FC2ブログ
2018. 11. 28  
「大阪でもレッスン」招致事務局・無期限「臨時」スタッフのSayoです。

正式な連絡が遅れまして、ご心配をおかけしました。
1月20日(日曜日)、翻訳フォーラム主催による「翻訳に使える文化・雑学・サブカル知識」を、大阪で開催致します。

日時:1月20日(日曜日) 12:00~16:00 (11:30受付開始)
場所:神戸大学学友会大阪クラブ・大阪凌霜クラブ セミナールーム(大阪駅前第1ビル11階)
https://www.osaka-ryoso.com/(凌霜クラブHP)
https://www.1bld.com/floor/floor_11.html#container_inner
(こちらの12の位置になります)
講師:高橋聡

詳細は、以下の告知・申込み画面をご確認ください ↓ ↓ ↓ ↓

https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01j9u2zyw1xp.html

申込み開始は、12月3日(月曜日)正午(12:00)です。


サイトにも記載されているとおり、基本的に、9月30日に東京で開催された「英語圏の文化・教養・雑学・サブカル~引用に強くなろう~」の再演ですが、大阪編は30分時間が長くなっておりまして、高橋さんからは「新しいネタ仕込みます」とありがたいお言葉をいただき、嬉し涙にくれております。

9月30日の講座の感想を、簡単ですが記事にしております。
興味のある方は、目を通していただければ。
http://sayo0911.blog103.fc2.com/blog-entry-633.html

記事にも少し書きましたが、私は、ふだん仕事では、引用とはまったく無縁の生活を送っています。
同業の方の中には、同じような状況の方も多いかもしれないと思います。そういう方は「自分には関係ない」と思われるかもしれません。
でも、今後、その知識がどこでどんな形で役に立つか分からないと、私は思うのです。たとえば、分野を広げようとしたとき。たとえば、同じ分野内の違う種類の文書にも対応しようと思ったとき。そういうときに「何に気を付けて」「どんな参考資料にあたればよいか」の基本をおさえることができる(そしてそれを楽しく教えてくれる)講座だと思います。
自分とは異なる分野の翻訳をされる方々が、どんなことに気を付けながら翻訳しているかを知ることで、また少し広い視点から自分の翻訳を見ることもできるかもしれません。
私の場合は、何よりも「おおっ、こんなところからの引用も!」という感動と驚きがありました。

というわけで、「翻訳に使える文化・雑学・サブカル知識」ってどんなものかなー、と多少なりとも興味がある方は、遠慮なく臆せず参加し、楽しんで帰ってください。
なにより、講師の高橋さんが本当に楽しそうに講義なさいます。「幸せそうな帽子屋さん」をその目で見たい方も是非。


*注意事項(申込み画面にも記載しておりますが、念のためということで)*

※システムの都合上、申込み後はキャンセル頂くことができません。申込み後、どうしても当日出席できなくなった方は、FBやTwitterで呼びかけるなどして、ご自分でお知り合いの方に受講権利を譲っていただく形になります(その際、参加料は、たとえばAmazonギフト券をやり取りするなどの方法で、当人間で決済してください)。また、そのようにして他者に権利を譲られた方は、必ずフォーラム様まで、代わりに出席される方の情報(氏名、メールアドレス)をお知らせください。お手数をお掛け致しますが、どうぞ宜しくお願い致します。

※開いている飲食店が少ない時間帯である旨を考慮し、会場を11:00から開放します。お弁当等を持参して召し上がっていただくこともできます。ゴミは必ずお持ち帰りください。

※セミナー終了後、招致事務局主催で、講師を囲んでの懇親会を予定しています(17時開始、2時間+程度)。お申込み頂いた方に、12月中旬以降、招致事務局からメールで詳細を案内させて頂きます。


たくさんの方のご参加、お待ちしております!!
NEXT Entry
第9回勉強会-初心にかえってもう一度
NEW Topics
「改めて考えよう、翻訳に必要な力」セミナー 終了しました
『イノベーターズI』を読みながら
本を読むための本
『患者の話は医師にどう聞こえるのか』後編:どんな本なのか――私的あとがき・のようなもの
『患者の話は医師にどう聞こえるのか』前編:本になるまで
『蜜蜂と遠雷』と翻訳と
「改めて考えよう、翻訳に必要な力」
JTFセミナー「文学作品を味わう」
Comment
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Sayo

Author:Sayo
医療機器の和訳も9年目。
老眼腰痛、最近は膝痛とも闘いつつ
翻訳人生をまっとうしようと奮闘中。
この頃になってやっと翻訳の奥深さ・
難しさ・楽しさが分かってきたような。
記事は「翻訳一般」多め、ときどき読書感想文、本業(医療機器)やや少な目。
(2019年4月現在)

Counter
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR