ました!
「英語の発想」(安西徹雄 ちくま学芸文庫 2000年第1刷)

「擬音語・擬態語辞典」(山口仲美編 講談社学術文庫 2015年第1刷)
「日英語表現辞典(最所フミ編著 ちくま学芸文庫 2001年第1刷)
*「翻訳ストレッチ」に組み込んで少しずつ読んでいこうかなと思っています。

おまけの子ら
「人体の冒険者たち-解剖図に描ききれないからだの話」(ギャヴィン・フランシス/鎌田彷月訳・原井宏明監修 みすず書房 2018年)
「偽りの薬-降圧剤ディオバン臨床試験疑惑を追う」(河内敏康・八田浩輔 新潮文庫 2018年)
「孤宿の人」(宮部みゆき 新潮文庫 2009年第1刷)
「千年樹」(荻原浩 集英社文庫 2010年第1刷)
「負けんとき-ヴォーリズ満喜子の種まく日々」(玉岡かおる 新潮文庫 2014年第1刷)
*正月にはこれらを手にどこかに籠もりたいものです。「偽りの薬」は「解説」買い(柳田邦男)。そういえば、途中で頓挫している柳田邦男さんの「『死の医学』への日記」もどこかにあるはず。12月には「チーム」「チームII}(堂場瞬一)を再読して正月の箱根駅伝に備えなければ。読破は遠い道のりかも(遠い目)。


加齢で目が疲れやすくなったというのもあるかもしれませんが、20代・30代に比べて圧倒的に読書量が減りました。外に出ることが減り、通勤も含めた「待ち」の時間が少なくなったというのも、理由の一つかもしれません。「最後に書籍をどう処分するか」を考えると、もっと図書館を利用したいところなのですが、図書館に出向くのもなかなか億劫でして(<どんだけ面倒くさがりやねん<自分)。
まずは少しずつ積ん読を片付けながら、来年はもう少し本を読みたいなーと思っています。
2018.11.26 22:39 | 和書・洋書 | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示